時候の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

2月上旬になると冬の寒さも和らいで、春の訪れを感じさせるような温暖な気候に変わってきます。また節分や立春も2月上旬であり、これらのイベント兼ね合わせて挨拶にすると季節感が出ます。

2月上旬の挨拶のポイント

2月上旬になると冬の寒さも和らいで、春の訪れを感じさせるような温暖な気候に変わってきます。また節分や立春も2月上旬であり、これらのイベント兼ね合わせて挨拶にすると季節感が出ます。基本的には上旬、中旬、下旬の区切りはおおよそで構いませんが、立春のように24節気に属するものに関しては、他の節気との間隔が狭いので、安易に使わず、該当時期を調べましょう。またまだ冬なので寒さが残る頃という表現や、自分の周囲の環境に合わせた言葉も適しています。

2月上旬の挨拶の書き出しのポイント

時候の挨拶2月上旬の挨拶の書き出しは、厳寒の候あるいはみぎりを始め、余寒、立春、残寒、残雪、残冬、晩冬、向春、春寒、梅花、軽暖などが該当します。いずれも冬の終わりの時期で、寒さが残っていることや反対に暖かさを感じるようにもなり、春の訪れを感じさせる言葉が並びます。地域によっては雪が残っている所や、梅の開花が始まった所もあるので、その場、特に挨拶を投げかける相手の場にふさわしい語句を選ぶことが大事です。

2月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチの際は、時候の挨拶である立春の候などのような語句ではなく、梅のつぼみもまだ堅い今ですがというように文章に直した形式で述べると伝わりやすいです。立春に関してはそのままで構いませんが、候やみぎりと続けずに、立春を迎えて暖かくなってきましたなどの例文にすると相手に分かりやすくなります。スピーチは大衆の前で行うので、皆様いかがお過ごしでしょうかというように多数に向けたメッセージを添えると印象が良くなります。

2月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合は立春の候などの表現で構いません。時候の挨拶とは別に本題がある筈なので、いたずらに挨拶を長々と書いてしまうのも相手に失礼です。但し、相手の方と親しい間柄である場合は、立春を過ぎても寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうかという風に書き下した文章にすることで、熟語による堅苦しさがなくなって良くなります。本文でくだけた表現を用いる場合に挨拶も文章形式にするなど、本文の書き方に合わせることも大事です。

2月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

スピーチ同様、口頭で伝える物ですから、何を言っているのか相手に伝わりやすい言い回しが大事です。しかしスピーチとは異なり儀礼的なものではないので、あまり言葉を選ぶのもかえって気持ちが伝わりにくくなります。昨日な立春でしたね、まだ寒いですねという一言を添えるだけでも季節感を出すことはできます。またその場の挨拶であれば、家の梅の木に蕾ができましたというように、近況を語るのもより具体的になるので良い方法です。

2月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールの場合も手紙同様に熟語表現の方が簡潔で見た目にも綺麗です。但しこちらも相手の方と親しい関係にあるのであれば変に格式張った文章にする必用はありません。挨拶と同様に、季節に対応した自分や家族、周囲の近況などを報告する書き出しも相応しいでしょう。手紙同様、普段会うことがない相手に対して使う場合が多いので、自分の近況を知らせることは、季節感を出すと同時に相手に無事を知らせることにもなるからです。本題がある場合は分量を抑えましょう。

2月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスに用いる場合は立春の候などの熟語表現が基本です。ビジネス文は形式も求められる書類ですから、親しい相手に対して送る場合でも礼節を弁えた文章にする必要があります。また宛名が特定の方であっても、会社で受け取る場合は他の社員の目にも触れますし、文書を保管するなどで事務処理などの手続きなどもあります。またどちらかといえば向春の候など、春をイメージさせる言葉の方が好感を持ってもらえるでしょう。残寒なども不適切ではありませんが否定的です。

