季語の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候のあいさつは、それぞれの季節に合った言葉や季語を使って季節感を表現します。『季語の挨拶6月上旬の挨拶』では、6月上旬は梅雨入りのニュースが全国各地から聞こえてくる時期ですので、時候のあいさつも梅雨にちなんだものが多くなります。

季語の挨拶6月上旬の挨拶のポイント

時候のあいさつは、それぞれの季節に合った言葉や季語を使って季節感を表現します。『季語の挨拶6月上旬の挨拶』では、6月上旬は梅雨入りのニュースが全国各地から聞こえてくる時期ですので、時候のあいさつも梅雨にちなんだものが多くなります。6月上旬の挨拶では、「梅雨の季節ですがお元気にお過ごしですか」といった挨拶が定番です。メールやスピーチにも時候のあいさつは必須ですので、決まったフレーズをいくつか覚えておくと便利です。

季語の挨拶6月上旬の挨拶の書き出しのポイント

6月上旬は梅雨入りの時期ですので、「梅雨」「入梅」「梅雨冷え」「空梅雨」などの言葉が使われます。この時期は、徐々に気温が上がってきて、衣替えのシーズンでもあり学生服の半袖に初夏を感じさせる頃です。梅雨の合間に暑い日が続くときは、「薄暑」や「向暑」がピッタリの言葉になります。また、6月を象徴する花として「紫陽花」がよく使われています。目上の人への手紙やビジネス文書では、「○○の候」「○○のみぎり」といった漢語調の言葉を使うのが一般的です。相手が親しい方だとやわらかい印象を与えてくれる口語調の挨拶のほうが気持ちの伝わるものとなるでしょう。

季語の挨拶6月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

6月といえば、ジューンブライドですので、結婚式などで使えるスピーチの例文をまとめました。「今日は雨が降っていますが、昔から雨の日の花嫁は幸せになると言われています。」「雨に濡れたあじさいの色がひときわ鮮やかな今日、こんなに素敵な結婚式を挙げられて」「新緑の下、瑞々しい若鮎が川面に現れる季節となりました。」「梅雨の晴れ間の久しぶりの青空がまるで二人の門出を祝福しているかのようです。」「初夏のさわやかな風が気持ちのよい季節となりました。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

「紫陽花の色が日ごとに深まってまいりました。皆様にはますますご健勝のことと、心よりお喜び申し上げます。」「梅雨に濡れた木々の緑がより一層濃さを増してまいりました。皆様におかれましてはいよいよご清祥のことと存じます。」「早いもので今年も衣替えの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。」「入梅の候、皆様お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。」「薄暑の候、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと承り、何よりと存じます。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

「衣替えを迎え、道行く人の装いにも半袖が目立つようになりましたが、いかがお過ごしですか。」「梅雨の前触れでしょうか、昨日今日と湿っぽい風が吹いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。」「入梅の頃となり、うっとうしいお天気が続いております。その後、お加減はいかがでしょうか。」「梅雨前線の動きが気になりますが、皆様お変わりありませんか。」「雨が降ったり止んだりと、はっきりしない天気が続いています。ご家族の皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

「梅雨前線が近づいてきましたが、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。」「入梅を控えて不安定な空模様が続いておりますが、○○様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」「初夏のやわらかな日ざしが若葉に降り注ぐ頃となりました。皆々様ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。」「麦秋の候貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」「梅雨の候皆様におかれましてはいよいよご清栄のことと存じます。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

「紫陽花の候貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」「向暑の候貴店におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。」「芒種の候貴会におかれましては、ますますご隆盛の由、大慶の至りに存じます。」「麦秋の候ますますご清祥の由、心よりお喜び申し上げます。」「入梅の候ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。」「梅雨の候○○先生には、いよいよご壮健にてご活躍の段、慶賀の至りに存じます。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『季語の挨拶6月上旬の挨拶』の書き出しは、梅雨の晴れ間を喜んだり待ちわびたりするような表現がよく使われます。6月は梅雨入りの時期ですが、その年の天候や地域によっては空梅雨のところもありますので、遠方の方への手紙を出す場合は、相手の居住地の天気のニュースなどの情報を頭に入れて季節の言葉を選ぶことが必要です。時候のあいさつは、自分なりのセンスを生かせる部分です。堅苦しい決まり文句にとらわれず自由に季節感を表現してみるのもいいでしょう。

