時候の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

10月下旬になると朝晩など気温が下がり、毛布をかぶるなどときに寒く感じることもあるかもしれません。また街の街路樹や山の木々は少しずつ色づき始め、秋の深まりを感じられるようになります。

10月下旬の挨拶のポイント

10月下旬になると朝晩など気温が下がり、毛布をかぶるなどときに寒く感じることもあるかもしれません。 また街の街路樹や山の木々は少しずつ色づき始め、秋の深まりを感じられるようになります。時候の挨拶10月下旬の挨拶のポイントは季節の移り変わりによって秋が深まっていく、紅葉の季節が待ち遠しい、また急に気温が下がることによって体調を崩されたりしていないかということについて気遣いの気持ちを込めるなどがこの時期の挨拶のポイントとなります。

10月下旬の挨拶の書き出しのポイント

『時候の挨拶10月下旬の挨拶の書き出し』のポイントについてですが、「紅葉」「夜長の候」「日ごとに秋も深まり・・・」などが10月下旬の季節の表現として一般的にもよく使われたりします。 例えば「紅葉の便り」を使った具体的な書き出しでは「山々の紅葉が美しく色づきはじめたこの時期、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。」また夜長の候ですと「夜長の候、皆様のご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。」などの例文を使います。

10月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文は、ビジネスや慶事ごとなどかしこまった場においてのスピーチですと、「錦秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。」など慣用句を用いるよいでしょう。こうしたあらたまった場では下手に崩すよりも昔からよく用いられる時候の挨拶を用いるのが無難です。また気の知れたもの同士の宴会などカジュアルな場合には「木々の葉が色づき始め、秋の深まりを知らせております。」など丁寧さを残しつつわかりやすい季語で書きだすとよいでしょう。

10月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文としては、まずビジネスの場のようなかしこまった手紙の場合は「清秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。」「秋冷の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」など慣用句を用いると便利です。また親しい間柄の方に書く手紙の書きだしでは「山々の紅葉が美しく色づきはじめたこの時期、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。」など、読み手の方に、丁寧な雰囲気と気持ちが伝わりやすい書き方がよさそうです。

10月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文として、「寒さがしだいにつのる今日この頃、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。」「日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、紅葉狩りにはもうお出かけになりましたか。」など受け手にとって自然に聞こえるような言葉を選びましょう。挨拶ですので、慣用句を使って堅苦しくまとめる必要はありません。季節の移り変わりとともに秋が深まっていく、また少しずつ寒くなっていくことで、体調に変化などはないか。ということが自然に伝わるように書きましょう。

10月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

『メールに使える書き出し』の例文ですが、メールの場合も手紙と同様、ビジネスの場におけるあらたまった場なのか、もしくは親しい間柄ではあるが、目上の方なのか、受け取る方の立場によって言葉や語句を変えるといいでしょう。「鮮やかに色づき始めた紅葉に、秋の深まりを感じる季節となりました。」「霜降の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」などを使うといいでしょう。「霜降(そうこう)」とは10月23日前後のことで、このぐらいの時期に、初霜が降りることから、このような表現が使われています。

10月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

『ビジネスに使える書き出し』の例文としては、上司・同僚など立場関係なく、「慣用句」を用いた時候の挨拶で書き出すとどなたにも失礼なく、かしこまった形式になります。10月下旬ですと「錦秋の候」「秋霜の候」などを使うとよいでしょう。また「秋容清爽のみぎり」のように「候」のかわりに「みぎり」が使われることもありますが、これは「候」では固く聞こえてしまうので、昔は女性が書き出すときに「みぎり」と使うことが多かったようですが、どちらを使っても問題はありません。

10月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『時候の挨拶10月下旬の挨拶の書き出し』についてのまとめについてですが、書きだしは秋の深まりや初霜が降りるなど若干冬のような寒さを感じる日もあるかもしれませんので、こうした季節の移り目に体調をくずされていないかなど気遣いを感じさせるような季語や語彙を選びます。ビジネスなどかしこまった場においては、「慣用句」を用いた時候の挨拶を、またそれ以外であっても「丁寧語」を意識したうえで、その人らしさや気持ちが伝わる、自然に感じられるような言葉選びをしましょう。

10月下旬の挨拶の結びのポイント

『時候の挨拶10月下旬の挨拶の結び』のポイントについてですが「結び」では、書きだしで少し取り上げた「深まる秋とともに感じる朝晩の冷え込み」など季節の移り変わりによる体調の変化に気を付けて。というような気遣いの言葉や、さわやかな秋空のように、お相手の気持ちもさわやかでご多幸であるように願うといった言葉を選ぶとよいでしょう。これも書きだしと同じように、あらたまった場と親しい間柄で言葉や語句の使いまわしが変わってきます。

10月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文としては、あらたまった場ですと「秋冷が徐々に加わります折、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます」などの慣用句を用いた結びが丁寧にかしこまった場においてうまく締めくくることができます。スピーチにおいての結びの語句としては「(ご多幸・ご活躍)をお祈り申し上げます」や「(ご健康)をお願い申し上げます」「(くれぐれも)ご自愛ください」などの一般的な定型語句を使うとスマートにまとめることができます。

