季語の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶2月上旬の挨拶のポイントとして、季節の上ではもうすぐ春ということを意識した挨拶をすることをお勧めいたします。二月上旬といえば、気温的にはまだまだ寒い日が続いています。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のポイント

季語の挨拶2月上旬の挨拶のポイントとして、季節の上ではもうすぐ春ということを意識した挨拶をすることをお勧めいたします。二月上旬といえば、気温的にはまだまだ寒い日が続いています。そのことよりも少し先を意識して言葉を選んで、お知らせ内容を興味深く知ることができ、前向きに参加、協力を得られるような、温かいイメージを持った文章を用いた、スピーチや手紙、メールをお出しすることができれば物事もスムーズに運びます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の書き出しのポイント

「暦の上では春、しかし春とは名ばかりでまだ真冬のように寒く」等の季節の言葉を織り込みながらの文章を必ず、書き初めに持ってきましょう。そのあとに、「梅のつぼみがふっくらとしてきました。春はすぐそこまで来ています。」等の心が温かくなるような優しい文章を持ってくると、読まれている方の寒さがほっと和らぐことがありますので使用してみて下さい。その為にもその季節その季節にあった季語を使用されているのだと思います。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

皆様こんにちは、お体にお変わりはありませんでしょうか。季節の上では、春はもうそこまで近づいています。なのに、いつまでこの寒さは続くのでしょうか。しかし、公園にある梅の木をご覧下さい。少しずつですが、ふっくらと梅のつぼみもふくらんでまいりました。春を感じます。まだまだ寒いですが、春がすぐそこに来ているのが感じられ、私自身少しだけ寒さを忘れることができ、温かい気持ちになりました。皆様もぜひ、小さな春を探してみてください。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

雪がたくさん降っている地域の方がお手紙を出す場合には、「立春の候、今年は今までにない程の降雪があり、毎日忙しく除雪対処に忙しなくしています。春の近づきがなかなか感じられません」などの文章での書き始めもよいと思います。比較的暖かい地域の方の場合は、「立春の候、皆様方にはご活躍のことと拝察いたします。先日、公園を歩いていると梅の木があり、ふっくらとした蕾を見つけ春の訪れを感じました。」等の書き出しも良いです。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

・春寒のみぎり、皆様にはご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。日ごろから、私どもの活動にご支援・ご協力いただきまして誠にありがとうございます。・余寒の候、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃、本会の運営につきましては、格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。・立春の候、まだまだ寒い日が続いております。皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

・暦の上では春ですが、まだまだ冬のような寒い日が続いています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。きっと、皆様には変わらずご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます。そして、私どもの活動に多大なるご支援・ご協力を賜り心より感謝しております。・春寒の候、皆様にはお変わりなく、お元気でお過ごしのこととお慶びを申し上げます。春は、もう目の前です。今しばらく春の訪れをウキウキしながら待ちください。暖かい日差しが訪れます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

・立春の候、皆様にはますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております。皆様のお力添えのおかげで、私どもも時代の波に乗り遅れることもなく、邁進しております。いつも一方ならぬお力添えに賜り、誠に感謝しております。ありがとうございます。・立春の候貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。いつも格別なお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。おかげさまで、弊社の業績も伸びており、これひとえに貴社のご愛顧の賜と心より重ねてお礼申し上げます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

季語の挨拶2月上旬の挨拶をする際、季語を上手に利用して、相手にお知らせしたい内容が伝わる文章の制作をしていかなくてはいけません。そして、2月の季語は「春」を表す季語を使う時期となります。しかし、まだまだ寒い季節なので、なんか変な感じもしますが、春を感じさせる季語を使用してください。ただ、実際寒いので、送る相手の身体を気遣う文章を取り入れたものにしたほうが、送り手の温かさが伝わります。その辺を考慮して自分なりの言葉を用いて、お考えください。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の結びのポイント

手紙を締めくくる言葉によってその手紙の印象が大変変わってきます。送る相手によって内容は異なりますが、親しい相手への健康や幸せについての文面を、ビジネスで使用するのであれば、繁栄や活躍などを祈る気持ちを書くと良いです。どの方に送るものでも、きちんと自分の思いを込めた、思いやりの気持ちを添えて下し。挨拶の結びを丁寧に心を込めて書くことにより手紙を読まれる方に好印象の手紙になります。最後まで、手を抜かず行ってください。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

本日は、お忙しい中、私の話にお付き合いいただき誠にありがとうございます。今後の活動内容にご不明・ご質問等がございましたら、ご遠慮なく私にお申し付けください。お待ちしております。まだまだ、未熟者の私ですが、皆様のお力をお借りし今後とも成長していきたい所存でおります。厚かましいお願いではありますが、これからも、これからもご指導御鞭撻のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。日脚は伸びても、寒さはまだまだ厳しい今日この頃。どうぞ、お元気でお過ごしください

季語の挨拶2月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

日頃より私共の活動に多大なるご協力・ご支援をいただき誠に感謝いたしております。第1回○○会議が下記の通り開催されます。今後の活動についての計画内容が話し合われる大切な会議となっております、貴重な皆様のご意見を受け賜りたく今後の活動の参考にさせていただきたく存じますので、ご多用の折とは存じますが、ご出席くださいますようお願い申し上げます。立春も過ぎ、春を待ちわびる今日この頃、くれぐれもご自愛下さいますように重ねて申し上げます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の使える結びの例文

