季節の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶1月上旬の挨拶をする場合、1月と言う季節の特殊性を念頭に置いた挨拶をすることがポイントです。

1月上旬の挨拶のポイント

季節の挨拶1月上旬の挨拶をする場合、1月と言う季節の特殊性を念頭に置いた挨拶をすることがポイントです。 例えば1日から3日まではお正月の挨拶が主に行われますし、7日には七草粥があります。15日前後には成人式で、15日までは松の内と、多くの行事がある特殊な時期です。 しかし新年を祝う挨拶は、一般的に喪中の方などを相手には使ってはなりません。また、時候の挨拶では、小寒となりますので、寒さを念頭に置いた挨拶が一般的ですが、年や地域で寒さに違いがあるので、その土地、その場所の寒さに即した挨拶文にすることがポイントです。

1月上旬の挨拶の書き出しのポイント

季節の挨拶1月上旬の挨拶の書き出しは、その季節に即した時候の挨拶と、先方の安否への挨拶がポイントです。 手紙やメールの場合、先方を見ることができないので、安否の挨拶は、先方が元気であることを伺う文章にします。手紙の場合には更に、書き出しを「拝啓」等で始めます。スピーチの場合には、挨拶する相手一般的にすぐ前にいるため、安否もそれに合わせます。 ビジネスの場合は、一般的にスピードと合理性を要求されるため、「時下」という言葉を用いて簡略に書き出します。但し、この場合も書き言葉の場合は「拝啓」等を忘れないようにします。

1月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチは、相手に届くのは話し言葉なので、漢語を避けると効果的です。 例文としては、 「新年を寿ぎ、謹んで新年のお慶びを申し上げます。寒さ厳しい折ですが、皆様お変わりなくお過ごしのご様子と拝見します。」 「初春の光さやけき中、穏やかに年も開け、皆様におかれましても益々ご健勝のご様子、お祝い申し上げます。」、 「新春の候、謹んでお祝い申し上げます。いよいよ寒気が募る時期ではありますが、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのご様子、お祝い申し上げます。」 等、新年の挨拶とともに季節的な寒さにも触れておくとよいでしょう。

1月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙は書き言葉主体となるため、読みやすさとともに見た目の美しさに配慮が必要です。漢語を使うのも良いでしょう。例文としては、 「拝啓 初春の折、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。」 「拝啓 寒い日が続いておりますが、ご家族そろって新しい年を迎えられたと存じます。」 「拝啓 暖かい年明けとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」 「拝啓 七草の候、如何お過ごしでしょうか。」 「拝啓 小寒を過ぎ、寒さも厳しくなりましたが、お元気でしょうか。」 等です。季節の移ろいに合わせて書き出しも変えていくことが大切です。

1月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

挨拶は、正に時候の挨拶から始まるため、その時期に合った書き出しが必要です。例文としては、 「新春の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」 「新春を迎え、お健やかな日々をお過ごしのこととお喜び申し上げます。」 「例年になく暖かな日々が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。」 「年が改まり、厳しい寒さの中にもすがすがしさが感じられる今日この頃ですが、如何お過ごしでしょうか。」 等が挙げられます。時候の挨拶をするとともに、伝えるべき用件に滑らかに続いていくよう配慮することが大切です。

1月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールは手紙や挨拶と異なり、親しい人を対象と限定されます。改まった挨拶や目上の人にはメールであいさつ文を伴う文章を発信すべきではありません。そのため、カジュアルな書き出しが多くなります。例文としては、 「松の内も過ぎ、寒さ厳しい時期となりましたが如何お過ごしでしょうか。」 「寒さ厳しく、寒魚も美味しい季節となりました。」 「庭木の梢にも冬の花が満開の時期となりました。そちらのお住まいでは如何ですか」 等です。時候の挨拶とともに、近況を知らせたりする文章が入っても構いません。

1月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスにおいては、主に会社と会社の挨拶となるため、改まった文章になるとともに、余分なことは極力避けた簡略な書き出しが一般的となります。例文としては、 「初春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」 「極寒の候となりましたが、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」 「新春のみぎり、記者ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」 「時下、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」 時下は季節を問わず用いることができますが、ビジネス以外では使用しません。