2月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

時候の挨拶2月上旬の挨拶は大きく分けて冬と春の2種類に分けられます。冬で見ると、12月、1月を超えてきた寒さがようやく和らぐイメージ、あるいはまだ若干の寒さが残っている印象の時期です。一方春で見ると、まだ3月にはなっていませんが、立春や梅の花に蕾ができるなど春を感じさせる出来事がすでに見られます。自分の状況や相手の環境は年々変化しますし、挨拶を送る日によっても変わってきますので、その時点でふさわしい文章を選びましょう。

2月上旬の挨拶の結びのポイント

時候の挨拶2月上旬の挨拶の結びは、寒さへの懸念がほとんどと言えます。寒さを例に出すことで、相手の方の健康を労わる結び方にするわけです。暖かい日があっても油断しないように、風邪をひかないように、体をいたわって欲しいという思いを込めて結ぶことで、相手にも良い印象で挨拶を終えることができます。但し相手の環境がまだまだ寒い地域である場合は、すでに気をつけているものとして失礼に当たる可能性もあるので注意しましょう。

2月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチにも儀礼の中で行うのか、そうでないのかで結びが変わってきます。式典などでのスピーチは申し上げますなどの敬語も使う必要がありますが、そうでない場合、知人同士の会合などでスピーチする場合はそこまで格式にこだわる必要はありません。寒さがまだ残るので体に気をつけてくださいという丁寧分でも十分です。一方式典などの場合は、皆様が良き春を迎えられますようお祈り申し上げますというように、若干硬い文章にしましょう。

2月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙の場合は相手は個人なので、その方の健康に焦点を合わせることができます。寒さが続きますがという季節の挨拶文の後に相手の方の名前を出して、何何さんのご健康を祈っていますという風にするとより丁寧です。また寒さにばかり終始していると、読んでいる手紙自体が冷たい印象になります。書き出しとの兼ね合いも考慮して、書き出しで寒さについて触れている場合は、文末は春を迎えられるように願っているという結びにして暖かさを持たせることも大事です。

2月上旬の挨拶の使える結びの例文

挨拶は結びも比較的簡潔です。書き出しと合わせて、寒いですねどうかご自愛くださいと一言で済む挨拶もあるでしょう。直接口で伝えるので、短くても気持ちが伝わりやすい形式とも言えます。多数に向けて挨拶する場合は、皆様のご健康をお祈りしますというように、皆という言葉を添えて、全員のことを考えていると示すのも大事です。また1対1での会話であれば、雪の処理が大変など、相手の状況を踏まえての激励も具体的で印象に残ります。

2月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールは結びも手紙に準じます。たくさんの方に向けて同じ文面を出すということはないので、相手の方の環境に配慮した文章を考えましょう。豪雪地域の方に送るのであれば雪が大変と聞きましたがお気を付けてなどの文章が望ましいでしょう。寒いので気をつけて欲しいという文章より具体的です。反対に暖かい地域の方に送るのであれば、梅が開花を迎えたと聞き、こちらも早くみたいですという例文も良いでしょう。もちろん、相手の地域で実際に起きていることは確認します。

2月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスの場合は結びまで形式が大事です。仕事に関する内容であれば、送った相手だけではなく、その上司の方なども目にする可能性が高いです。内容に関して他の方にも確認されるのであれば、当然文末まできれいに仕上げる必要があります。また、他の方が読むことを想定し、受け取り主の個人名ではなく、貴社と書いて会社全体を示すか、一同様や皆様という表現を用いて、他の方にも配慮していることが伝わるようにしましょう。皆様の発展をお祈りしていますなどが適切です。

2月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

2月の挨拶の結びでは、特に寒さをいたわる文章が多く見られます。しかし、逆にそれが定型文、テンプレートのようになってしまっている為、反対に迎春の喜びで結んだり、自分の近況や相手の環境を具体的に述べる文章にして特徴を出した方が、読んでいる相手にとってもイメージがよくなるでしょう。また親しい相手にはそれなりに親しみを感じさせる表現を、仕事上の書類はマナーに則った形式であることも、文章を考える上で重要です。

