季節の挨拶3月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶3月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

3月上旬は春になったばかりです。その為季節の挨拶3月上旬の挨拶には春、特に早春に関する挨拶が適しています。暖かくなり始めた気候や残寒に関して相手への配慮をした挨拶も良い印象を与えます。

3月上旬の挨拶のポイント

3月上旬は春になったばかりです。その為季節の挨拶3月上旬の挨拶には春、特に早春に関する挨拶が適しています。暖かくなり始めた気候や残寒に関して相手への配慮をした挨拶も良い印象を与えます。また上旬はおよそ3月10日までを指して言いますから、ひな祭りなどに言及した挨拶文も季節を表した表現になるでしょう。反対に春分など、下旬に該当する言葉を用いるのは、明らかに上旬の発言というのでなければ避けたほうが無難でしょう。

3月上旬の挨拶の書き出しのポイント

季節の挨拶3月上旬の挨拶の書き出しでは、早春の候や早春のみぎりというように、語尾に候やみぎりという言葉をつけます。しかし格式張った印象もあるので、親しい相手に送る場合、いかがお過ごしでしょうかというように、柔らかい文章で続けると相手の印象をほぐす事ができます。ある程度の礼儀を必要とする相手には、益々ご健勝の事とお慶び申し上げますという例文で続けると良いでしょう。冒頭には3月全体に用いることが可能な弥生の候や、軽暖の候なども適しています。

3月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

口頭で話す場合は、早春の候などの書き出しでは相手に伝わらないこともあります。弥生の候など、意味がわかりやすい言葉なら用いても構いませんが、それ以外は避けるか、口頭で伝わりやすい文章にするのが望ましいです。例えば花の便りが聞かれるようになりましたや、桜のつぼみ、木々の芽吹き、日々の暖かさを感じるこの頃など、熟語ではなく言葉で説明している表現です。口頭では目に文章を見ることができないので、音だけでも伝わる言葉が適しています。

3月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合は文字が目に見えるので、漢字などの方が相手に意味が伝わりやすい場合もあります。また春になったばかりと書くより、早春としてしまった方が簡潔で要領も良いのです。勿論相手によっては、桜のつぼみも開いてきましたが、いかがお過ごしでしょうかというように、くだけた文章にしたほうが良い場合もあります。相手との親しさや手紙を送付する本題の内容に応じて、適宜相応しい方を選んで下さい。礼儀を重んじるのであれば頭語も付けたほうがより丁寧になります。

3月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

挨拶もスピーチ同様口頭で話しますから、熟語よりは丁寧な文章の方が良いでしょう。またいかがお過ごしでしょうかという相手の近況を尋ねる文章も不適切な場合があります。それは挨拶の場にいるメンバーが普段顔を合わせることが多い人たちの場合です。口頭で話せる距離にいるのに、生活はどうでしょうかと尋ねるのは不自然です。最近は暖かくなりましたねと同意を求める挨拶や、この街でも桜が咲き始めましたねというように、意見を共有するような挨拶が適しています。

3月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールは手紙同様、遠方にいる相手、頻繁に会えない相手に送ることが多いので、季節の挨拶を述べたあとで、いかがお過ごしでしょうかと近況を尋ねる表現も適しています。礼節を重視するのであれば頭語や萌芽の候など、格式張った文章にしても構いません。またご健勝やご活躍など、相手を賞賛する発言、反対にお変わりありませんかと心配する発言も適しています。事前に相手の活躍を見知っていたり、健康に関する不安を耳にしていた場合など、その時に応じた文にしましょう。

3月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネス文書の場合は、何度も顔を合わせたことのある相手でも、礼を重んじるのが基本です。頭語や時候の挨拶は必ず入れましょう。また直接の送付相手だけではなく、関わっている部署の方、ひいては会社全体へ向けての挨拶も重要です。何何社の皆様に置かれましてはというように、複数系で書くようにしましょう。あるいは貴社益々ご発展、あるいはご繁栄のこととお慶び申し上げますというように、会社宛てとして文書を作成するのも有効です。