1月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

日本は敬語が発達しているのと同様に、季節の挨拶1月上旬の挨拶の書き出しは、挨拶を伝える場面や媒体によって、その書き出しが異なります。また、挨拶する相手によっても用いるべき媒体が異なります。手紙は、自分と同格や目下の方、親しい友人等に使えるのは勿論、目上の方が相手の場合にも使えますが、メールは日本ではまだ手紙ほど浸透しておらず、例にかなったものとはみなされないために、目上の方への挨拶には使いません。 ビジネスの場合、挨拶をメールで行うこともありますが、手紙などと同様に改まった文章が要求されます。

1月上旬の挨拶の結びのポイント

季節の挨拶1月上旬の挨拶の結びのポイントは、その結びの言葉によって、相手が気持ちよく手紙やメールを読み終えたり、スピーチや挨拶を聴き終えることができるようにすることです。 そのためには、相手や主文の内容によって使い分け、簡潔に結ぶことです。結びの文章が長くなってしまうと、主文が相対的にぼやけてしまい、手紙やメール、スピーチや挨拶のいずれの場合でも、主に伝えたいことがぼんやりしてしまいます。 そのため、手紙等では特に寒さを気がけて相手の安寧を願う言葉などで結び、ビジネスの場合には内容の協調や確認で結びます。

1月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチにおいては、聴いてくれた相手へのお礼を必ず入れます。例文としては、 「簡単ではございますが、以上をもちまして私のご挨拶とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。」 「お寒い中ご清聴頂きましてありがとうございました。」 「以上をもちまして、甚だ簡単で恐縮ですが、新年のご挨拶とさせていただきます。ご清聴頂きありがとうございました。」 「最後に、皆様のご健勝とご発展を祈念いたしまして、私の新年のご挨拶とさせていただきます。ご清聴ありがとうございまいた。」

1月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙は、拝啓等で書き出した際には、敬具、草々等で結びます。例文としては、 「酷寒の折、くれぐれもご自愛ください。 敬具」 「厳寒の折、皆様におかれましてもお風邪など召されぬよう。 草々」 「皆様のご健康をお祈りしつつ、まずは寒中のお見舞いまで。 敬具」 「暖冬とは申しますが、どうぞお体おいとい下さい。 敬具」 「寒さ厳しき折、どうぞご自愛くださいますよう。 敬具」 親しい方などに出す手紙ならば、くだけた表現も可能です。例文としては、 「まだ寒い日々が続きます。風邪などひかれないように。」 「松の内も過ぎました。気を引き締めましょう。」

1月上旬の挨拶の使える結びの例文

挨拶の場合には、主文に応じてその結びが異なりますが、一般的には今後のことをお願いしたり、時候の挨拶をもって結びとします。 「今後ともよろしくお願いします。」 「今年もよろしくお願いします。」 「今年も、昨年同様宜しくお願いします。」 「寒い折、皆様もお体ご自愛ください。」 「寒い季節が続きます。どうぞご自愛ください。」 「初春とはいえ、まだまだ寒い季節です。お風邪など召されないよう、どうぞ健やかにお過ごしください。」

1月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールは目上の人には畏まった文章を発信しない分、親しい方などが相手のことが多くなります。そのため、結びの文章もあまり改まったものにすると、主文とかい離してしまいますので、注意が必要です。例文としては、 「本年も変わらぬおつきあいをお願いします。」 「今年もお互いがんばりましょう。」 「新しい気持ちで、今年一年もよろしくお願いします。」 「末筆となりましたが、今年もよろしくお願いします。」 「寒い季節です。風邪などひかないよう、気を付けてください。」

1月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスでは、書き出しや主文も要件を明確にするために簡潔に書かれているため、結びもまた簡潔にします。例文としては、 「まずはとりあえず、寒中のお見舞い申し上げます。」 「上記お願いした旨、よろしく願いします。末筆となりましたが、今年もどうぞお引き立てのほどよろしくお願いします。」 「まずは略儀ながら、書中をもって新年のご挨拶とさせていただきます。」 「本年もいろいろご指導を頂くこともあると存じますが、その節はよろしくお願いします。」

