季語の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月上旬の挨拶のポイントとして10月は秋真っ最中です。挨拶の中に秋の用語を交えながら挨拶しましょう。おもしろいスピーチでは最近食べた食べ物でおいしかったものを相手に問い、自分も答えるというものもあります。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のポイント

季語の挨拶10月上旬の挨拶のポイントとして10月は秋真っ最中です。挨拶の中に秋の用語を交えながら挨拶しましょう。おもしろいスピーチでは最近食べた食べ物でおいしかったものを相手に問い、自分も答えるというものもあります。また、10月は夏の暑さから一気に過ごしやすく、そして徐々に寒くなり、体を壊しやすい季節でもあります。体験談の自分の話を盛りいれながら周りの方々の体調加減もうかがうのも忘れずにスピーチすると良いでしょう。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の書き出しのポイント

季語の挨拶10月上旬の挨拶の書き出しのポイントとして、季語を入り交えながらの文章を考えていきます。またメールではあまり季語を入り交えるのはお勧めしません。メールでは少々軽く書くことによって親しみを覚えます。また長文はお世話になった目上の方や久しぶりに連絡を取る方のみにしましょう。最近の傾向では文章を固く書きすぎると倦厭されがちと言われています。それはビジネスにおいても同じだと言われています。手紙では5枚以内に収めるようにしましょう。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

秋に入り、だんだんと暑さがひいて、徐々に涼しくなってまいりました。収穫の秋ですが、皆様、最近は何をお召し上がりになりましたか?私は秋ナスを食べました。なんでも季節の食べ物の初めのほうである「初物」を食べると長生きするなどと言われています。それから秋ナスといえば、秋ナス、嫁に食わすな等という言葉もあるほどおいしいと言われています。ぜひ今年は食欲の秋で皆様お元気にご活躍されることをお祈り申し上げます。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

空は深く澄み渡り、さわやかな季節となりましたが、皆様におかれましては、いかがお過ごしですか。我が家ではせみの鳴き声もやみまして、鈴虫が鳴いております。とても気分の良い日が続き、夜長を過ごしております。先日、○○へ行ってまいりました。写真を同封いたします。山を登ったのですが景色がとてもきれいで、ずいぶんと葉が紅葉しているのがわかります。ぜひ皆様で○○へ行かれてみてください。とても晴々した気分になりました。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

皆様、お元気になさっていいらっしゃいますか。我が家の近くには小学校があるのですが、秋の運動会の練習が始まり、毎日のように、かけ声がにぎやかに聞こえてまいります。若い子供のエネルギーに元気をもらっております。運動会といえば大人になって出た徒競走で若かりし私は一等を取ったのを思い出します。そんな私も夏がどうも苦手なのですが夏の猛暑も無事に乗り越えられました。10月は少しばかり冷えてきますので足腰にひびく季節です。どうぞ皆様ご自愛ください。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

せみの鳴き声が響いているなと思っていたのに、先日はトンボが飛んでいました。もうすっかり秋になりましたね。久しぶりにメールしますが皆様お元気ですか。夏はとても暑かったですが、体調は崩さなかったでしょうか?最近はとても涼しくなってきて私も体調がよく、先日は○○へ行ってきました。画像添付します。そこで鍋を食べましたが、体の芯から温まってこれからの季節にはもってこいです。味もとてもおいしかったですよ。今度ぜひ○○へ行きませんか?

季語の挨拶10月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

清秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。弊社はこの夏よりクールビズを推進することになり、以前はネクタイを締めるのが当たり前だったのですが、現在、社内ではネクタイを締めていない社員が意気込んでおります。秋になりまして○○を企画いたしております。○○様にお力添えをいただきたく思っております。今後ともどうぞごひいきによろしくお願いいたします。これから寒くなる季節ですので皆様、お体の方どうぞご自愛くださいませ。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

季語の挨拶10月上旬の挨拶としては食べ物や景色、音などわかりやすいものを出して相手に伝えると情景が伝わるかと思います。あくまでも例文ですので○○と書きましたが自分の実体験を入れ込んでいくと面白いと思います。スピーチ、手紙、メール、ビジネスとありますがどれも相手のことをうかがいながら自分の話を盛り込むのがポイントとなります。手紙やメールではぜひ写真や画像添付をされることをお勧めします。するとより一層情景が伝わります。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の結びのポイント

最後まで聞いていただいたり読んでいただいたという感謝の気持ちを述べることが大事だと思います。最後に伝えたいことを短編的に話す。話の内容を整理したものを述べるともっと効果的です。また相手の体を気遣う文章を結びにももってくることで相手への温かさを感じると思います。ビジネスでは相手会社に力になってもらえるような文章で締めくくると良いでしょう。メールではあまりくどくならないようにして、手紙は5枚ほどしかかけないので短く気持ちを伝えましょう。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

本日は○○にご参加くださいまして誠にありがとうございました。○○様のご意見では、もっと社員全員が一致団結するべきだというご意見をいただきました。とても参考になりました、心よりありがとうございます。我々一同、より一層、一致団結できるよう励んでまいります。これから寒くなる季節ですので十分にお体お気を付けください。本日は本当にありがとうございました。またどうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

○○さんには○○の時にとてもお世話になりました。そのときに、快く私に力を貸してくださったこと心より感謝しております。○○さんはおひざが悪いと聞きましたので足腰が冷えるこれからの季節、どうぞお体にお気を付けになられてお元気にお過ごしください。それからご家族の方にもよろしくお伝えください。ぜひ春になりましたら一緒にお出かけへ行きましょう。またその時は筆を執らせていただきます。温かい御心をありがとうございました。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の使える結びの例文