3月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

一口に3月といっても、上旬、中旬、下旬と細かい違いが生じてきます。春分の日は基本的に3月下旬ですから、上旬に相手に届く文書には不適切と言えるのです。3月の言葉だからといっていつ使っても良いのかをまず確認しましょう。また文書ではまとまりがある時候の挨拶ですが、口頭で述べると1回聞いただけでは通じにくい言葉もあります。直接喋る場合は解りやすい言葉に置き換えて話してください。また相手との関係に応じてどの程度の礼儀を弁えるかも重要です。

3月上旬の挨拶の結びのポイント

3月の上旬は2月から変わったばかりでまだ寒いこともおおく、季節の変わり目とも言えます。その為、季節の挨拶3月上旬の挨拶では相手の健康に配慮してた発言が挙げられます。また3月から4月にかけて、学業や仕事面での年度の移り変わりでもありますから、その点に言及して相手を労わる文章も良いでしょう。花冷えや門出、新生活と言った言葉が時期的にも相応しいです。特にそういった事がない相手には、穏やかな日をお過ごし下さいという結びで終えるのも適しています。

3月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチの場合はどのような相手に向けてのスピーチなのかによって、相応しい結びが変化します。例えば卒業式などではその後の進路を見越して、良い門出になりますようお祈り申し上げますという結びが適しています。新しい職場や学校でも頑張ってくださいという応援メッセージも添えるとなお効果的です。またスピーチは多数の傍聴者に向けて発言する場合が多いので、相手の方を指す場合は皆様など複数系で述べるようにしましょう。

3月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙の場合はもし文頭で頭語を用いていれば、対応する結語を文末に添える必要があります。これらの組み合わせは決まっているので、間違えないようにしましょう。また文頭でお変わり無いでしょうかと質問しておいて、ご健康をお祈りしておりますというように病気が前提の様にも取れる発言をするなど、書き出しと矛盾する結び方をしないよう注意が必要です。文末も健康について触れるのであれば、気候が変わりやすいので、無理をせずご自愛くださいなどの形式にします。

3月上旬の挨拶の使える結びの例文

以上で挨拶とさせていただきますというような結びが望ましいですが、時候に即した言葉を入れたいのであれば、季節の変わり目なのでご自愛くださいの他、桜の花見が楽しみというような、春のイベントに関しての期待を入れると良いでしょう。イベントのスピーチではある程度の礼儀が求められますが、ちょっとした挨拶程度であれば、相手の配慮に限らず、春に期待する言葉を添える結びでも悪くありません。友人同士の集まりであれば、新年度も互いに頑張る旨の言葉も良いです。

3月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールでは、受信者の新生活を応援する結びや、健康に配慮した結びが適しています。また個人あてに送る場合で、相手が今まで仕事や勉強に集中し、忙しかった場合に温かい春の風を感じに外に出てはいかがですかというような季節を感る息抜きはどうですかと提案する形式も適しています。この例文は相手が普段から外に出ている場合には失礼に感じられるかもしれないので注意です。新年度の発展を祈る結びや、年度末の現在の多忙さを労わる形式も適しています。

3月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネス文書の場合は、まず結語を配することを忘れないでください。特に頭語に適した物であるかの確認は必須です。もちろん頭語を付けていない場合は不要ですが、ビジネス文書は付けるのがマナーとされています。より定型文になってしまいますが、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますというように、季節の用語を取り入れない文末も適しています。ビジネス文に関してはあくまで用件が重要である為、過剰に飾り付けた文章も不要なのです。

3月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

結びの文章も季節ごとに適した物があります。3月は特に学業や仕事における年の変わり目である為、年度末の多忙さや新年度へ向けての希望を取り上げて結びとする文章が多いです。年度末の多忙さに関しては、送る相手の健康を心配した形になり、新年度に関する結びの場合は門出の祝いや新たな挑戦への激励を込めた形式になっています。またビジネス文書の場合は下手に季節の言葉を考えず、貴社の発展を祈るというような、いつの季節でも使える文章で結ぶこともあります。

