季語の挨拶11月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶11月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶11月上旬の挨拶を行う場合は、挨拶をする相手との関係を考えて、11月という季節に関係した言葉を使うことが大切です。一般的に11月上旬になると二十四節気のひとつの立冬になり、冬の到来を告げる季節となります。従って11月の挨拶には「冬」に関係する言葉を入れるのがポイントです。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のポイント

季語の挨拶11月上旬の挨拶を行う場合は、挨拶をする相手との関係を考えて、11月という季節に関係した言葉を使うことが大切です。一般的に11月上旬になると二十四節気のひとつの立冬になり、冬の到来を告げる季節となります。従って11月の挨拶には「冬」に関係する言葉を入れるのがポイントです。11月に関わらず、お世話になっている人に季節ごとに四季に関係する言葉を入れて挨拶状を送ることで、季節の移り変わりを感じることができます。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の書き出しのポイント

季語の挨拶11月上旬の挨拶状の書きだしは、11月を意識した時候の挨拶から始めるのが基本となります。11月は秋が深まり、紅葉が燃える時期です。また、冬支度が始まる時期でもあります。初霜や初冬など、冬の到来を予感させる季語を使用すれば、季節の移り変わりを表現できます。11月に様々なシーンで行われる代表者によるスピーチでは、冬の訪れを感じさせる言葉やエピソードや、年末らしい話題を取り上げるのがポイントです。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

11月上旬スピーチを行う場合は、11月にぴったりな季語や時候の挨拶を使用するのがポイントとなります。まず、「本日はお忙しい中お集まりくださいまして、誠にありがとうございます。」という冒頭のお礼の言葉から始まり、「小春日和の今日この頃、皆様、お元気にお過ごしでしょうか。」「日に日に寒さが感じられる季節となりましたが、皆さん体調管理のほうは大丈夫でしょうか」などと続けると11月らしいスピーチになります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

季語の挨拶11月上旬の挨拶状を親しい人に出すときの最初の部分をまとめてみると、「秋も一段と深まってまいりました。最近朝晩がひんやりとして肌寒く感じる日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか。」「山のもみじが真っ赤に燃えて秋の深まりを感じさせてくれる季節となりました。皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。」などがあります。「秋」「もみじ」「ひんやり」などや晩秋や冬の訪れを感じさせる言葉を入れるのがポイントです。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

11月に出す手紙の書きだし部分としてよくあるのが、「晩秋の候」「菊花薫る季節」「深秋のみぎり」「晩秋のみぎり」などです。「晩秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。」などは、11月の季節の挨拶状の書きだしとしてよく使われるフレーズです。また、「拝啓時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」もよく使われます。「時下」は、11月に限らず一年中使えるので覚えておくと役に立ちます。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールで11月の季節の挨拶する人もいます。あまり会っていない人には、「御無沙汰しております。○○です。最近朝晩寒くなり、冬がもうすぐそこまで来ているようです。そちらはもう雪が降る頃ですね。お変わりなくお過ごしでしょうか。」「枯葉舞い散る季節となり、冬の足音が近づいてきています。いかがお過ごしでしょうか。」などと寒くなってきていることや、相手の近状を訪ねる内容を続けて書くようにすると季節の挨拶状っぽくなります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスシーンでお世話になっている会社関係者に送る季節の挨拶状でも、個人的な季節の挨拶状と同じように、「○○の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」などと「○○の候」から書き始めるようにします。「○○」には、「晩秋」「紅葉」「小春日和」「深秋」などの11月上旬に相応しい季語を入れる必要があります。そのあとに「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」と続けるのが定番となっています。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

季語の挨拶11月上旬の挨拶の書き出し部分は、11月に相応しい季語から始め、「いかがお過ごしですか」「ご家族様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます」などの安否の挨拶を付け加えるのが基本です。また、11月の季節の挨拶状だけではなく、どんな季節でもハガキや手紙を書く場合は、拝啓、拝呈、啓上、啓白などの「頭語」を文の最初に入れると丁寧な挨拶状になります。目上の人に出す挨拶状には場合は入れることをお勧めします。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の結びのポイント

季語の挨拶11月上旬の挨拶の結びでは、相手の健康を気遣う言葉を入れるようにすることが大事です。特に遠く離れていてなかなか会えないお世話になっている人などには、こまめに季節の挨拶状を送って「時候の挨拶」と「安否の挨拶」をすることが重要になってきます。「寒い日が続きますが体調を崩さないようにくれぐれもお気を付けください」など、体の心配をしているメッセージを入れることで、受け取る相手は温かい気持ちになります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

11月上旬に行うスピーチは、どんな場面で行うスピーチなのかを重視して内容を考える必要があります。例えば会社の社長が社員に向かって行うスピーチなら、11月なのでこれから歳末に入っていくことを意識しながら「今年も早いもので残り2ヵ月を切りました。皆さん、やり残したことがないように残り少ない一年を頑張っていきましょう。」などと、残り少ない一年を悔いのないように過ごしましょうという言葉を言う場合もあります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

季語の挨拶11月上旬の挨拶状を親しい人に出すときの最後の結びの部分ですが、「肌寒い日が続きますが、風邪など引かないようにお過ごしくださいませ」「朝夕の寒気が身にしみる時節となりましたが、体調にはくれぐれもお気をつけください」「そちらはそろそろ雪がちらつく時期になりますね。本格的に降り始めると雪かきが大変になりますが、どうかご無理をせずお過ごしくださいませ。」など、相手の健康を気づかう言葉を入れるのが一般的です。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の使える結びの例文

