季語の挨拶12月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶12月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

12月の下旬と言えば、仕事をしている人にとって挨拶回りなどで一番忙しい時期になります。また、仕事上の取引先相手などにメールや手紙として挨拶文を送る方も多いのではないでしょうか。そういった流れのなかで、季語の挨拶12月下旬の挨拶の仕方はとても重要になってきます。

季語の挨拶12月下旬のポイント

12月の下旬と言えば、仕事をしている人にとって挨拶回りなどで一番忙しい時期になります。また、仕事上の取引先相手などにメールや手紙として挨拶文を送る方も多いのではないでしょうか。そういった流れのなかで、季語の挨拶12月下旬の挨拶の仕方はとても重要になってきます。書き方のマナーなどもありますし、相手に対して失礼のない様な書き方をしなくてはいけません。書き方としてはお世話になった方達に送るものですから感謝の言葉と、また体を労わる様な内容の文章を作成する必要があります。

季語の挨拶12月下旬の書き出しのポイント

季語の挨拶12月下旬の挨拶を書き出すポイントとしては、年末ですと様々な模様し物やまた雪が降ったり寒い季節になる為に、季語を使った書き出しにすると相手に伝わりやすくなります。12月は色々お互いイベントが多くなる季節なので、体力的にもつかれる月になります。そういったこともふまえながら、スムーズな書き出しをする必要があります。またあまり長くなってしまっても何が言いたいのかが分からなくなってしまうので、適度な長さでスムーズな書き出しをしましょう。ではその例文をいくつかあげていきましょう。

季語の挨拶12月下旬のスピーチに使える書き出しの例文

まず12月下旬の挨拶をスピーチする場合はどうでしょうか。例文として「今年もとうとう年の暮れを迎え、体にも疲れが溜まってきた頃になると思いますが、体調はお変わりありませんか?」など相手を気遣った内容の方がスムーズな入り方になるでしょう。そういった内容もなく、すぐに本題に入ってしまってはあまり良いスピーチとはいえません。やはり最初と最後はスムーズな入り方や終わり方をしたいので、話の流れを上手く持っていけるような入り方にしていきましょう。

季語の挨拶12月下旬の手紙に使える書き出しの例文

では次に手紙で挨拶文を送る際はどうでしょうか。相手の顔を見て話す事が出来ない分、内容をしっかり考え慎重に書いていかなければいけません。例文としましては「拝啓今年も師走の季節がやってまいりましたが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。」などの書き出しが良いでしょう。文頭には”拝啓”をつけ、そこから季語や気遣う言葉などを入れて手紙を書いていきましょう。実際面と向かって話すわけではないので書き方次第で違うように伝わってしまうので注意しましょう。

季語の挨拶12月下旬の使える書き出しの例文

では次に手紙で挨拶文を送る際はどうでしょうか。相手の顔を見て話す事が出来ない分、内容をしっかり考え慎重に書いていかなければいけません。例文としましては「拝啓今年も師走の季節がやってまいりましたが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。」などの書き出しが良いでしょう。文頭には”拝啓”をつけ、そこから季語や気遣う言葉などを入れて手紙を書いていきましょう。実際面と向かって話すわけではないので書き方次第で違うように伝わってしまうので注意しましょう。

季語の挨拶12月下旬のメールに使える書き出しの例文

会社で働いている場合は、メールなども利用して12月下旬に挨拶文を送る事があると思います。そういった場合も慎重に書いていく必要があります。例文としまして「拝啓年の瀬が押し迫りあわただしい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」などといった文章を作成しましょう。基本的に挨拶分を送る相手となると、取引先の方などが中心となるものです。その為、出来るだけ丁寧な書き方を心掛けていきましょう。出来るだけ失礼のないように気をつけましょう。

季語の挨拶12月下旬のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスで12月下旬に挨拶をする場合は「師走の候、貴社ますますのご繁栄のこととお慶び申し上げます」など会社に向けての挨拶文を作る必要があります。季語を入れると共に会社全体の繁栄についてなど、そういった内容の言葉を使用する必要があります。個人に向けてというよりは、会社に向けての内容を組み立てていき失礼のない様な書き出し方をしていきましょう。特に仕事上での取引がある人であれば余計そういった言葉ひとつにも気を使わなくてはいけません。

