季節の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶2月上旬の挨拶のポイントについてですが、まずは季2月上旬というと二十四節気では大寒が終わり立春を迎える時期でもあります。まだまだ寒い日が続きますので、季語においても「厳寒」や「余寒」などが使われることもあります。しかし暦の上では冬の寒さが和らぎ、春を迎えるという季節です。立春を過ぎても本格的な寒さがまだ続きますねといった感じの挨拶が見られます。時候の挨拶ではこうした季節感や節分、初午などにふれて書くとよいでしょう。

2月上旬の挨拶のポイント

季節の挨拶2月上旬の挨拶のポイントについてですが、まずは季2月上旬というと二十四節気では大寒が終わり立春を迎える時期でもあります。まだまだ寒い日が続きますので、季語においても「厳寒」や「余寒」などが使われることもあります。しかし暦の上では冬の寒さが和らぎ、春を迎えるという季節です。立春を過ぎても本格的な寒さがまだ続きますねといった感じの挨拶が見られます。時候の挨拶ではこうした季節感や節分、初午などにふれて書くとよいでしょう。

2月上旬の挨拶の書き出しのポイント

『季節の挨拶2月上旬の挨拶の書き出し』のポイントとしては、まず2月上旬の季語をおさえておきましょう。「節分」「立春」などの暦上、春を表す季語から、「厳寒」「余寒」など寒さも厳しく、冬の真っ最中という表現がいくつかあります。時候の挨拶では「立春の候」「厳寒の候」「節分を過ぎ」などがあります。目上の人には漢語調の言葉に「~の折」「「~の候」をつけ、友人など親しい人に対しては季語を混ぜて柔らかい言い回しがいいでしょう。

2月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文としては、「立春を過ぎましたが、まだ寒さの厳しい日が続いております。」や「梅のつぼみもまだ固く、寒さが続いておりますが、皆様風邪などひかれておりませんでしょうか」など、聞く側にとってわかりやすいように、できるだけ「口語体」を用いて、柔らかく聞きやすい言葉を選んで書き出すとよいでしょう。もう少しあらたまった表現ですと「厳寒の候~」などと最初に漢語体を用いると堅い表現になります。

2月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文としては、個人宛てですと「暦の上では春となりましたが、まだまだ厳しい寒さが続きます」や「立春の青空のもと、日々の散歩の日差しが暖かく感じられるようになりました」などの書きだしがあります。個人宛てでは最初に「拝啓」をつけると正式な手紙の書きだしになります。個人宛てでは、日々の生活などから直接感じ取れる季節感をそのまま書きだしとして文章にすると、その人らしさが伝わります。

2月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文ですが、あらたまった場合では「立春の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます」など、感謝の気持ちを言葉にして添えると聞いている側も好感が持てるでしょう。また友人や親しい方には、「~の候」などを使うと堅い表現ととられてしまうので、季語とそのあとの言葉をうまく組み合わせて、相手と自分に合うように工夫しましょう。

2月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

『メールに使える書き出し』の例文ですが、個人宛ての少しフランクな書きだしでは、「春とは名ばかりの厳しい寒さが続きます。お元気でしょうか。」などと書きだすとその後の文章の流れがスムーズになります。「立春の候、貴社ますますのご繁栄のこととお喜び申し上げます。その後お変わりありませんでしょうか」などとビジネス的なメールの場合はある程度形式にあてはめて堅い表現を用いると、社内外、立場など関係なくどんな方にも用いることができます。

2月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

『ビジネスに使える書き出し』の例文では「厳寒の候、貴社ますますのご清栄のこととお喜び申し上げます」や「立春のみぎり、いよいよご清祥のこととお喜び申し上げます」「余寒の候、平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」など、漢文調の堅い言葉を使うのが適しています。またビジネスの場においては2月のような寒さが厳しい中にも、先の見通し、春の明るさや暖かさが見えるような言葉を選び、前向きな表現を心がけましょう。

