時候の挨拶9月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶9月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶9月下旬の挨拶として、下旬にもなると年にも寄りますが、暑さもおさまり、随分過ごしやすくなってなってきます。その年の9月下旬の天候状況に合わせて、いろいろ考慮しながら臨機応変に季節感を表す言葉を使うことが大事です。

9月下旬の挨拶のポイント

時候の挨拶9月下旬の挨拶として、下旬にもなると年にも寄りますが、暑さもおさまり、随分過ごしやすくなってなってきます。その年の9月下旬の天候状況に合わせて、いろいろ考慮しながら臨機応変に季節感を表す言葉を使うことが大事です。その時の季節感が共感できるものになります。まだまだ暑さが残っているような天候が続く場合には、暑さが残っていること、また涼しい状態が続くような年には、涼しくなってきたことをうまく表現することがポイントとなります。

9月下旬の挨拶の書き出しのポイント

時候の挨拶9月下旬の挨拶の書き出しとしては、「秋冷の候/みぎり」とか「孟秋の候/みぎり」とか「秋晴の候/みぎり」とか「野分の候/みぎり」とか「涼風の候/みぎり」とか「彼岸花の候/みぎり」の季語を枕詞にすればいいです。この他により親しい人への手紙などには、「めっきり暑さが衰えてきた」とか「ようやく過ごしやすい季節となりましたが」などの書き出しで始めてもその時の気候を踏まえていて、季節感が表現できます。

9月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のスピーチで使える書き出しの例文としては、「秋風が心地よく、あの猛暑がうそのように感じられる今日この頃です。」とか「暦の上では、秋分も過ぎ、心なしか日の入りも早まったように感じるようになりました。」とか「まぶしい秋の日差しの中、稲穂もたわわに実る季節がやってきました。」とか「一雨ごとに秋気深まるこの頃でございます。」とか「野山もにわかに秋色を帯び、朝夕がしのぎやすい季節となりました。」などがあげられます。

9月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文としては、目上の人に対しての改まった手紙には、「秋冷の候、○○様にはますますご壮健のことと存じます。」とか「秋晴のみぎり、皆様には一層ご活躍のこととお慶び申し上げます。」などがあげられます。親しい間柄の人への手紙では、「さわやかな秋風が吹く季節、皆様お変わりありませんか?」とか「コスモスが秋風に揺れる頃となりましたがお元気でお過ごしでしょうか?」などがあげられます。

9月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶に使える書き出しの例文としては、「近頃は、朝夕肌寒さを感じる日もあり、秋の深まりを実感しております。」とか「日が沈みますと、待っていたかのように虫たちの声が聞こえてくるようになりました。」とか「灯火親しむ季節となってまいりましたが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか。」とか「例年になく雨の多い秋となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。」とか「十月が近づき、秋の気配が一層深まってまいりました。」などです。

9月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文としては、「爽秋の候、ますますご健勝のほどお慶び申し上げます。」とか「残暑ようやく衰え、皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」とか「秋冷の候、皆様におかれましては、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。」というように「季節の挨拶」と「安否の挨拶」と組み合わせるといいです。親しい間柄の人へのメールには、「秋晴れが気持ちいい毎日ですね。お元気ですか。」などがあげられます。

9月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文をいくつかあげてみます。「拝啓 秋冷の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。」とか「拝啓 孟秋の候、貴社いっそうご清祥のこことお慶び申し上げます。」とか「拝啓 涼風の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」とか「秋涼の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。」とか「さわやかな季節となりましたが、貴社いよいよご多忙のほどお慶び申しあげます。」などです。

9月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

時候の挨拶9月下旬の挨拶の書き出しについては、スピーチ、手紙、ビジネス文書、メールとそれぞれの場面と相手に応じて、9月下旬にふさわしい「秋冷」「孟秋」「秋涼」「秋晴」「涼風」などの季語を添え、「~の候」あるいは「~のみぎり」という形で始め、その次に「相手の安否」を気遣う言葉を入れる事で、その時の季節感をとらえた書き出しになります。親しい人への9月下旬の挨拶には、その年の天候状況に応じた書き出しが素敵です。

9月下旬の挨拶の結びのポイント

時候の挨拶9月下旬の挨拶の結びには、季節の変わり目であることを意識して、相手への安否の思いやりや気遣いやいたわりの気持ちが感じられるような言葉で締めくくるのが何よりも大切です。やはり結びの言葉もその年、その時の天候状況に応じて、涼しくなるのが早い様であれば、「朝夕冷え込んできていますので、ご自愛ください。」とか、あるいは、まだまだ残暑が厳しい様だったら、「もうしばらくは、残暑が続きそうですので、ご自愛ください。」と臨機応変に。

9月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文としては、「朝夕、めっきり涼しくなりました。皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛ください。」とか「どうぞ、実り多い、秋を過ごされますよう、お祈りいたします。」とか「秋の気配が漂い始め、季節の変わり目でございますので、くれぐれもお体をたいせつになさってください。」とか「清涼の季節の到来です。ますますのご活躍のほどをお祈り申し上げます。」などがあげられます。

9月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文としては、まず、改まった手紙では、「残暑なお厳しき折、くれぐれもご自愛ください。」とか「長雨の季節ゆえ、お風邪などめされませぬようご自愛くださいませ。」などがあげられます。親しい人への手紙では、「未だに残暑が続いております。夏バテなどされませんようくれぐれもお体を大切になさってください。」とか「秋風が肌に心地よい季節となりました。お健やかにお過ごしください。」などがあげられます。

