忘年会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

忘年会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

忘年会の挨拶では集まってくれた参加者の労いの言葉や、今年一年を振り返る発言、それに対しての反省点、次年度の抱負などを述べましょう。年を忘れるという字の通り、忘年会は今年一年の労をねぎらって忘れるための宴会です。

忘年会の挨拶のポイント

忘年会の挨拶では集まってくれた参加者の労いの言葉や、今年一年を振り返る発言、それに対しての反省点、次年度の抱負などを述べましょう。年を忘れるという字の通り、忘年会は今年一年の労をねぎらって忘れるための宴会です。一方宴会の中では、乾杯の挨拶、社長や教授など主賓の挨拶と言った形式的なものから、メンバー一人一人の挨拶まで機会が多いため、他の方と同じ挨拶になってしまわないように、特に主賓とは被らないように注意を払う必要もあります。

忘年会の挨拶の書き出しのポイント

多くの場合、初めの挨拶では参加者に対して、皆様この一年お疲れ様でしたと労う言葉をかけることで始めます。そもそもの目的がこの労いにあるからです。但し、ご苦労さまですという言葉は、目上の方が目下の方に言う発言ですので使ってはいけません。他者と同じになっても良いので、お疲れ様ですという言葉で表現しましょう。乾杯や主賓として挨拶の依頼をされた場合は、その前後にご指名頂きました何何ですと自己紹介の言葉を入れると良いです。

忘年会の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

口頭で話す場合も、お疲れ様ですという書き出しで始めます。会社や大学のサークルなどの場合は、何何部や何年生の何何ですと自分の所属を含めて自己紹介すると解りやすくなります。前後の方と内容が同じにならないようにすると独自性が出ますが、敢えて前の方が仰ったようにと同意する発言で続ける方法も可能です。もちろん全く同じ言葉ではなく、自分の言葉に変えて述べましょう。また幹事など、主催者の場合は会に参加してくれたお礼も述べましょう。

忘年会の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合は拝啓などの頭語を用いるのが一般的ですが、親しい関係にある方に対しては、堅苦しい印象を与えてしまうので省いても構いません。忘年会の案内を兼ねた手紙を出す場合には開催となった旨と、多忙かもしれませんがという配慮と、ぜひ参加して欲しいという願いを添えましょう。食べて飲んで楽しみたいという言葉や今日だけは仕事も忘れて気楽に過ごしたいなどの文章を入れ、相手が参加したいと思えるように続けることが重要です。

忘年会の挨拶の使える書き出しの例文

挨拶では、年の瀬も近づいてまいりましたがと季節の用語を織り込むと良いでしょう。会の中盤、後半での挨拶であれば、まだまだ盛り上がりましょう、宴もたけなわですがなど会の様子を表現するのも適しています。もちろん前後で自己紹介と、労いの言葉も忘れずに入れましょう。可能ならばその場の雰囲気を和やかなものにしたり、より盛り上げるために笑いを取る発言も行いましょう。自分はできないので次の人に任せますという例文でも十分に笑いを取ることができます。

忘年会の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールの場合は手紙と似た形式になります。送付する相手に応じて、頭語や時候の挨拶を述べましょう。事前に適した言葉を調べておくのが望ましいですが、年末の場合は今年も残すところ後何日となりました、あと僅かですという発言でも十分です。こちらもただ忘年会を行うということではなく、昨年好評だったゲームを今年も開催しますなど、最中に催されるイベントについて軽く触れ、相手の方も参加してみたい、楽しそうだと感じてくれる内容にしましょう。

忘年会の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスの場合は拝啓などの頭語で書き出します。続けて、歳末の候など時候の挨拶、またますますご清栄のこととお喜び申し上げますというように礼文を書くと丁寧です。個人宛の場合はますますご活躍のことと存じますという文で続けると良いでしょう。取引相手に送付する場合は平素は格別のお引き立てを賜り御礼申し上げますのように日頃の感謝を綴るのも大事です。また、単に忘年会をするのではなく、今年の振り返りと来年の発展を祈願するための会ですと言葉を続けます。