いつもありがとうございます。皆様のご協力で今日がございます。○○がもっと成長するべく今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。寒くなり、いよいよ何かと忙しい師走はもうすぐです。飲みすぎ食べすぎにお気をつけて健やかにお過ごしください。初めの挨拶でも言いましたが、子供たちの運動会の練習のかけ声に負けない元気で私もまいりたいと存じます。感謝とともに、簡単ではございますが、これで終わりとさせていただきます。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

いつもありがとうございます。うちの猫は寝てばかりいます。猫を見ているとのんびりできるものです。いつも○○さんは忙しそうなのでたまには息抜きされてください。秋の夜長をしすぎないように、お酒もほどほどに、ずいぶん寒くなってきたのでうたたねは禁物です。お体大事になさってくださいね。相談したいことがあるので今度、相談に乗ってください。またメールします。追伸、先日の○○はうまくいっています。今度持っていきます。

季語の挨拶10月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

○○様にはいつもお力添えをいただきまして、感謝いたしております。この企画は短く言いますと。○○を○○するといった内容であります。御社としても自信を持ってお勧めします。またこの企画にはより一層、力を入れて臨んでまいる所存です。○○様の更なるご発展を心よりお祈り申し上げるとともに、御社との○○企画の件のご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

中節に伝えたいことを書いた後、最後にも短く相手に伝えたいことを書くことにより文章の効率がアップします。もちろん読んでくださった方へ感謝をきちんと伝えることも大切ですし、ご自愛くださいなどという相手を気遣う心も大切だと思います。季節の変わり目である10月は寒くなっていく季節でありますが、年末年始が近いのでそれへ向けての思いを伝えるのもいいかと思います。どれもあまりくどくなりすぎないようにしましょう。

季語の挨拶10月上旬の挨拶の全体的なまとめ

何事も礼儀や決まりはあるのでしょうが、許容範囲の中で、最後に行きつくのは心だと思います。心が伝わるように文章を考えることによって、難しい季語を使わずともそれが伝わると思います。はじめは食べ物や景色、音を交えながら想像を掻き立てて季節感を出すと良いでしょう。ことわざや動物などを用いてユーモアを持って書くのも面白いかと思います。どれも例文ですので自由に発想していいです。ビジネス以外はあまりかたくるしくなりすぎないように気を付けてください。10分ほどのスピーチでも面白くないと聞いている側は眠くなりがちですのでその点は注意です。言いたいことを最初と最後に簡単に、中節には詳しく書くと良いでしょう。何が言いたいのかをはっきりさせるのはポイントです。最後まで聞いて頂いた、読んで頂いた事に感謝を忘れないようにして下さい。自分のことを盛り込みながらも相手への思いやりの言葉を入れると読んでいる方はうれしいです。相手との思い出で深い内容を入れ込むのもよいでしょう。心がけとして、挨拶はくどくなりすぎないようにしましょう。書き方のコツは何を書きたいのかの前書きをしてから清書するとうまく書けます。意外に周りは堅苦しいより気軽な挨拶を求めている傾向にあるようです。

pixta_9158355_S

時候の挨拶11月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

時候の挨拶11月上旬の挨拶のポイントについてお話しします。11月上旬といえば、秋も深まり、山々の紅葉が美しい時期で、街中...

pixta_12131787_S

通夜振る舞い前の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

葬儀の前に行われるのが通夜です。そして一部の地域では、通夜の終了後に「通夜振る舞い」があります。「通夜振る舞い」は、通夜...

pixta_15186701_S

季語の挨拶9月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶9月下旬の挨拶のポイントは、9月という季節をよく考えてから言うことです。9月は残暑が落ち着いて過ごしやすくなる...

pixta_10502933_S

新年社内報の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

新年社内報は一年の初めを社員に告げる大切な意味合いを持ちます。その中での挨拶は一年の年頭を告げる挨拶として一番最初に社員...

pixta_7599394_S

四十九日の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

亡くなってから四十九日目になると忌明けとなり、法要をとり行うのが一般的です。仏教葬儀では亡くなってからの日数によって様々...

Leadership

総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

総会の挨拶やスピーチ、手紙やメールは使う機会がそれほどないために、非常に緊張するものです。従って、あらかじめ定型的に言葉...

pixta_10734829_S

時候の挨拶7月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶7月上旬の挨拶では、7月の夏のはじまりをイメージさせることができるような文章を考えるようにしておきます。また、...

pixta_542673_S

葬儀親族代表の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

告別式の最後には葬儀親族代表の挨拶があります。故人の親族代表のことを「喪主」と言い、喪主は一般的に亡くなった人の配偶者か...

pixta_11450072_S

区民ソフトバレーボール大会開会の挨拶やスピーチに使える言葉の...

暖かい季節になると区民ソフトボール大会など開催されることも多いのではないでしょうか。みんなでスポーツをして健康につなげよ...

tubaki

季節の挨拶2月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶2月下旬の挨拶で気をつけることは、まず、季語をきちんと取り入れるようにする、ということです。季節の挨拶では、頭...

Office applause

一本締めの挨拶やスピ...

この一本締めの挨拶といったものは、主にめでたい祝い事など...

pixta_12586911_S

歓迎会の挨拶やスピー...

会社やサークルなど色々な場所で歓迎会を開催する場面があり...

pixta_6274455_S

10周年の挨拶やスピ...

10周年の挨拶のポイントとしては、何かを開始してからの最...

pixta_2944136_S

自粛の挨拶やスピーチ...

自粛の挨拶のポイントとしては、自粛する内容よりもその原因...