季語の挨拶12月下旬の書き出しについてのまとめ

季語の挨拶12月下旬の挨拶の書き出しは、12月下旬であるという事がわかる様な季語をしっかり入れ、相手の疲れを労わる言葉を入れていく必要があります。12月下旬ということが伝わる季語としましては、「師走」「年末」「歳末」「忙月」などがあります。こういった言葉をしっかり文章の中に組み込み、相手に対して分かりやすくしていきましょう。なかなか使いなれない言葉が多いので難しいと思いますが。失礼のない様にしっかり覚えていきましょう。

季語の挨拶12月下旬の結びのポイント

季語の挨拶12月下旬の挨拶の結びのポイントとしましては、やはり年末ということもあり、今までの疲れを労わるような内容と共に、来年に向けての言葉や今後のますますの発展を祈る様な内容の文章にする必要があります。年末の挨拶ですから1年の締めくくりの言葉になるわけです。この最後の締めくくりの言葉を失礼のないように慎重に組み立てていきましょう。最後の最後で相手に対して失礼な言葉になってしまってはせっかくの挨拶文が意味のない物になってしまいます。

季語の挨拶12月下旬のスピーチに使える結びの例文

12月というと忘年会などが多くなってくる季節でもあります。そういった人が多く集まる場で、スピーチを頼まれることもあると思いますが、そういった場合はどの様な結びで締めくくれば良いのでしょうか。例文として「ご多忙の年の暮れにはなりますが、お体には十分気をつけ良い年をお迎えください」などの年末の忙しさや、また体を労わる言葉を入れていくと良いでしょう。最後の締めくくりの言葉としてふさわしい内容にしていきましょう。

季語の挨拶12月下旬の手紙に使える結びの例文

手紙を書いた際、締めくくりの言葉としてはどの様な内容の言葉を選んでいけば良いのでしょうか。手紙の最後の言葉になるわけですから、ここで失礼にあたってしまっては大変です。慎重に書いていきましょう。例文としては「忙しい年末ではありますが、健やかなる新年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます」などといった、来年に向けての言葉も入れて締めくくると文章全体がまとまった印象になります。是非取り入れていきましょう。

季語の挨拶12月下旬の使える結びの例文

年末になると挨拶する機会も当然増えてくるわけですから、出来るだけ失礼のないようにししなくてはいけません。この挨拶一つで、相手に対して良くも悪くも印象を与えてしまうものです。年末のあいさつの例文としましては「年末でご多忙の事と存じますが、どうぞお体の方もご自愛ください」といった内容にしていきましょう。忙しい中でも体を労わって欲しいといった願いを込めた内容にするとより相手に伝わりやすくなるでしょう。

季語の挨拶12月下旬のメールに使える結びの例文

年末にお世話になった方々に挨拶のメールをする際、締めの言葉はとても重要です。最後の締めくくりとしてしっかり粗相のないように書いていかなければいけません。例文としては「最後になりましたが、来る年のご多幸を心よりお祈り申し上げます」などといった内容で締めくくるようにしていきましょう。文章の最後の言葉ですから相手に向けての感謝や来年への気遣いといった内容の言葉で締めくくっていきましょう。そうする事で文章全体がまとまります。

季語の挨拶12月下旬のビジネスに使える結びの例文

ビジネスとして12月下旬の挨拶をする場合は大切な取引先などに向けての言葉になるわけですから、丁寧な口調で表す必要があります。例文としては「今後とも、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」などといった言葉を使うと良いでしょう。その他にも相手を労わる様な言葉も入れながら、失礼にあたらないように慎重に言葉を選んでいく必要があります。常識が無い人だと思われてしまわないようにしっかり言葉を組み立てていきましょう。