忘年会の挨拶の書き出しについてのまとめ

忘年会とはその年の苦労を忘れるための宴会です。その為、まずはお互いに苦労しましたねという意味を兼ねて、お疲れ様でしたと参加者の労をねぎらうことが大事です。司会より紹介があった場合や、挨拶を行う人数が多い場合は自己紹介を簡単にでも行うと良いでしょう。手紙やメールなどで事前に開催の挨拶を送付する場合は、頭語や時候の挨拶を述べると丁寧ですが、親しい相手に送る場合は省いた方が親しみを感じさせます。具体的に宴会で行うことにも触れましょう。

忘年会の挨拶の結びのポイント

忘年会の挨拶の終わり部分では、来年も無事に過ごせるように、仕事が上手くいくようにと言った抱負や奇岩を述べてまとめるとイメージが良くなります。また、年末ならでは、忘年会だからこその言うことができる内容だと印象も強く、参加者の記憶に残りやすいでしょう。会の主催者であれば、改めて参加してくれたことへのお礼で締めくくるのも良いですし、社長など団体の代表者であれば、来年も貢献をよろしくお願いしたいなど、参加者への投げかけの形も適しています。

忘年会の挨拶のスピーチに使える結びの例文

会の序盤のスピーチであれば、今日は楽しく過ごしましょう、盛り上がっていきましょうなど、会を楽しくさせようという意気込みで結ぶと評価も良いでしょう。普段交流することのない方も参加しているので交流を深めたいなど、忘年会の最中に行いたいことを述べるまとめも適しています。催し物に言及し、今年はこんなイベントも用意されていると聞いたので楽しみですと感想を述べる結び方もあります。終盤、締めの挨拶であれば、再度一年お疲れ様と労って締めるのも良いです。

忘年会の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙の結びでは、頭語を用いたのであれば対応する結語を記載するのが必須となります。文頭で拝啓の語を用いたのであれば、結びは敬具とします。頭語と結語の組み合わせは1つずつではありませんが、必ず適した語句を用いてください。忘年会の案内を述べる手紙では、奮ってご参加くださいのように参加を促す言葉で締めましょう。必要に応じて、会の詳細を記すの文字を使って後述します。参加の可否を求める場合は、いつまでに必要なのかも明記しましょう。

忘年会の挨拶の使える結びの例文

挨拶では次年度の抱負や、共に頑張ろうという激励などで結ぶと良いですが、忘年会のどのタイミングで行う挨拶かによっても適した結びがあります。会の始めであれば、盛り上げて行きましょうや楽しみましょうという期待を、終わりであれば、楽しかった時間もあっという間、名残惜しいけれどという言葉で締めましょう。また終わりの挨拶であればこのイベントが楽しかったなど、具体的な感想を述べ、幹事にお礼を述べる結びも適しています。

忘年会の挨拶のメールに使える結びの例文

メールの場合も、頭語を用いた文章では結語が必須です。頭語だけ、結語だけの文章はマナー違反なので注意しましょう。忘年会開催の挨拶を送るのであれば、ご多忙と存じますが何卒参加いただきますようお願い申し上げますなど、相手に配慮しつつも参加をお願いしたい旨を表現しましょう。参加の可否について返事が必要な場合は、いつまでに返信が必要でどこに返信すればよいのかも明記し、別途忘年会の会場や会費等を明記して、参加の判断がつき易いようにするのも大事です。

忘年会の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネス文書の場合は頭語と結語は必須です。たとえ親しい相手であっても、ビジネスとして送付するのであれば結びまで礼儀をわきまえた文章で仕上げましょう。また文章も万障お繰り合わせの上ご参加下さいますようなど、礼節のある表現を用いましょう。返信の必要、不必要にかかわらず、問い合わせ先の情報は必須です。同じ社内で忘年会についての開催を通達する場合は、問い合わせ先や幹事担当者の欄に部署名も記載しておくと、返信も容易に行えます。