9月下旬の挨拶の使える結びの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶に使える結びの例文としては、「まだしばらくは、残暑が続きそうです。お身体には、くれぐれもお気をつけてください。」とか「秋の長雨の日が続きます。どうぞお身体を大切にお過ごしください。」とか「皆様の秋が実り多きものとなりますよう、心からお祈り申し上げます。」とか「清涼の季節です。ますますのご活躍のほどをお祈り申し上げます。」とか「季節の変わり目です。お身体には、十分お気をつけてください。」などがあげられます。

9月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文としては、改まった場面のメールでは、「残暑去りがたき折柄、何卒ご自愛専一に。」とか「新涼の折、どうぞご健勝にておすごしください。」とか「暑さ寒さも彼岸までと申します。さわやかな秋を迎えられますようお祈り申し上げます。」などがあげられます。親しい人へのメールでは、「夏の疲れが出やすい時期です。どうぞお体大切に。」とか「虫の声に心安らぐ季節です。お健やかにお過ごしください。」などです。

9月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

時候の挨拶9月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文としては、「さわやかな季節となりましたが、貴社いよいよご多忙のほどお祈り申し上げます。」とか「新秋快適の候、社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。」とか「末筆ながら、貴社のますますのご発展とご多忙のほどお祈りいたしております。」とか「新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」とさりげなく季節感も盛り込みながら結びの文とするといいです。

9月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

時候の挨拶9月下旬の挨拶の結びの言葉としては、暑い夏から、涼しい秋へと変わる季節の変わり目でもあるので、天候も不順な日も続いたり、昼間は残暑が残っていても朝夕と冷え込んで来る時期でもあるので、その状況を織り交ぜながら、送る相手への思い遣りと気遣いが感じられる内容を織り交ぜながら締めくくると、受け取る側も気持ちがいいものです。上手に書く事よりも季節感を意識して書くことは、相手への心遣いにもなります。

9月下旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶9月下旬の挨拶として、まず一番に意識したいのは、その年、その時々の天候状況です。9月下旬と言っても、残暑がまだまだ厳しい年もあったり、早く朝夕冷え込むようになったり、あるいは、台風が多い年もあったりと状況も違うので、「秋冷」「新涼」「孟秋」「秋晴」などの季語を取り入れながらも自分なりに感じた季節感を表す言葉を使っても相手を気遣う内容になります。一雨ごとに和らぐ暑さ、朝晩に感じる心地よい風、台風の後の美しい秋晴れなど、夏から秋へ移行していく様を自分の言葉で表現することが何より大切なことです。親しい人へは「暑さもずいぶんやわらいできて、朝夕は、めっきり涼しくなりましたが、お変わりありませんか。」とか「彼岸花が咲き乱れる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。」とか「コスモスの花が秋風に揺れる季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。」など9月下旬に咲く花とともに相手を思う気持ちも込められ、とても素敵な時候の挨拶になっています。ビジネスの文書も過ごしやすい季節の到来とともに仕事の調子も上がっていくような言葉を入れてみるのもいいものです。初秋を迎えたことの気持ちが伝わります。

pixta_10734829_S

時候の挨拶7月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶7月上旬の挨拶では、7月の夏のはじまりをイメージさせることができるような文章を考えるようにしておきます。また、...

pixta_534149_S

季語の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶11月下旬の挨拶は、師走が近づき、気持ちも生活面もせわしくなるころで、疲弊することも多くあることに配慮した表現...

pixta_15116402_S

PTA会長役員会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

PTAの役員になった人たちは、自分から進んでなった人ばかりではなく、クジやじゃんけんで決まったなど、様々な人の集まりでも...

pixta_14413788_S

卒部卒団親保護者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

卒部卒団親保護者の挨拶のポイントは、感謝の気持ちを言葉に込めて、未来への希望を折り込むことです。卒部卒団にあたって、監督...

pixta_10893262_S

同窓会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

同窓会会長の挨拶は、同窓会の中では必ずあることです。一度だけというパターンもあれば始まりと終わりにあることもあり、この挨...

pixta_5253020_S

結婚スピーチ新婦同期の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

結婚スピーチ新婦同期の挨拶では新婦と自分との関係性を紹介しつつ新婦がどのような人なのかを結婚式に参列している人に伝えるこ...

green

季節の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶5月下旬の挨拶のポイントですが、5月下旬ごろになると、日差しも強くなってきます。また学校や幼稚園などでは遠足や...

pixta_10991999_S

転勤の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

転勤時の挨拶は、まずタイミングを意識してしっかりと相手へ伝えていく行動が不可欠です。人前でスピーチをする場合は、会社の方...

pixta_14052740_S

高校卒業式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

高校卒業式の挨拶のポイントは、まずは卒業生の皆さんに贈る言葉やお祝いの気持ちを述べることが大切です。新しい環境に旅立って...

T

懇親会閉会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

会社などで多くの人達と一緒に懇親会を開く場合があると思います。交流を深めるべく、皆さんと一緒に楽しくお話しをしたりする場...

Exif_JPEG_PICTURE

忌明け法要の挨拶やス...

人が亡くなってから四十九日が過ぎると「忌明け」になります...

business man looking away to sky

栄転の挨拶やスピーチ...

会社で仕事をしていると栄転という言葉を耳にする機会が出て...

pixta_13114941_S

結婚披露宴乾杯の挨拶...

結婚披露宴乾杯の挨拶というものは、通常は新郎側の会社でも...

pixta_13838840_S

通夜喪主の挨拶やスピ...

一般的に葬儀や告別式が行われる前に通夜があります。通夜で...