2月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『季節の挨拶2月上旬の挨拶の書き出し』についてのまとめは2月上旬では暦の上では「立春」となり春の兆しが見え始めます。ですが、まだまだ寒さが厳しいところもあるといった言葉に、相手の体調を気遣う一言を添えたりするとよいでしょう。そして2月上旬の書きだしでよく使う季語や表現をいくつか覚えておきましょう。ですが、年によって暖かい気候であったり、過ごしやすい2月の日もありますので、その時々で実際の世間の感覚に応じて使いわけるとよいでしょう。

2月上旬の挨拶の結びのポイント

『季節の挨拶2月上旬の挨拶の結び』のポイントは結びにも季節の言葉と相手への気遣いの一言を添えて結ぶとよい印象を持たれます。「春とは名ばかりの寒さ厳しいこの季節、皆様どうか体にはお気をつけて元気にお過ごしください」や「余寒はまだまだ続くかと思われますが、どうぞご自愛ください」などと結ぶと文章が最後まで丁寧にまとまります。2月は年度末に向けて気忙しい時期でもあるので、相手の体調を気遣う、忙しいことに対する気遣いの一言を忘れずに添えましょう。

2月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文では「立春を迎えましたが、まだまだ厳しい寒さが続きます。皆様くれぐれも風邪など召しませんよう、お過ごしください」や「2月は逃げると言いますが、まさに月日が足早に過ぎていく気忙しい時期、皆様も日々お忙しいとは存じますが、ご自愛ください」などとしめくくります。スピーチでは言葉にインパクトを持たせることも重要で「二月=逃げる」のように口語体で伝わりやすい、耳に残りやすい表現を工夫することも大切です。

2月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文ですが、個人宛ての手紙ですとや「そちらは昨晩から降雪が続いているとのこと、外出の際にはくれぐれもお気を付けくださいませ。」など普段の生活やテレビのニュースなどを参考に季節感を感じさせる表現を盛り込むと相手との距離感を縮めることもできます。またあらたまった場合ですと「まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください」など誰にとっても当たり障りのないシンプルな表現でまとめましょう。

2月上旬の挨拶の使える結びの例文

『挨拶に使える結び』の例文ですが、「暦の上では春立ちぬと申しますが、寒気ひとしおです。なにとぞご自愛ください」や「余寒厳しき折柄、ご自愛専一になさってください」などがあらたまった場での挨拶に使える結び語句です。 基本は2月上旬の季節の言葉と相手への気遣いを忘れずにしめくくりましょう。また気忙しさが漂う時期でもありますので、そういった時期でもまた前向きでいられるような言葉を選んでしめくくりに添えましょう。

2月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文ですが、「まだまだ寒さが厳しいですが、風邪などひかないようくれぐれもご自愛ください」など結びのポイントとしては変わりません。ただメールは直筆の文字で書かれていないため、手紙よりも柔らかく、送られた方に優しい印象を持ってもらえるような言葉を選んで添えましょう。ただビジネスの場においてはこの限りではありません。ビジネスでは人柄や私情に偏らないようできるだけ慣用句などを用いましょう。

2月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文では「春とは名のみの寒さ厳しき折、皆様の益々のご発展をお祈りしております」や「何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理のないようご自愛ください」と締めくくるのが一般的です。ビジネスの場においては社内外の方から取引先のお客様など多種多様なお付き合いがあります。ですから、なるべく形式にはまった堅い表現を使うのが望ましいでしょう。その中にも、相手への気遣いの一言をうまく添えましょう。

2月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

『季節の挨拶2月上旬の挨拶の結び』についてのまとめは、2月上旬ではまだまだ寒さが厳しいということに加え、年度末に向けて慌しい雰囲気も少しずつ漂ってくる時期です。ですので、結びの言葉には、季節の言葉と一緒に、こうした気忙しい時期ならではの相手への気遣いや前向きな言葉を添えましょう。こうした相手を気遣う言葉は親しい間柄、ビジネスなどのあらたまった場でもどちらにおいても大切なポイントですのでおさえておきましょう。

