時候の挨拶5月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶5月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶というのはその月をイメージすることができる、言葉や文章を取り入れることが大切です。手紙やメール、送る相手によって少しだけ言葉を変化させて、季語や文章の作り方などを構成することで、相手への気遣い、ビジネスで使うもの、プライベートで使うものとわけることができるようになります。

5月上旬の挨拶のポイント

時候の挨拶というのはその月をイメージすることができる、言葉や文章を取り入れることが大切です。 手紙やメール、送る相手によって少しだけ言葉を変化させて、季語や文章の作り方などを構成することで、相手への気遣い、ビジネスで使うもの、プライベートで使うものとわけることができるようになります。 頭語や結語、文章では敬語などにも気をつけて相手に伝える文章と相手を気遣うものを作るようにしておくといいです。挨拶もいろいろな場面で行うので、5月上旬なら、その季節や時期をイメージした言葉を必ず入れるようにしておきます。

5月上旬の挨拶の書き出しのポイント

時候の挨拶5月上旬の挨拶なら、青葉若葉のさわやかな季節、風薫る五月となりました、などの季節が少しずつ変化している、その時期にしか感じられない風景や風などを取り入れる言葉を選ぶようにするといいです。 時候の挨拶は、手紙の前文で頭語に続く書き出しの言葉なのですが、送る相手によって少しかたい言葉を使ったり、親しい人へのものなら軽めのくだけた表現にしてもいいかもしれないです。 頭語と文章ができるだけ合うように考えます。

5月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチなどでも挨拶をすることはありますが、このときは、手紙やメールなどで書くようなものではなく、言葉でいうものなので、伝わりやすいものを考えるといいです。 たとえば、風薫る五月となりました、というものでもいいのですが、ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか、というたずねるようなものでもいいかもしれないです。 手紙などではなく、口頭で伝えるものなので相手や聞き手の方がわかりやすい文章にすることが大切です。

5月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙に使える書き出しでは、まず頭語を書くようにしておきます。ときどきですが、頭語を書かなくてもいい、というものなどもありますが、たとえば、拝啓、のあとに、初夏の風が心地よく頬をなでてゆきます、というものや、風清らかな初夏の候ですが、皆様にはますますご多忙のほどお喜び申し上げます、というようなものを書いておくといいかもしれないです。時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます、というものでもいいです。

5月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

挨拶に使える書き出しはいろいろな場面で使えるものをいくつか覚えておくと便利です。 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます、というものや、風薫る五月となりました、という風に、季節を感じさせる言葉を書いておくのもいいです。 若葉の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます、というものもいいかもしれないです。夏を思わせる陽ざしに、早くも日陰が恋しいようです 、というその季節ならではの文章は伝わりやすいものになります。

5月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールで使うことができる文章は手紙でも使うことができます。 拝啓、新緑がまぶしい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか、というものもありますし、青葉が美しい季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか、と少しだけ季語や言葉を変えたりすることもできます。立夏を過ぎ 陽射しの中にも夏の気配が感じられます、というもうすぐ次の季節、ということを感じさせるようなものもいいです。 頭語や結語は親しい人へのものの場合、省略することも可能です。

5月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスの手紙などで書くことができるものにはいろいろなものがあります。ですが、これだけは忘れないようにしておくことには、頭語を忘れないようにしておくことです。もちろん、省略してもいいものなどもありますが、大抵のものの場合はつけておくようにしなければいけないです。 新緑の候、貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます、という書き方で少しかたい、しっかりとしたものを考えて送るようにしておくことが大切です。

5月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

各地で新茶の便りが聞かれる頃となりました。お元気でお過ごしでしょうか、という風に上旬がはじまりのもの、また、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます、という風に、どんな相手にでも使うことができるようなものもあります。時候の挨拶では、送る相手に伝わりやすいものを考えて書くようにすることです。 頭語は必ず、そして時候の挨拶のなかには季語をしっかりと含めることを忘れないようにしておくことが大切なのです。

5月上旬の挨拶の結びのポイント

時候の挨拶には結びの挨拶というものもあります。これは、きちんといくつか例文などもあるので、それを参考に挨拶の書き出しの例文などを少し変化させたものを書くようにするといいかもしれないです。 ですが、書き出しのものとは違い、文章の最後に書くものなので、結びの挨拶でしか使わない結語を最後に忘れないようにしておくことが大切です。 結語は頭語とセットになっているものが多く、頭語を書いたときにしか書くことがないものです。

5月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチに使える結び、というと、いくつもありますが、これからもご指導御鞭撻のほどをお願い申し上げます、というものや、今後とも、よろしくご指導のほどをお願い申し上げます、という風にこれからも、という意味を込めたものを考えて文章を作ってみるといいです。結び、ということで最後の文章になるのですが、手紙などと違い、スピーチの場合は少し固くなりすぎないようにしておくといいということです。 その場に合わせて作っておくようにします。

5月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙で使えるものというと、ますます御健康でご活躍のほど、陰ながらお祈りいたします、というものや、爽やかな風に身も心もリフレッシュできる季節です。お互いに頑張りましょう、という少しカジュアルな文章にすることも可能です。手紙で書くことができるものは、メールなどでも使うことができる文章が多いので、両方で使えるものを考えてみてもいいです。たとえば、末筆ながら皆様に、くれぐれもよろしくお伝えください、というものや、皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げます、というものもあります。

