時候の挨拶6月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶6月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶というのは、スピーチや手紙、ビジネス文書など様々なシーンで必要になるものです。この挨拶は季節によってアドリブを加えて、その時期にふさわしい物言いにしなければなりませんし、場合によっては天気などの変わりやすいものも取り入れた挨拶が必要になります。

6月下旬の挨拶のポイント

時候の挨拶というのは、スピーチや手紙、ビジネス文書など様々なシーンで必要になるものです。この挨拶は季節によってアドリブを加えて、その時期にふさわしい物言いにしなければなりませんし、場合によっては天気などの変わりやすいものも取り入れた挨拶が必要になります。そのため、複数の例文を用意しておいて、その時になってふさわしいと思われるものを利用するというのが理想的ではありますが、まずはどういったものがあるかを知る必要があります。

6月下旬の挨拶の書き出しのポイント

時候の挨拶6月下旬の挨拶の場合には、衣替えや梅雨入りなどが大きな節目となります。上旬は入梅ですが、中旬は単に梅雨時期、下旬になると梅雨があがってくる時期ということになりますので、時期によってきちんと使い分けるように注意が必要です。時候の挨拶6月下旬の挨拶の代表的な語句としては、梅雨晴れや初夏、向暑などがつかわれます。いずれも梅雨が終わって夏に移行する、やや蒸し暑さを感じる時期という扱いになっています。

6月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチで使う場合には、話をする日の天気を考慮しておく必要があります。6月下旬となると、梅雨も明けてきて暑く晴れた日もみられるようになりますので、晴れた場合と雨が降った場合でパターンを用意しておくとよいでしょう。結婚式のようなおめでたい日に腫れた場合には、梅雨時期にもかかわらず、二人のために晴天に恵まれたといった言い回しもよいですし、逆に雨の時にはこの雨が二人の絆をより強固にするでしょうといった前向きな言い回しがおすすめです。

6月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合には、天気を気にする必要がありませんので基本的に定型文での連絡になります。時候の挨拶6月下旬の挨拶の例文としては、「初夏の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」というように、6月下旬にふさわしい語句を用いて相手を気遣うとよいでしょう。遠方の場合には、気温や湿度、天気などはわかりにくくなりますので、定型文で送ったほうがかえって無難な場合もあります。親しさに応じて口調は変えましょう。

6月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

単純に挨拶としてやり取りする場合には、相手との距離感を考慮しつつ、「お元気ですか?」といった問いかけを入れるのもよいでしょう。口頭で挨拶をする場合には「暑くなりましたね」などの言葉で通じますが、文章の場合には、その時期の様子と相手への気遣いをセットで書いた方が安心です。空梅雨で雨が降らないとき、雨が逆に長続きしているときなどは、相手に体調を崩さないようにという気持ちも込めておくとなおよいでしょう。

6月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールの場合には、リアルタイムで相手に連絡がいきますので、その時点にふさわしい例文を使いましょう。親しい間柄であれば「梅雨がやっと開けてきたけど、元気?」というようなくだけた言い方でもよいですが、目上の人に送るときにはメールであっても「梅雨晴れの候、いかがお過ごしでしょうか」などの丁寧な言い回しを使うようにしたほうがよいでしょう。手段ではなく、相手への礼儀によって文面を変える必要がありますので注意しましょう。

6月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネス文書においては、時候の挨拶は個人ではなく会社に対して送ることも多いです。そのため、例文も個人に対してのものではないものを選びましょう。例えば、「向暑の候、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」のように、「皆様」や「ご家族」といった個人を特定する単語を入れずに作成するのがポイントです。また、ビジネス文書の場合には、要件が重要な意味を持ちますので、礼節を欠かない程度にシンプルにしましょう。

6月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

このように、書き出しも相手がいつ見聞きするかによって例文の選び方がありますし、相手との距離感や相手が個人化法人かによっても使える語句が限られてきます。これらのポイントは普段気を付けていればそれほど大きな間違いをすることもありませんが、どのような手段の連絡であっても必要な文言ですので、複数パターンの挨拶がすぐに言えるようにしておいたほうがよいでしょう。下旬に限定した語句も多いので、一度調べておきましょう。

6月下旬の挨拶の結びのポイント

結びの挨拶に関しては、その時期に絡めたものを入れるときにはふさわしい表現かどうかを確認しておきましょう。通常、時候の語句に「くれぐれもご自愛ください」などの言葉を付けて結びの文章としますが、挨拶のところで同じような書き出しをしているときにはしつこく感じられる場合もあります。そのときには、特に時候に関わる語句を使わずに結びの言葉としてもかまいません。文章全体のバランスも見ながら適切な表現をしましょう。

6月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチの場合には、ご自愛くださいといった言い回しはあまり合わないことも多く、「梅雨空が続いていますので、お気をつけてお帰りください」や「夏が近づいてきましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りしつつ、結びの言葉とさせていただきます」などの言い回しをします。シチュエーションにもよりますので、天気が移り変わる場合には気を付けつつ、無難な表現になるものをいくつかピックアップしておいた方がスムーズに話せるでしょう。

6月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙の場合には、送った相手やその家族を気遣うような文言にします。「梅雨もそろそろ終わりに近づきますが、暑さに負けないよう、くれぐれもご自愛ください」などのような書き方がよいでしょう。相手によって口語体のこともあれば漢語調になることもありますので、挨拶の文章や内容と合わせた書き方にすることが大切です。手紙を出す相手が遠方で、気温などがこちらと大幅に異なるときには、時候の句を入れないのも一つの方法です。