3月上旬の挨拶の全体的なまとめ

3月は季節で言えば春の初めです。その為桜を始めとする花の咲き始めや植物の芽吹き、2月の冬から抜け出したことで温暖になりつつある気候に関連した挨拶文が多いです。またその一方で、ひな祭りや卒業式と言ったイベントを絡めた言葉も適していますが、中旬や下旬のイベントに言及しないように注意します。卒業式といえば、学業や仕事の年度の区切りも3月です。そのことに言及した文章も季節の挨拶と言えるでしょう。書き出しの挨拶ではこれらを踏まえて、相手の方の近況はどうかと尋ねる形式が多く見られます。手紙やメールの場合は、遠方の相手に送る場合が多く、相手の状況がわからない場合が多いからです。一方スピーチや挨拶など口頭で述べる場合は、単に暖かいくなってきたと事実を述べたり、同意を求めるような発言が適しています。 反対に文末では、相手の方の健康や発展を願って結び形式が適しています。仕事が忙しくなる時期だけれども体を壊さないようにして欲しい、まだまだ寒さは残るので注意して欲しいというような形です。但し書き出しの文章と矛盾しないようにする必要があります。スピーチで同じ立場の方や友人同士の集まりであれば、ともに頑張ろうという形で占めるのも良いでしょう。

pixta_14276047_S

季節の挨拶4月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

4月下旬の挨拶のポイントとしては、東北を除く本州各地では桜がすでに散り、新緑が美しくなる季節です。4月下旬では桜もすっか...

pixta_13741601_S

営業の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

営業の挨拶のポイントとしては、社外に対して行うか社内に対して行うかで変わってきます。社外でも社内においても文章の形として...

pixta_16347200_S

同窓会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

同窓会というのは、昔ながらの友達に久々に会える場でありとても楽しみなことの一つと言えます。しかし、久々なこともあり緊張し...

pixta_7262368_S

季語の挨拶8月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には美しい四季があり、その四季ごとに決まっている季語や時候の挨拶文というのがあります。季語の挨拶8月上旬の挨拶では8...

pixta_12131787_S

通夜振る舞い前の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

葬儀の前に行われるのが通夜です。そして一部の地域では、通夜の終了後に「通夜振る舞い」があります。「通夜振る舞い」は、通夜...

pixta_1103815_S

結婚式締め友人の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

ここではいかに、結婚式締め友人の挨拶としての挨拶文を自分なりに新郎新婦の片方あるいは両者の友人としての立場から、スピーチ...

pixta_12650499_S

季語の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶5月下旬の挨拶のポイントとしましては、やはりすごしやすい気候を強調し、あまり長々と話すというよりわかりやすく簡...

pixta_2177557_S

起工式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

起工式の挨拶のポイントでは、地鎮祭との区別をつけるか、同時に行うかによっても異なります。どちらも建物を建てる前に行う儀式...

pixta_6076425_S

年始の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

年始は仕事始めの時期でもあり、次の一年のスタートという意味合いからも重要度は高いです。ここでは、少しでも幸先の良いスター...

pixta_1933112_S

新役員就任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

新役員就任の挨拶の際にポイントになっていく部分は、就任者の紹介をコンパクトにまとめることです。それにと同時に会社の運営方...

pixta_11988977_S

喪主家族葬の挨拶やス...

家族葬は仏式一般葬のスケールを小さくして行われるものです...

pixta_7382677_S

町内会長の挨拶やスピ...

町内会というのは、その町の安全の為に自発的に活動をしてい...

Flowers

開業の挨拶やスピーチ...

開業をするにあたっての開業の挨拶のポイントは、開業するま...

pixta_2411424_S

子供見守り隊意見交換...

子供見守り隊意見交換会開催の挨拶は、例文中にも用いている...