5月上旬の挨拶の使える結びの例文

挨拶に使える結びというと、まずは書中をもって御祝い申し上げます、というものや、時節柄、お身体ご自愛下さい、というもの、末筆ながら皆様に、くれぐれもよろしくお伝えください、という文章なども書くことができます。 取り急ぎ書中をもってお見舞まで、というものや、略儀ながら書中をもちまして一言御礼を申し上げます、というものなども作ることができます。 何にでも使うことができるものを考えて、例文を探してみてもいいです。

5月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールに使うことができる結びの文章は先にも書いたように手紙でも使うことができる文章が多いです。 まずは御無沙汰のお詫びかたがたお祝いまで、というものや、まずは書中をもって御祝い申し上げます、というものも書くことができます。また、季節の変わり目ゆえ、くれぐれもご自愛下さい、というものでもいいということです。 メールでは手紙と同じ感覚で考えることができる文章が多くあります。ですが、ビジネスと私用はきちんとわけるようにします。

5月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスに使える時候の挨拶5月上旬の挨拶結びでは、かための文章にすること、そして結語を忘れないようにしておくことが大切です。 たとえば、梅雨のはしりのように気まぐれな空の下、十分お体にお気を付けください 、というものも使うことができますが、その後には敬具、と書くようにします。また、いっそうのご発展とご活躍をお祈りいたしております、という文章などもあります。頭語とセットで使う結語を必ず忘れないようにしておくことが大切です。

5月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

時候の挨拶5月上旬の挨拶の結びでは、頭語と結語をビジネスでは忘れないことが大切です。 時候の挨拶は手紙やメールなどを送る人によって言葉遣いを気をつける必要があります。また、5月上旬と中旬、下旬では挨拶の文章に違いがあります。季語も違うので、その季節、その年のイメージができるようにしておくことが大切です。いつも同じ文章ばかりではなく、季語を変えてその年にしかない時候の挨拶文を考えるようにしておくといいかもしれないです。

5月上旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶5月上旬の挨拶では、いろいろな場面で使うことができる文章をいくつか考えておくと便利です。 季語として、残春の候、葉桜の候、緑樹の候などを文章の書き出しで使うこともできますし、その季節のイメージをその言葉で思い浮かべることができるようにしておくといいです。また、ビジネスでは、青葉の候、貴社いっそうご隆昌のこととお慶び申し上げます、というものや、万葉のみぎり、貴社いよいよご繁栄のこととお慶び申し上げます、という文章などを使うことができるので、いくつかあらかじめ例文を参考に、文章をメモしておくといざというときにすぐに書くことができるようになるので助かります。 5月上旬なのでその時期のイベントや花、風景のイメージをいくつか考えておいてもいいかもしれないです。 たとえば、清々しい五月晴れが快い季節となりましたが、皆様におけらましてはご健勝のこととお喜びいたします、という風に肌で感じる風と風景をあわせた文章などを利用することができるようになります。また、結びの挨拶などでは、風薫る新緑の中、皆様のますますのご健勝をお祈りいたします、という風に木々の様子を伝えることで変化を感じてもらうようにできてとてもいいです。

business people

退任式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

退任式の挨拶のポイントとしては、どのような職務について退任をするのかについてを話します。一人だけの退任式の場合は事前に知...

pixta_13204448_S

上棟式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

上棟式の挨拶のポイントとしては、上棟式を迎えられたことについて感謝することばを入れていきます。建物を建てるときに行う儀式...

pixta_11742561_S

結婚式で新郎父の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

結婚式で新郎父の挨拶というのは式の最後に行われるのが通例です。来ていただいた人への謝辞を両家を代表して行うものです。

pixta_5164721_S

竣工式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

自分の会社を建てる際など、建物が完成した際”竣工式”が行われる事があると思います。建物が無事完成したことを皆に披露し、ま...

pixta_8447660_S

新規取引の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

会社で仕事をしていると、新規取引のお客様が決まった際、挨拶をする機会があると思います。そういった場面に遭遇した際、どの様...

pixta_13167652_S

時候の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

時候の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると暦の上では「立冬」と言われ「晩秋」というような表現もされま...

pixta_5243436_S

宴会締めの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

楽しい宴会での挨拶には、盛り上がりや宴会の意味を伝えます。そのスピーチの例文から印象に残る宴会締めの挨拶が作られます。そ...

pixta_2578595_S

優良事業所表彰主催者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

優良事業所表彰主催者の挨拶のポイントでは、何のために設定された表彰で、何回ぐらい行われているかについて話をすることがあり...

pixta_6845571_S

開校記念PTA会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

開校記念PTA会長の挨拶のポイントとして、周年記念となる区切りの良い年数での式典が開催されるのが一般的であり、中学校を例...

pixta_15203425_S

季語の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

春は、卒業式や転勤など別れの季節でもありますが、新しい生活への準備に心弾む時期でもあります。3月下旬ともなると、冬の寒さ...

young man and traveling luggage staning in front of air plane taxi on airport runways preparing to fly use  image as people journey by air transport background

海外での挨拶やスピー...

海外での挨拶のスピーチでのポイントは、文化や習慣が異なる...

pixta_9558099_S

春の挨拶やスピーチに...

春になると様々なことで挨拶をする事があると思います。その...

pixta_4393883_S

中学校卒業式の挨拶や...

中学校の卒業式は、義務教育の最後を飾る貴重な式典です。そ...

ビジネスシーン

仕事納めの挨拶やスピ...

年末など一年間の締めくくりの仕事納めの時期、仕事納めの挨...