献杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

献杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

献杯の挨拶は、杯を手にとってただ献杯と言えば良いわけではありません。また一般的なパーティでの乾杯とは異なり、葬儀や法要の際の会食の場で行われるのが献杯ですから、逆に言えば、それ以外の場で献杯と言ってはいけません。

献杯の挨拶のポイント

献杯の挨拶は、杯を手にとってただ献杯と言えば良いわけではありません。また一般的なパーティでの乾杯とは異なり、葬儀や法要の際の会食の場で行われるのが献杯ですから、逆に言えば、それ以外の場で献杯と言ってはいけません。またスピーチ等とは異なり、さほど長い時間喋るわけでもないのが特徴です。それゆえ、事前に担当して欲しいという打診がない場合もあり、その場で内容を考える必要も出てきます。咄嗟に適した挨拶ができるように予め備えておくことも重要です。

献杯の挨拶の書き出しのポイント

献杯は精進落とし等の会食時に行われます。直前に喪主の挨拶が入る事と、食事の前ということもあるので、手短に1分程で済ませると良いでしょう。司会から名指しされたら、まずご指名いただいた何何ですとだけ自己紹介をして始めます。故人を振り返る内容が望ましいですが、長くなりすぎないように注意します。細かい部分は会食の場で話すことにして、挨拶の段階ではさわり部分を述べておきましょう。直前に挨拶をした喪主の内容と同じにしないことにも配慮してください。

献杯の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチでは、故人を偲ぶ発言をするのが何より大事です。また遺族でない場合は遺族の方へのお悔やみの言葉などを盛り込むのも良いです。逆に遺族、親族の方であれば、故人の兄弟です、子供ですというように個人との関連を含めた自己紹介をすると解りやすく伝わります。献杯の場合は乾杯とは異なり場合が場合なので杯もその場で掲げず、唱和も静かに、拍手なども厳禁です。スピーチを行う人自信がその過ちを侵さないように注意しましょう。

献杯の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

献杯はその場で行うことですので、もし打診していた方が当日来られない場合は、手紙ではなく代理人にお願いして行ってもらうことが多いでしょう。それでももし可能であれば、用意していた文章を送付し、献杯の場ではなくてもその場で読んでもらうこともできるので考えましょう。その場合は故人を偲ぶと同時に、葬儀の場に来ることができなかった事への後悔や謝罪を一言添えると好感が持てます。スピーチ同様、個人との関係性から書き出すと初対面の方にも伝わりやすいです。

献杯の挨拶の使える書き出しの例文

喪主ではないけれど、遺族や親族など葬儀を執り行った側であれば、本日はお集まりいただきありがとうございますという書き出しで始めるのが望ましいです。また葬儀にせよ法要にせよ、終了後の会食である場合が多いので、無事に執り行うことができました、故人も喜んでいるなどの例文で、参加者の皆さんにお礼を兼ねて伝える書き出しも適しています。故人の友人など、招かれた側の場合は故人へ向けてどうぞ安らかにという投げかけの挨拶も適しています。

献杯の挨拶のメールに使える書き出しの例文

手紙同様に献杯に関してメールを送るということは希です。例え音頭を取る依頼を受けたとしても、葬儀や法要を含めて参加できないことを伝える目的で送付しましょう。封筒がある手紙と異なり、メールの場合は本文に宛名や差出人名を記載しなければ誰かわからないので、書き出しは故人の名前とご遺族様というように明記し、差出人欄も自分の氏名を記します。献杯の依頼がある時点で遺族はあなたと故人の関係を知っているので、故人の友人ですなどの表現は不要です。

献杯の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

上司や部下、取引先など、故人とビジネス上の付き合いがあった方であれば、取引の中での故人の様子を語るのも良いでしょう。真面目な印象を与えることができますが、一方で堅苦しくならないように注意して下さい。書き出しでは故人が勤めていた株式会社何何の誰某ですと名乗ることから始めましょう。故人に敬意を評す場なので、上司や代表者と言った個人より上になってしまう階級表現は避けたほうが良いです。もしくは故人の勤務によって助けられたなどの内容にしましょう。