忘年会の挨拶の結びについてのまとめ

挨拶の結びはどのタイミングで挨拶をするのか、主催者なのか主賓なのかなど、立場によって様々です。来年も頑張ろうという抱負は共通していますが、例えば幹事など会の主催者であれば本日は参加いただきありがとうございますという感謝、招かれた側であれば主催者へ開催の感謝、主賓であれば来年も協力を頼む投げかけ等です。またまだ会が始まったばかりであればこの後も楽しもうという期待、終わりに近い時間であれば、名残惜しむ発言が良いでしょう。

忘年会の挨拶の全体的なまとめ

"一年の締めくくりとして行う忘年会では、その年の振り返りと次年度への期待や抱負を述べる挨拶が一般的ですが、挨拶を行う人が多いと、似た内容に固まってしまいがちです。その為、自分の立場や挨拶を行うタイミングを考慮した挨拶が適しています。例えば幹事であれば、本日はご多忙な中ご参加いただきありがとうございますと参加者に感謝する発言、主賓であれば他の方よりも時間を長く設けられているので、会社の歴史などに触れるのも良いでしょう。また宴会が始まったばかりであれば、これからなので楽しんでいきましょうという盛り上げる発言や、このイベントを楽しみにしていますという宴会への期待を述べるのも良いです。 また参加者が多い忘年会の挨拶では自己紹介も他と区別するために適した発言です。会社であれば営業部の誰某です、学校のサークルであれば文学部の誰某ですと、簡易的な自己紹介で構わないので一言添えましょう。会社全体のように大人数での宴会であれば、あまり交流がない部署の方と交流したいのような、宴会内での希望を述べる挨拶も良いでしょう。終わりも近くなってきた段階での挨拶であれば、会が終わることを惜しむ発言や、景品が当たったので楽しかったなど、感想を述べると独自性が出ます。"

pixta_14413788_S

卒部卒団親保護者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

卒部卒団親保護者の挨拶のポイントは、感謝の気持ちを言葉に込めて、未来への希望を折り込むことです。卒部卒団にあたって、監督...

pixta_14052740_S

高校卒業式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

高校卒業式の挨拶のポイントは、まずは卒業生の皆さんに贈る言葉やお祝いの気持ちを述べることが大切です。新しい環境に旅立って...

pixta_575043_S

スナック独立開店の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

飲食店をはじめとする個人店におけるスナック独立開店の挨拶おいては、堅苦しい過ぎる挨拶よりも、親しみやすく、しかし一定の礼...

pixta_534149_S

季語の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶11月下旬の挨拶は、師走が近づき、気持ちも生活面もせわしくなるころで、疲弊することも多くあることに配慮した表現...

pixta_16515814_S

七回忌の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

七回忌法要は人が亡くなってから満6年目に行われます。49日法要や一周忌、三回忌までは友人や知人たちも参加して行いますが、...

pixta_7255671_S

結納の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

結納の挨拶については、スピーチ・手紙・メールなどはもちろんのこと、これらだけではなく、ビジネスなどにおいてもそれなりの内...

pixta_15203425_S

季語の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

春は、卒業式や転勤など別れの季節でもありますが、新しい生活への準備に心弾む時期でもあります。3月下旬ともなると、冬の寒さ...

pixta_10502933_S

新年社内報の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

新年社内報は一年の初めを社員に告げる大切な意味合いを持ちます。その中での挨拶は一年の年頭を告げる挨拶として一番最初に社員...

pixta_15462344_S

披露宴主賓の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

主賓の挨拶のポイントは、会社の上司やお世話になった恩師として紹介されるので、それにみあった貫禄と心遣いを表現したいです。...

pixta_13327662_S

快気祝いの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

快気祝いの挨拶のポイントとしては、まずはどちらの人が行うかになります。病気などから復帰をした人自身が行う場合があります。...

rural winter landscape with a one tree and the blue sky

時候の挨拶2月上旬の...

2月上旬になると冬の寒さも和らいで、春の訪れを感じさせる...

pixta_13167652_S

時候の挨拶11月下旬...

時候の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬に...

Business conference

労働組合定期大会委員...

労働組合定期大会委員長の挨拶のポイントはスピーチのスピー...

pixta_11952196_S

社長交代の挨拶やスピ...

社長交代の挨拶のポイントとしてはまずは誰からの文章として...