2月上旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶2月上旬の挨拶は、厳寒の候に代表されるように冬の寒さが残っていることを示す言葉と、立春の候というように、春がそこまで来ていることを示す言葉とに分かれます。相手や自分の住む環境に応じて、残雪の候や梅花の候と言った表現にすることも可能です。但しこのままだと、形式張った表現になりがちなので、親しい相手や口頭で話す場合には、まだ寒さが厳しい頃や、立春を迎えましたなどの丁寧な文章表現が相応しいです。反対に、式典でのスピーチやビジネス書類の中で述べる場合は厳寒の候などの表現が適しています。 文末では挨拶を投げかける相手のことをいたわる発言になることが多いですが、複数の相手に投げかける場合は皆様と複数系で述べることで、全員のことを考えてくれていると好意的に受け取ってもらえるでしょう。また、寒さにばかり注目した文章ではなく、良い春を迎えて欲しいという願いの文章にすることで、挨拶自体も温かみを感じさせるものだと印象付けられます。親しい相手の場合は、自分の家の梅に蕾ができたので、咲いたら見に来て欲しい等の近況報告を結びに用いるのも独創性がでて良いです。一方ビジネス文の場合は、親しい相手でも礼儀を忘れず、また他の社員の方へも配慮した結びにすることが大事です。

pixta_15251172_S

時候の挨拶7月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

7月下旬の挨拶では、夏の真ん中を示す言葉が多く見られます。その一方で、6月の梅雨から脱したことや、蒸し暑さではなく乾いた...

pixta_13363911_S

入園式PTAの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

入園式PTAの挨拶のポイントとしては、主役は新入園児であり、保護者ではないため、幼児を対象としたお祝いの挨拶とする必要が...

pixta_11952196_S

社長交代の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

社長交代の挨拶のポイントとしてはまずは誰からの文章として出すかがあります。多くの場合は会社からになるでしょう。その他には...

マイク空

婦人会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

婦人会の挨拶といっても会長が就任した際に行う挨拶やイベント参加時の挨拶、会食時の乾杯の音頭など様々な場面がありますからそ...

pixta_9883586_S

研修旅行懇親会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

研修旅行懇親会の挨拶をする際のですが、まずは知り合いになり親しみを深める会であることを理解しておくことが大切です。その為...

pixta_14727922_S

送別会送る側の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

送別会送る側の挨拶は退職、転勤などの会社関係の立場を考慮し簡潔で爽やかな印象を相手に持たせ、思い出となるように工夫も大切...

pixta_6270625_S

季節の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶1月上旬の挨拶をする場合、1月と言う季節の特殊性を念頭に置いた挨拶をすることがポイントです。

pixta_16457027_S

旅行宴会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

バブル前までは頻繁に行われていた職場での社員旅行なるものですが、最近は経費削減や仕事より家庭の風潮から、そういったイベン...

pixta_5656334_S

ソフトバレーボール大会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

ソフトバレーボール大会の挨拶を依頼された際に注意したいのは、集まっている方々の年齢層や目的というものを掴んでおくという点...

pixta_9558099_S

春の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文...

春になると様々なことで挨拶をする事があると思います。その際は時候の挨拶である季語を用いた言葉を使用していくとより一層春を...

マイク空

婦人会の挨拶やスピー...

婦人会の挨拶といっても会長が就任した際に行う挨拶やイベン...

t

うつ復職の挨拶やスピ...

長いこと心の痛手から迷惑をかけてしまった職場に挨拶のスピ...

pixta_4318823_S

閉店の挨拶やスピーチ...

お店や営業所など運営するにあたり、何らかの諸事情によりお...

pixta_10975678_S

季語の挨拶7月下旬の...

季語の挨拶7月下旬の挨拶は、盛夏の暑さが厳しいことを中心...