1月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

季節の挨拶1月上旬の挨拶において、結びは本文を受けて様々に変化することがありますが、その本質は、挨拶を受けた人が気持ちよい心地になることができるように、挨拶を切り上げる役割を果たすことです。 そのためには、各例文でも示した通り相手の安寧を祈ったり、今後の付き合いをよろしくお願いするような言葉が用いられます。特に1月上旬と言う季節では、新年の挨拶を含んだ結びになることもあります。但し、書き出しと同じことを結びに用いることは避ける必要があります。

1月上旬の挨拶の全体的なまとめ

季節の挨拶1月上旬の挨拶は、年の初めと言う季節の特殊性から、他の時期の挨拶にはない、新年の挨拶が含まれていることが特徴的です。既に別途賀詞交換や年賀状のやり取りをしている場合には、改めて季節の挨拶の中で触れる必要はないため、時候の挨拶として寒中の話題を持ってくることも可能です。 1月上旬は、年間を通しても最も寒い時期になりますから、その意味で時候の挨拶も特徴を有しています。寒い中で身体を壊さないよう、相手の健康を慮った結びを用いることも多々あります。 一口に季節の挨拶1月上旬の挨拶と言っても、手紙やスピーチ、対面しての挨拶やメールではその方法や内容は異なりますし、ビジネスで用いる場合も異なってきます。同じ1月上旬と言う特徴を持った時期の季節の挨拶であっても、どのような場面で行う挨拶なのか、或いはどのような相手に送る手紙やメールなのかで、その内容は異なりますし、書き言葉と話し言葉では、用いるべき言葉も違います。 同じ書き言葉である手紙とメールですが、この両者は送るべき相手が異なるため、用いるべき言葉も違います。 手紙も挨拶も、目上の方に向かって出したり行ったりすることが多いのですが、手紙が書き言葉であるのに対して、挨拶は話し言葉になりますので、用いるべき言葉は違います。 1月上旬の挨拶では、このようにその時期の特殊性を考慮し、同時に他の時期と同じように挨拶の手段や相手に応じて、その言葉や内容を変える必要があるのです。

pixta_7255671_S

結納の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

結納の挨拶については、スピーチ・手紙・メールなどはもちろんのこと、これらだけではなく、ビジネスなどにおいてもそれなりの内...

pixta_10893262_S

同窓会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

同窓会会長の挨拶は、同窓会の中では必ずあることです。一度だけというパターンもあれば始まりと終わりにあることもあり、この挨...

SU014_L

時候の挨拶4月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶で気をつけることはいくつかありますが、まずはどんな挨拶でも必ず季語を入れた文章にしておきます。4月の上旬に出す...

microphone

自治会長退任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会長退任の挨拶は、長年にわたる地域活動への理解と協力を得られたことを感謝するように心がけましょう。自治会長という責任...

pixta_12364802_S

少年野球保護者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

少年野球保護者の挨拶のポイントとしては、集まっている人に対しての挨拶を行います。まずは少年野球チームの主催をしているチー...

pixta_13743214_S

時候の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には四季があり古来から季節の訪れや季節の移ろいを感じたり楽しんだりする風習があります。3月は新たな出会いや別れ、生命...

Flowers

開業の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

開業をするにあたっての開業の挨拶のポイントは、開業するまでの間にお世話になったかたへの感謝の気持ちをはじめ、これからビジ...

SONY DSC

新入社員歓迎会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

新入社員歓迎会の挨拶のポイントにおいては、新入社員に対して入社に関するお祝いの言葉を述べる必要があります。入社式などでは...

P

PTA会長退任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

PTA会長退任の挨拶は、感謝に始まり感謝に終わると言っても過言ではありません。PTAの活動そのものだけでなく、会長として...

SONY DSC

季節の挨拶8月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶8月下旬の挨拶では、残暑の厳しい季節をなんとか乗り越えて少しでも秋の涼しさ・爽やかさを感じさせるようにして差し...

pixta_12946303_S

住職の挨拶やスピーチ...

住職の挨拶は住職が寡黙な性格であまり話が苦手な場合は長く...

pixta_2411424_S

子供見守り隊意見交換...

子供見守り隊意見交換会開催の挨拶は、例文中にも用いている...

pixta_3268185_S

中学校PTA会長就任...

中学校のPTA会長に就任したら、PTAの会合などでPTA...

pixta_10975678_S

季語の挨拶7月下旬の...

季語の挨拶7月下旬の挨拶は、盛夏の暑さが厳しいことを中心...