季語の挨拶6月上旬の挨拶の結びのポイント

結びのあいさつは、手紙や挨拶を締めくくるもので、相手の今後の健康、活躍を祈る言葉や自分からのお願い事、用件を結ぶ言葉などがあり、いくつか組み合わせて使うことができます。相手の健康を気遣う言葉で結ぶときは、季節の言葉に沿ったものにします。目上の方への手紙やビジネス文書では、今後の指導、付き合いを願う言葉で結ぶのが一般的で、「ご厚誼を賜りますよう」「ご指導ご鞭撻いただきますよう」などの決まり文句があります。相手に教えを請う姿勢を示すことが」できるので、ビジネスシーンでは欠かせない挨拶です

季語の挨拶6月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

「ジメジメとうっとうしい日が続きますが、気分はからりと爽快にお過ごしください。」「紫陽花が大輪の花を咲かせ、お二人を祝福しているかのようです。末永いお幸せをお祈りいたします。」「梅雨の晴れ間の青空のような、明るくさわやかな家庭を築いてください。」「この初夏の青空のように、お二人の前途がすばらしいものであることをお祈りします。」「雨降って地固まるといわれますように、今日の雨がお二人の絆をより強くしてくれるでしょう。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

「天候不順のみぎり、くれぐれもお体を大切になさってください。」「梅雨寒の時節柄、お風邪などお召しにならぬよう、おいといくださいませ。」「うっとうしい毎日ですが、どうかくれぐれもご自愛ください。」「蒸し暑い日が続いておりますが、益々ご健康でご活躍のほどお祈りいたします。」「梅雨空に気持ちが滅入ってしまいがちですが、どうぞお健やかにお過ごしください。」「紫陽花が咲き誇る季節、一層のご活躍をお祈り申し上げます。」「雨ばかりの毎日、健康にはくれぐれもご留意くださいませ。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の使える結びの例文

「梅雨冷えの肌寒い日もありますので、体調を崩されませんよう、お元気でお過ごしください。」「長雨の季節でもありますので、体調を崩さないようお気をつけください。」「梅雨が明けたらまたお会いして、情報交換いたしましょう。」「うっとうしい毎日ですが、気持ちだけは爽やかに過ごしましょう。」「雨の外出も風情があるものです。わが家の庭のあじさいも見ごろを迎えています。」「たまの晴天の外出も楽しいものです。今度一緒に出かけませんか。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

「長雨の折、くれぐれもご自愛ください。」「時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。」「蒸し暑い毎日ですが、体調を崩されませぬよう、皆様の健康をお祈り申し上げます。」「雨に映える紫陽花を眺めながら、雨のシーズンを楽しみましょう。」「爽やかな初夏のみぎり、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」「梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。どうぞお体を大切になさってください。」「季節の変わり目に体調を崩さぬようご用心ください。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

「田の緑が日に日に茂るがごとく、社業がさらにご発展されますようお祈りしますとともに、今後も倍旧のご厚情をお願い申し上げます。」「梅雨の季節を迎えました。皆様のご活躍を心からお祈り申し上げます。」「梅雨冷えの折、ご自愛されつつ、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。」「蒸し暑い日が続いております。時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます。」「紫陽花の折、さらなるご活躍をお祈り申し上げます。」「時候不順の折、ますますご自愛下さいますよう、念じあげます。」

季語の挨拶6月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

結びのあいさつでは、そのときの気候に適した季節の言葉を述べつつ、相手の健康を気づかう文章で締めくくります。『季語の挨拶6月上旬の結びの挨拶』では、梅雨の時期は、湿度が高く、むしむしとした暑い日が多くなる一方、時折、肌寒さを感じることもあるため、体調を崩す人が多くなります「梅雨冷え」「梅雨寒」という言葉を使い「梅雨冷えで体調を崩さないよう・・」といった結びのあいさつがよく使われています。また、書き出しのあいさつと結びのあいさつの表現が重複しないように注意することも必要です。