献杯の挨拶の書き出しについてのまとめ

短い時間で話す為、自己紹介と故人を偲ぶ発言に終始する点がポイントです。献杯の挨拶を行う方と故人との関係性は様々ですので、それに応じて故人だけに絞るか、遺族の方へも発言するのかも適宜変えると良いでしょう。故人について思いを馳せるだけではなく、故人にメッセージを投げかけるというスタイルも有効です。また流れとして喪主のスピーチの後に献杯の挨拶となりますので、喪主以外の方が行う場合は、喪主の挨拶の内容と同じことを繰り返さないように注意します。

献杯の挨拶の結びのポイント

挨拶の結びは当然、献杯の音頭です。それでは献杯させていただきますという案内を添えて献杯と続けることで、挨拶の終わりが聞いている参加者にも解りやすくなるでしょう。また、挨拶者の音頭の後、参加者全員で献杯を唱和するので、ご唱和願いますという依頼をする挨拶で結ぶのも適しています。また故人の冥福を祈りまして献杯という例文のように、結びでも故人を偲ぶ話で締め、故人への敬意を忘れない意味を込めるのも重要です。

献杯の挨拶のスピーチに使える結びの例文

献杯の挨拶のスピーチに要する時間は1分程度と言われます。それゆえ、自己紹介と故人への言葉を述べたら、そのまま献杯の挨拶に入るのが通常です。会食の場で故人について語らい合いたいという文で締めれば、次に会食があるので挨拶を締めくくるということが解りやすくなります。そのまま献杯の音頭を取る流れにすることで、全体のまとまりも良くなるのです。また故人が好きだった食事や酒を振る舞うのであれば、それにも触れましょう。

献杯の挨拶の手紙に使える結びの例文

自分がメモとして認めるのではなく、故人の仏前に供えたり遺族に渡す場合は、文末に献杯という文章は不要でしょう。当日来れないので手紙だけでもという場合は、ご冥福をお祈りしますのように、故人を偲ぶ発言だけで済ませて構いません。また故人に供える場合は、メッセージを伝える形でどうぞ安らかに眠ってくださいという例文も相応しいでしょう。遺族の方に対してのお悔やみや、参加できない謝罪は文頭で行い、文末まで申し訳なさを感じさせるような形式は避けます。

献杯の挨拶の使える結びの例文

献杯させていただきますという発言が挨拶を終えることも意味しているので、以上で挨拶とさせていただきますという文句は不要です。時間配分を考え、故人に対する思い出などを最後まで語りましょう。今日はこうしたいというように、会食の場で行いたいことで締めるのが最も効果的です。同じく集まった方々と故人との思い出を語り合いたいなどの文章ならば、挨拶が終わりだなと傍聴している方々にも伝わるからです。逆に、会食の場で語りたいことは冒頭に話さないで下さい。

献杯の挨拶のメールに使える結びの例文

当日不在でメールによって挨拶文を送る場合は、文章にて失礼いたします、以上で挨拶とさせていただきますという文面を添えると良いでしょう。手紙やメールの場合は文章の終が目に見えて解りますが、きちんと文が終わることを伝える方が丁寧です。次回の法要への参加や、墓前へのお参りなど、今日はできないけれどいずれという約束をする発言も読み手に好意を持たせるでしょう。悲しい雰囲気にさせない文末が望ましいのはメールも同じです。

献杯の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネス文書の形で仕上げる場合は、皆様とともに故人を偲びたいと思いますのような文章でまとめましょう。形式的ですが当日参加できない場合でも、用事の合間にも故人を思っているという発言に受け取れるので適しています。一方で故人に対する具体的な発言も取り入れ、テンプレートにならないように注意します。またビジネス文書は頭語と結語の組み合わせを挿入することが一般的です。もし頭語をつけた場合は対応する結語を必ず文末に添えてください。