2月上旬の挨拶の全体的なまとめ

季節の挨拶2月上旬の挨拶の全体的なまとめとしてはまず、書きだしとしてのポイントは2月上旬の季語をおさえておくということで「節分」「立春」などの暦上、春を表す季語から、「厳寒」「余寒」など寒さがまだまだ厳しいという言葉を覚えておくといいでしょう。結びについては2月上旬の季節の言葉と相手への気遣いを忘れずにしめくくりましょう。また気忙しさが漂う時期でもありますので、そういった時期でも体調を崩さずに元気でいられるようにというふうに前向きな言葉を選んで添えましょう。こうした基本の語句をおさえておくのも大事ですが、年によって暖かい気候であったり、例年にはない気候の変動を感じるときはその時々に応じて表現を変えるということも大切です。スピーチは文章、手紙、メールなどにする場合に比べて、視覚から入ってくる言葉がありませんので、普段話し言葉でも使われるような熟語など聞き取りやすい表現を使うことと、くどい言い回しは避けるようにしましょう。また反対に文章や手紙などでは形に残るものですので、読み手の方の気を悪くされないよう、できるだけ当たり障りのない言葉を選びましょう。前にも書きましたが季語とそのあとの言葉をうまく組み合わせて、相手と自分に合うように工夫することも大事です。

pixta_15096150_S

中学校PTA委員会総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

中学校PTA委員会総会の挨拶のポイントは思春期に入る中学生の保護者としての立場と中学校PTA委員会の役員としての立場をふ...

pixta_11450072_S

区民ソフトバレーボール大会開会の挨拶やスピーチに使える言葉の...

暖かい季節になると区民ソフトボール大会など開催されることも多いのではないでしょうか。みんなでスポーツをして健康につなげよ...

pixta_15415447_S

銀行員転勤の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

銀行員転勤の挨拶のポイントは在勤中にお世話になったことへの感謝を伝え、新天地での銀行業務の仕事にたいする意気込みを語るこ...

pixta_1226348_S

総会自治会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会総会は定期的に開かれる自治会ごとの会合です。年末年始などの節目の日にも開催されることもあります。自治会は会長をトッ...

pixta_2080357_S

結婚式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

結婚式の挨拶は、日ごろから信頼のある友人などが新郎や新婦に対してのスピーチとなります。結婚式の生涯に1度かもしれない大き...

pixta_15203425_S

季語の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

春は、卒業式や転勤など別れの季節でもありますが、新しい生活への準備に心弾む時期でもあります。3月下旬ともなると、冬の寒さ...

pixta_3401276_S

三回忌献杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

献杯とは相手に敬意を表して杯を差し出す行為をいいます。今回の相手とは三回忌となる故人に他なりません。法要などでは故人に敬...

pixta_15096183_S

小学校PTA総会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

小学校PTA総会会長の挨拶のポイントとしては生徒や保護者全員に向かって挨拶するときは、伝えるべき内容を手短に、また完結す...

pixta_8094339_S

盆踊りの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

盆踊りの挨拶のポイントとしては、どのような主催のもとで行われるかについて伝える必要があります。町内会で行われることが多い...

pixta_13066693_S

結婚式披露宴主賓の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

ここでは、結婚式披露宴主賓の挨拶としていかにふさわしい挨拶文を作成していくかが目標になるものといえます。スピーチ・手紙・...

pixta_15166880_S

結婚式乾杯の挨拶やス...

結婚式乾杯の挨拶は、通常、新郎新婦どちらかの親しい友人が...

pixta_13450152_S

卒園父母会の挨拶やス...

卒園父母会の挨拶のポイントですが、卒園ということは、一つ...

pixta_13048383_S

高校野球卒業の挨拶や...

様々な挨拶の中でも、高校野球卒業の挨拶というのは、多感な...

pixta_3151844_S

PTA会長卒業式小学...

PTA会長卒業式小学校の挨拶の挨拶のポイントとして、常に...