季語の挨拶6月上旬の挨拶の全体的なまとめ

『季語の挨拶6月上旬の挨拶』のまとめですが、四季の移り変わりや行事の季語を織り込んだ時候のあいさつは、日本ならではの美しい風習のひとつです。ある程度決まったフレーズや言葉もありますが、自分が素直に感じた季節感を上手く表現できれば心のこもった素敵な手紙になるでしょう。雨に濡れた紫陽花や木々の緑は一層美しく感じるものです。雨の季節ならではの美しい自然の風景を、感じたままに言葉にしてみれば、趣のある季節のあいさつを作ることができます。6月上旬は梅雨入りし、ジメジメして気分的にもすっきりしない天気が続きます。季節感のある手紙をもらうと、うっとうしい雨も風情を感じるものとなるでしょう。また、手紙をもらった人は、書き手を思いながら手紙を読み返す楽しみを味わうことができます。ただ、ビジネスシーンでは、決まった定型文を使ったほうが、より丁寧な印象の手紙になります。また、6月はジューンブライドでもありますので、結婚式のスピーチを頼まれる機会が多くなります。梅雨時の季節のあいさつとして「梅雨冷え」という言葉が使われますが、「冷える」は忌み言葉にあたりますので、結婚式のスピーチでは不向きなので注意が必要です。

pixta_14833112_S

入社式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文やビジネス手紙・メー...

入社式の挨拶は、新人社員との初めてのコミュ二ケーションです。新入社員は、緊張で眠れないまま出勤しているかもしれません。希...

pixta_8369567_S

PTA運動会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

PTA運動会の挨拶は外で生徒や保護者の皆様が聞いていますので、あまり長くなり過ぎないように注意することが大事になってきま...

pixta_13838840_S

通夜喪主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

一般的に葬儀や告別式が行われる前に通夜があります。通夜では弔問客が訪れてお焼香をします。最後には通夜振る舞いの席があり、...

pixta_7763210_S

葬祭における葬儀委員長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

葬儀委員長は葬儀における進行役に該当し、喪主とは異なり遺族ではなく町内会長や社長などが務めることが多いです。葬祭における...

pixta_12425338_S

季語の挨拶9月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶9月上旬の挨拶のポイントは、季語を的確に使うことです。初秋、早秋、爽秋、新秋など、その季節にみあったものを選び...

pixta_12938313_S

時候の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

10月下旬になると朝晩など気温が下がり、毛布をかぶるなどときに寒く感じることもあるかもしれません。また街の街路樹や山の木...

pixta_428679_S

同窓会幹事の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

同窓会幹事の挨拶は初めての開催や成人式の後、数年ぶりなど同窓会がいつ開催されるのかに注意して言葉を考える必要があります。...

pixta_14717052_S

親顔合わせの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

親顔合わせの挨拶はまずははじめに新郎になる方が自分の両親の紹介からはじめます。両親の紹介などが終ったらあまり長く話さない...

ビジネスシーン

仕事納めの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

年末など一年間の締めくくりの仕事納めの時期、仕事納めの挨拶をする人も多いのではないでしょうか。やはりこの仕事納めの挨拶は...

pixta_14817236_S

時候の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶1月下旬の挨拶のポイントですが、1月下旬では一年で最も寒い季節でもあるので「大寒」「厳寒」「厳冬」などの言葉が...

pixta_6519915_S

謝恩会の挨拶やスピー...

謝恩会の挨拶の場合は、学校の先生方や地域の方々等、在籍中...

pixta_959653_S

津波避難誘導訓練の挨...

津波避難誘導訓練の挨拶のポイントですが、訓練前に行うとき...

pixta_13650069_S

PTA新聞での会長の...

PTA新聞での会長の挨拶をする場合は、PTA新聞の主なテ...

pixta_9032092_S

年頭の挨拶やスピーチ...

一年の最初の挨拶である年頭の挨拶。この年頭の挨拶はとても...