献杯の挨拶の結びについてのまとめ

献杯させていただくという表現にも様々な言い回しがあります。その為ある程度オリジナリティを出すことができますが、ここでも故人との関係を踏まえた結びにすることが大事です。また直後の会食や今後に関しての明るい話題でまとめ、法事特有の暗い雰囲気をなくすことも求められます。謝罪やお悔やみなどは文頭で述べてしまう方が良いです。但し冗談ばかりなどあまりに明るすぎても厳かな雰囲気を壊してしまうので注意しましょう。

献杯の挨拶の全体的なまとめ

他のスピーチと比べると短い時間で述べることですが、当日突然名指しされても良いようにどういった形式が望ましいかは予め考えておく必要があります。また喪主以外の方が音頭をとるのであれば、喪主の発言を繰り返すだけの内容になるのも御法度です。挨拶のはじめでは、故人との関係を述べ、こういう所でお世話になったと故人を偲ぶ発言で始めたり、遺族の方へお悔やみを述べる、あるいは当日不参加で文書での送付になる場合は、参加できないことへの謝罪を述べると良いでしょう。故人はこういう方だったと皆さんに説明する形式も良いですし、故人の遺影に向けて、あの時はこういうことがあって楽しかったねと語りかけるような発言も適しています。一方文末では、献杯の後に行われる会食に関して、故人の思い出話などで和やかな場にしたいという明るい話題を投げかけると雰囲気も良くなりますし、その後の話になったことで、挨拶が終わるのだなと参加されている方々にも解ります。当日参加できない場合は、その場にはいられないけれどもこちらでも故人を偲んでいる旨や、次回の法事への参加、墓参りなどは行いたいという希望を述べ、故人を尊敬している事が伝わるような結びにしましょう。

pixta_13650069_S

PTA新聞での会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

PTA新聞での会長の挨拶をする場合は、PTA新聞の主なテーマに沿った内容であること、PTA役員としての抱負や理想を述べら...

Hands of businessman holding microphone

会長就任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

会長就任の挨拶のポイントとして、まずはどのような会であるのかになります。会長といいますと会社における会長職がありますがこ...

pixta_16457027_S

旅行宴会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

バブル前までは頻繁に行われていた職場での社員旅行なるものですが、最近は経費削減や仕事より家庭の風潮から、そういったイベン...

pixta_14454320_S

通夜の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

人が亡くなるとまず行われるのがお通夜です。そしてお通夜のあとには通夜振る舞い(つやぶるまい)があります。通夜振る舞いは弔...

Empty Stage

40周年の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

会社など40周年記念など節目の年を迎えた際、挨拶をしなければいけない場合があります。そういった記念すべき日の挨拶はどの様...

letter

季節の挨拶9月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶9月上旬の挨拶で伝えることは相手の心を捉え、自分の意思を素直に表現することです。挨拶の心得を理解し、季節の言葉...

pixta_5109622_S

時節の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

時節の挨拶とはその季節に沿った言葉を使って、相手の安否を確認するためにする挨拶のことです。季節に応じて俳句で使用される季...

pixta_15433004_S

社長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

社長は、代表取締役社長としてその会社を代表する職責です。社長は、社内を統率して事業を展開していきますので、強力なリーダー...

pixta_12057030_S

奉仕作業の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

町内での集まりなどで、奉仕作業などを行う場合があります。そういった場合に挨拶を頼まれた際、どの様な挨拶をしていけば良いの...

pixta_1318258_S

季語の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶1月上旬の挨拶は、1月上旬に出す手紙やビジネス文書、メールなどの文章の冒頭に使われるものです。手紙やハガキな、...

pixta_8369567_S

PTA運動会の挨拶や...

PTA運動会の挨拶は外で生徒や保護者の皆様が聞いています...

pixta_13743214_S

時候の挨拶3月下旬の...

日本には四季があり古来から季節の訪れや季節の移ろいを感じ...

pixta_3401276_S

三回忌献杯の挨拶やス...

献杯とは相手に敬意を表して杯を差し出す行為をいいます。今...

pixta_14727922_S

送別会送る側の挨拶や...

送別会送る側の挨拶は退職、転勤などの会社関係の立場を考慮...