皆様の温かいご支援・ご声援のおかげで、ここまで進めることができました。私共の力だけではどうする事も出来なかったことを、ここまで進めることができたことを深く感謝しております。今後とも、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、皆様のお力で私共を支えていただき、良い方向に導いてください。厚かましいお願いをいたしまして申し訳ありません。未熟者の私共に、これからもご指導御鞭撻のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

大変ご無沙汰していたにもかかわらず、いろいろなお願いをしてしまい、大変失礼いたしました。私共の活動内容を理解し、応援してくださっている皆様に感謝の気持ちしかございません。誠にありがとうございます。これからも、皆様のご期待に応えるよう、誠心誠意頑張っていく所存でございます。まだまだ、力不足な私共でございますが、ご指導御鞭撻のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。これからもご指導御鞭撻のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

季語の挨拶2月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

・今後ともご支援ご愛顧の程お願い申し上げます。最後となりましたが、貴社の皆様のご健勝とより一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。まずはご挨拶かたがたお願い申し上げます。・日頃いろいろとお世話になっている気持ちとして、ほんの心ばかりの品をお送り致しました。どうか、ご笑納下さいますと幸いです。くれぐれもよろしくお伝えください。今後とも貴社の大いなるご発展を心よりお祈り申し上げます。・今後も第一線でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。ご健康と、ますますのご発展をお祈り致します。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

何より、送る相手のことを考えた文章を考えましょう。「お風邪など召されませんように、時節柄くれぐれもご自愛くださいませ」・「実り多き一年になりますようにお祈りしております」など、相手の健康面や今後の生活の繁栄等を願う文章などがおすすめです。ポイントでも書きましたが、最後まで手を抜かず送る相手のことを考え感謝の気持ちを込め丁寧意に書いていきましょう。ビジネスに使用する際も同様です。貴社に対する感謝の思いを綴ってください。

季語の挨拶2月上旬の挨拶の全体的なまとめ

季語の挨拶2月上旬の挨拶は暦の上では春ですが、まだまだ寒い候です。実際生活していてお分かりのように一年の中で二月が一番寒さが厳しい月でもあります。しかし、暦の上では立春を迎えるとされ、少しずつ春が訪れているということになっています。そのような季節の手紙の基本として、春を感じるような季語を用いての挨拶を始めにしながらも、まだまだ寒い日が続いていることをアピールするもよいと思います。ただ、寒いばかりを前面に出すのではなく、寒い中でも昼間の日差しが暖かくなった、東風が吹くようになった、他、私が例文で出したような、梅の木の実も膨らみ始めなどの文を用いるのも良いと思います。少しずつでも、春が近づいていることを伝えていくと、寒い季節でも、ホカホカの気分が少しでも味わえると思います。温か味のある時候の挨拶になりますのでこの季節には大変お勧めです。寒い緊張感が張り詰めた、この季節だからこそ、嬉しいお手紙になります。最後になりましたが、贈る相手、TPOにもよりますが、自分自身の言葉で伝えることにより、送る相手の胸に響くこともありますので、肩肘張らずに、自分らしい言葉を用いて、心からの感謝の気持ちを伝えることもとても大切です。忘れないでください。

pixta_15274153_S

卒業式PTA会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

卒業式PTA会長の挨拶は、そこに参加しているすべての人たちに心が届くように、表現と内容に工夫をすることが必要です。それは...

Exif_JPEG_PICTURE

忌明け法要の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

人が亡くなってから四十九日が過ぎると「忌明け」になります。そして忌明けには遺族や故人の友人・知人たちを招いて「忌明け法要...

pixta_4414107_S

季語の挨拶6月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

6月というと梅雨のじめじめした時期になります。もうすぐ夏を迎える事になる時期ですが、この時期は何かと体調管理が難しくなっ...

pixta_15096181_S

PTA会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

小学校の集会などで、校長先生の講話と同様、PTA会長の挨拶もよく設けられています。PTA会長に就任した際は、こうした集会...

pixta_2578594_S

勤続表彰の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

大卒者が就職してから60歳定年まで働くとした場合、約40年働くことになりますので、20年目に永年勤続表彰であればちょうど...

pixta_14814277_S

業績悪化時の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

業績悪化の挨拶のポイントとして最も重要なのは、それを今後にどのように活かすか、ということを明確にすることです。ただ単に業...

pixta_13956587_S

芸術鑑賞会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

芸術鑑賞会の挨拶は、芸術に関する広い知識の必要性を理解してもらう事が大切です。またその挨拶のポイントは、簡潔に述べること...

pixta_8369567_S

PTA運動会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

PTA運動会の挨拶は外で生徒や保護者の皆様が聞いていますので、あまり長くなり過ぎないように注意することが大事になってきま...

pixta_12057030_S

奉仕作業の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

町内での集まりなどで、奉仕作業などを行う場合があります。そういった場合に挨拶を頼まれた際、どの様な挨拶をしていけば良いの...

pixta_14817236_S

時候の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶1月下旬の挨拶のポイントですが、1月下旬では一年で最も寒い季節でもあるので「大寒」「厳寒」「厳冬」などの言葉が...

pixta_7958725_S

区民体育大会大会長の...

区民体育大会などこういった場所で、大会長として挨拶をしな...

pixta_7803386_S

PTA総会会長退任の...

PTAの会長になったらいずれは退任する時が来ます。ここで...

SONY DSC

家庭教師の挨拶やスピ...

家庭教師の挨拶のポイントとしては、礼儀や礼節重んじること...

pixta_10270296_S

結婚の挨拶やスピーチ...

女性側・男性側の両家のご両親に対して結婚の挨拶を行います...