季語の挨拶12月下旬の結びについてのまとめ

季語の挨拶12月下旬の挨拶の結びは、全体の言葉の締めくくりの言葉になります。その為、来年に向けての言葉などを取り入れると上手く全体的にまとまった文章にする事ができるでしょう。最後の締めくくりの言葉になるわけですから、慎重に言葉を選んでいきましょう。最後の言葉で今までの内容が無駄になってしまっては意味がありません。是非特に最後の言葉は、慎重に言葉を選んで文章を組み立てていきましょう。そうする事でより文章をまとまったものにする事が出来ます。

季語の挨拶12月下旬の全体的なまとめ

季語の挨拶12月下旬の挨拶の全体的なまとめとしましては、やはり年末の挨拶ということもあり、1年間の感謝の言葉や、来年へ向けての言葉、体を労わる様な内容の言葉を取り入れていく必要があります。一年の締めくくりの言葉としてふさわしい言葉を使う事で、しっかり挨拶をしていかなければいけません。季語なども使いながら、季節についても触れていきましょう。また年末と言えば、色々と忙しい時期になります。仕事上でもあわただしくなってくる時期ですから、そういったことにも触れながら丁寧に文章を組み立てていきましょう。特にビジネスとして挨拶文を送ったり、メールで挨拶をする場合は間違いのないように文章を組み立てていきましょう。取引先の相手などに失礼な文章を送ってしまっては、今後の付き合いも変わってしまう可能性もあります。そういった事がないように、手紙などを送る際は、しっかり内容を読み返し誤った文章になっていないか必ずチェックしましょう。また忘年会などでも挨拶する事が多くなる季節です。体をねぎらう様な文章を織り交ぜながら、一年間の感謝をしっかり相手に伝える事が出来るような内容のものにしていきましょう。1年間の最後を締めくくる挨拶です。是非失礼のない様な文章にしていきましょう。

pixta_1318258_S

季語の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶1月上旬の挨拶は、1月上旬に出す手紙やビジネス文書、メールなどの文章の冒頭に使われるものです。手紙やハガキな、...

pixta_2182548_S

学校祭の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

今まで準備してきたものの集大成が文化祭になるので、今までの努力でがんばって来たことや、今日の文化祭の日を成功させるために...

pixta_6270625_S

季節の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶1月上旬の挨拶をする場合、1月と言う季節の特殊性を念頭に置いた挨拶をすることがポイントです。

pixta_12585750_S

公民館文化祭閉会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

公民館文化祭閉会の挨拶のポイントは文化祭が無事に閉会を迎えることが出来ることに対する感謝の気持ちを表す挨拶がベストです。...

pixta_1318651_S

従兄三回忌献杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

従兄三回忌献杯の挨拶の挨拶のポイントは簡潔な言葉で手短に語りかけるように挨拶することが大切です。法事、法要で使う献杯の言...

pixta_9176608_S

季語の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶10月上旬の挨拶のポイントとして10月は秋真っ最中です。挨拶の中に秋の用語を交えながら挨拶しましょう。おもしろ...

pixta_15542192_S

季語の挨拶4月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

手紙の始まりのように、改まった形で挨拶文が始まると、季語など決まった形で言葉が生まれてゆきます。季語の挨拶4月下旬の挨拶...

pixta_7599394_S

四十九日の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

亡くなってから四十九日目になると忌明けとなり、法要をとり行うのが一般的です。仏教葬儀では亡くなってからの日数によって様々...

pixta_8623425_S

卒団式保護者代表の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

卒団式保護者代表の挨拶は、監督やコーチ陣に対する感謝と、生徒であり選手であった子供たちへの激励を込めて、言葉を選ぶと良い...

pixta_5656334_S

ソフトバレーボール大会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

ソフトバレーボール大会の挨拶を依頼された際に注意したいのは、集まっている方々の年齢層や目的というものを掴んでおくという点...

pixta_7262368_S

季語の挨拶8月上旬の...

日本には美しい四季があり、その四季ごとに決まっている季語...

引越し

引越しの挨拶やスピー...

引越しの挨拶は、口頭であれ挨拶状であれ、まずタイミングを...

pixta_7476894_S

パソコンクラブ新任会...

パソコンクラブ新任会長の挨拶のポイントとしてはまずはクラ...

pixta_14047428_S

時候の挨拶1月上旬の...

新年を迎えた1月上旬は、何かと行事が多く、それらの行事の...