6月下旬の挨拶の使える結びの例文

挨拶の場合には、相手にさわやかな印象を与えるような書き方にも気を付けましょう。季節を表す語句といっても、梅雨空などの表現はじめじめした印象を与えますので、梅雨明けが近いときには初夏や向暑などの言葉を使った方が明るいイメージを与えられます。基本的な書き方は手紙と同じですが、気軽な挨拶の場合には、文体を統一させたり季節の語句を省いて簡単に「ご自愛ください」という言葉などを入れるのもスマートな印象です。

6月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールの場合でも目上の相手に対しては同じように丁寧な結びの言葉を入れる必要があります。ただし、手紙などと違って、長文になると端末によっては読みづらくなることもありますので、普段の関係性によっては簡単に「お体をご自愛ください」などの気遣う言葉だけで終えることもよくあります。相手が礼儀正しい文章を望んでいるか、要件をメインとした、簡単なやりとりを希望しているかによっても書き方が異なりますので気を付けましょう。

6月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネス文書の場合には、定型文を使うことが多いですし、冒頭で季節の挨拶をした場合にはあまり結びの言葉は長々と書きません。「最後になりましたが、御社のご発展をお祈りいたします」「初夏の候、皆様にはくれぐれもご自愛ください」などの書き方が適切ですが、用件がメインの場合には時候の挨拶を使った結びまで入れないほうが文章全体のバランスがよくなります。逆に、「用件のみにて失礼します」といった書き方になることもあります。

6月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

挨拶の結びに関しては、文章の始めにどのような挨拶をしているかによっても書き方が異なります。時候の挨拶を最初に入れている場合には、結びはシンプルな方がよいという場合もありますし、冒頭で簡単な挨拶にしているときには、季節感のある結びの言葉を入れて、6月らしさを表現したほうがよい場合もあります。個人同士のやりとりの場合には、相手を気遣う気持ちをより高めたほうがよいですので、結びの言葉は丁寧にするのがよいでしょう。

6月下旬の挨拶の全体的なまとめ

このように、6月下旬の挨拶というのは梅雨のじめじめした時期から初夏に向かう季節の変わり目の一つということもあり、定型文では違和感のある挨拶や結びの言葉になる可能性があります。そのため、その年が特に空梅雨が続いていたり、梅雨明けが長すぎるようなときには、例文通りの書き方ではなく、適宜アドリブを入れてその年の挨拶にふさわしい文章にすることが重要です。 共通しているのは、挨拶や結びの言葉は時候の語句に加えて相手を気遣ったりいたわるような言葉もプラスするということです。この時期には蒸し暑い気温で同じような言い回しをしつこく感じてしまう可能性もありますので、季節の言葉を省略したほうがスマートいなる場合もありますし、臨機応変に書いていきましょう。また、挨拶文では梅雨の話を書き、結びの言葉では梅雨明けの語句を使うといった統一感のない言葉の使いまわしは、例文を見ながら書いているということがすぐに見破られてしまい、相手にもあまりいい印象を与えません。文章全体を見て、きちんと筋の通った挨拶や結びの言葉になっているかということを確認しておきましょう。また、上旬、中旬、下旬で使用する語句が異なる点にも注意しましょう。

pixta_12938313_S

時候の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

10月下旬になると朝晩など気温が下がり、毛布をかぶるなどときに寒く感じることもあるかもしれません。また街の街路樹や山の木...

pixta_12063342_S

新年会中締めの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

新年会中締めの挨拶のポイントは主賓と来賓のどちらが行うことになるかによって若干異なりますが、基本的には新年会に参加して頂...

pixta_8379921_S

新年会締めの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

新年会締めの挨拶のポイントとしては、まずは盛り上がっている場を沈める必要があります。学生であったり社会人の新年会となりま...

pixta_12317259_S

敬老日祝辞の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

敬老日祝辞の挨拶としましては、敬老の日のお祝いに該当される方々にとって、聞いていて心地いいスピーチとなるよう、心がけなく...

入園式会場

幼稚園入園式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

幼稚園入園式の挨拶のポイントは、わかりやすい言葉で、短い時間でシンプルに、ユーモアをまじえて、この3つが大切です。実際に...

pixta_14140516_S

新社屋の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

新社屋の挨拶のポイントは、いつ完成したかを伝えることになります。完成した日に伝えることが出来る場合もありますし、その後に...

pixta_10136733_S

結婚式2次会乾杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

結婚式2次会乾杯の挨拶を考えるうえでまず確認しておきたいポイントが、新郎新婦と招待客側の交友関係です。友人だけなのか、会...

pixta_12131787_S

通夜振る舞い前の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

葬儀の前に行われるのが通夜です。そして一部の地域では、通夜の終了後に「通夜振る舞い」があります。「通夜振る舞い」は、通夜...

microphone in focus against blurred audience

町内会総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

町内会総会の挨拶は、議題が何かを常に意識しておくことがポイントです。大きな議題がひとつあるのか、あるいは複数あるのか、正...

pixta_12585750_S

公民館文化祭閉会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

公民館文化祭閉会の挨拶のポイントは文化祭が無事に閉会を迎えることが出来ることに対する感謝の気持ちを表す挨拶がベストです。...

pixta_5253020_S

結婚スピーチ新婦同期...

結婚スピーチ新婦同期の挨拶では新婦と自分との関係性を紹介...

pixta_12319138_S

経歴紹介の挨拶やスピ...

経歴紹介の挨拶のポイントでは、自分自身についてを話すよう...

Flowers

開業の挨拶やスピーチ...

開業をするにあたっての開業の挨拶のポイントは、開業するま...

pixta_8199523_S

住居移転の挨拶やスピ...

住居移転の挨拶は、まず、現在すんでいるところの隣近所に対...