「早いもので来月で今年も終わりですね。お正月休みは取れそうですか。新年にお会いできることを心よりお待ち申し上げます。」など、送る相手と会えることを楽しみにしているという言葉や、「○○様やご家族の皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。」「年末は何かと忙しいでしょうが、体にだけは気をつけてお過ごしください。」など、11月の挨拶状では最後の部分で相手を気遣う言葉を添えるのが礼儀のひとつとなっています。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールを使って親しい人やお世話になっている人に11月の挨拶状を送るときの結びの部分は、やはり相手のことを考えて、「お気をつけてお過ごしください」などの言葉で締めくくると、受け取った相手も心遣いに感謝してくれます。例文としては「これから本格的に寒くなりますが、どうぞご自愛くださいませ。」「これから年末になり何かと忙しくなりますが、あまり無理をせず、体調にはくれぐれも気を付けて下さい。」などがあります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスシーンでお世話になっている取引先関係者に出す11月の挨拶状の最後の方は、「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」などと続けてから、「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げております。」「皆様の一層のご活躍をお祈りいたしております。」「社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。」などと書き、末文部分は「敬具」で締めくくると、作法にかなった礼儀正しい季節の挨拶状となります。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

季語の挨拶11月上旬の挨拶状の結び部分ですが、ハガキや手紙の一番初めに「頭語」を入れた場合は、敬具、拝具、敬白、かしこなどの「結語」を必ず入れることが大切です。また、結びの挨拶は送る相手によって内容を使い分ける必要があります。個人的に親しい人に送る季節の挨拶状には、相手の健康を気遣うコメントを、取引関係者なら相手の会社の繁栄や活躍を祈る言葉を添えることが基本となります。簡潔に書きあげるのがポイントです。

季語の挨拶11月上旬の挨拶の全体的なまとめ

季語の挨拶11月上旬の挨拶状はお世話になってる人に送ります。11月に入ってから挨拶状を送る場合は、「立冬」「霜月」「菊花」「向寒」「晩秋」などの言葉を入れるのがポイントです。立冬とは11月7日頃にあたり、一般的にこの時期から冬支度をする準備が始まります。霜月とは陰暦の11月のことをさしますが、手紙では新暦にも使われます。菊花は11月の季節の挨拶状によく使用される季語のひとつです。向寒は読んで字のごとく、これから寒い冬に向かっていくことを表す季語で、これも11月の季節の挨拶状によく使われるお馴染みの言葉です。晩秋も同じように11月の季節の挨拶状によく使用される季語で、晩秋という文字を見るだけで、秋が深まり、これから寒い12月に入っていくことを感じることができます。11月上旬に季節の挨拶状を出す場合は、こうした11月特有の季語を盛り込むことが大切です。疎遠になっている恩師や親族や知人などに送る季節の挨拶状は、最初に季節の挨拶文を書いた後に、「お変わりはございませんか」「最近めっきり寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか」など、相手の体調を気遣う言葉を続けるようにするのが基本です。

Microphone on table at conference

監査役就任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

監査役就任の挨拶のポイントとして、いつから就任することになるのかについてを示していきます。通常は株主総会において指名され...

Your health!

送別会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

送別会を開催することになったら、まずは定型文としての挨拶を把握しておきましょう。定型文とは、よく使われる言い回しのように...

pixta_14833112_S

入社式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文やビジネス手紙・メー...

入社式の挨拶は、新人社員との初めてのコミュ二ケーションです。新入社員は、緊張で眠れないまま出勤しているかもしれません。希...

pixta_10774071_S

納涼祭来賓の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

夏の蒸し暑い時期になると会社などで納涼祭が開かれる場合があります。その際、取引先などの納涼祭に招待をされ、主賓の挨拶を頼...

pixta_15905760_S

法事お返しの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

葬儀や告別式などの一通りの儀式が終わったあとにも節目ごとに「法要」や「法事」があります。死者が極楽浄土に行けるかどうかの...

Exif_JPEG_PICTURE

忌明け法要の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

人が亡くなってから四十九日が過ぎると「忌明け」になります。そして忌明けには遺族や故人の友人・知人たちを招いて「忌明け法要...

pixta_5084465_S

季語の挨拶7月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節に合った挨拶をするのはとても大切です。季語の挨拶7月上旬の挨拶のポイントとして知っておくべき事は、その時期はちょうど...

Business People Hand Shake Office City Concept

異動の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

異動の挨拶のポイントとしてはまずは現在の部署について記載をしなければいけません。異動先についてはこれからの事になりますが...

pixta_9006247_S

保育研究会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

保育研究会会長の挨拶のポイントでは、挨拶においては何らかの会、そしてその中でも定期的に行われている会であったり、勉強会な...

pixta_12653797_S

喪主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

喪主の挨拶には、多くの場合において長男が務めることがあります。喪主とは故人の生前に縁の深い人になるからです。

pixta_7803386_S

PTA総会会長退任の...

PTAの会長になったらいずれは退任する時が来ます。ここで...

pixta_13650069_S

PTA新聞での会長の...

PTA新聞での会長の挨拶をする場合は、PTA新聞の主なテ...

l

師走の挨拶やスピーチ...

12月は別名”師走”と呼ばれ、会社などでも忙しくなる時期...

pixta_16506221_S

町内会の挨拶やスピー...

地域での町内会の活動の中で、挨拶をしなくてはいけない場面...