10月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文ではこれも先ほどのスピーチと似た部分はありますが、例文としてあげますと「朝晩冷え込んでまいりますので、お体にはくれぐれもお気を付けください」や「秋冷の季節、貴社におけるさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます」などがあります。ビジネスの場などにおいては「(ご健康とご多幸)をお祈りいたしております」や「秋涼爽快の折、貴社のさらなるご発展を」など、また親しい間柄では「日ごとに寒くなりますが、風邪などひかれませんように」というような書き方をしてもよいでしょう。

10月下旬の挨拶の使える結びの例文

『挨拶に使える結び』の例文としては「○●してください」というような語尾でまとめると自然に聞こえますし、また言葉のキレもよく聞こえるので、相手にも伝わりやすいでしょう。例文としては「秋が深まるこの季節、お体には十分にお気を付けください」や「秋の紅葉が見事な今日この頃、行楽の秋を存分にご満喫ください」のように締めるとうまくまとまります。かしこまった場合にでも「過ごしやすい季節となりましたが、ご壮健にお過ごしください」などと使うとスマートです。

10月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文についてですが、メールにおいてもかしこまった場においては「お願い申し上げます」」「お願いいたします」などで締めることが多いです。そこに10月下旬の季節に関する語句や時候の挨拶を混ぜてまとめると「秋冷日ごとに秋が深まるこの季節、どうぞお健やかにお過ごしくださいますようお願い申し上げます」や「秋冷日増しに加わる折、風邪などひかれませぬよう、お願い申し上げます」などとまとめるとよいでしょう。

10月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文としては「秋冷の折、なにとぞお体おいといください」などの他、結語を少し変えて「ご自愛ください」や「ご発展を心よりお祈り申し上げます」などと締めくくるとビジネスの場においてもスマートなまとめ方になります。ポイントは「○●の折」に始まり、一般的によく使われる慣用句の一つである「「(貴社の)ご発展を心よりお祈り申し上げます」などでまとめるのがビジネスの場にふさわしいと言えます。

10月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

『時候の挨拶10月下旬の挨拶の結び』についてのまとめは、秋が深まり、徐々に寒さが感じられる時期に風邪をひかれたり、体調を崩されたりしないようにという思いを込めることが何よりも大事です。こうしたポイントを押さえたうえで、あとは慣用句をつけ足したり、その人らしさと丁寧さが伝わるようにして書くとよいです。ビジネスなどかしこまった場においての慣用句は普段から2つ3つ頭にいれておくとスムースにまとめることができます。

10月下旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶10月下旬の挨拶の全体的なまとめとしては、まず書きだしについては10月下旬ならではの秋の深まりや初霜が降りるなどの晩秋の季節の移り目を感じさせる季語を用いること、そして体調はお変わりないでしょうか?などと問いかけるようにして書き出します。そして結びの言葉では、再度秋が深まり、冷え込みも感じられますが、今後も風邪などひかれたり、季節の変わり目で体調を崩されないよう、お元気でお過ごしくださいといった旨でまとめるとよいです。あとは手紙などであれば、受け取る側の立場によって、スピーチや挨拶などではその場の雰囲気や集まられた方々に間柄によって、固くかしこまった表現をするか、親しみを込めて、わかりやすい言葉を使って表現するかなどを工夫すればよいのです。ただ両方において大事なことは「丁寧に」ということ。言い回しが多少カジュアルであっても「敬語」は必須です。あとは同じ10月でも地方によって多少気候の違いなどがありますし、日によっては暖かい日や、急に寒くなる日もあると思います。ですので、挨拶やスピーチの場合は、その時々で臨機応変に語句を変える必要もありそうです。たとえば10月中旬で使われる「紅葉便り」は実際本州の大部分においての紅葉が見られる時期として、0月下旬から11月中旬ごろまでがピークですから、10月下旬のスピーチなどで使うとぴったりな場合もあります。

pixta_7382677_S

町内会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

町内会というのは、その町の安全の為に自発的に活動をしている重要な組織です。町内会の集まりは定期的に開かれるのが普通です。...

pixta_13474768_S

着工時の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

新築で事務所を建設したり、住宅を建設する際、着工の挨拶をする場合があります。着工式など行う場合はスピーチをしたり、色々挨...

pixta_6514002_S

時候の挨拶3月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

3月上旬は、早春や初春、春寒などの言葉が相応しい季節です。早春は、3月中旬頃まで使われますが、3月の場合、春分の日を境に...

Great idea

役員退任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

役員の任期を満了して退任することになったら、任期中にお世話になったことへの感謝を言葉にして挨拶しましょう。役員退任の挨拶...

SONY DSC

PTAの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

PTAの挨拶のポイントとして、どのような人が役員になったのか分かるように、軽く挨拶する人の自己紹介をして下さい。そして、...

pixta_10893262_S

同窓会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

同窓会会長の挨拶は、同窓会の中では必ずあることです。一度だけというパターンもあれば始まりと終わりにあることもあり、この挨...

pixta_4318823_S

閉店の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

お店や営業所など運営するにあたり、何らかの諸事情によりお店を閉店させなければいけない場合があります。そういった場合、今ま...

pixta_6274455_S

10周年の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

10周年の挨拶のポイントとしては、何かを開始してからの最初の節目としてを表現する必要があるでしょう。会社であったり、組織...

l

師走の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

12月は別名”師走”と呼ばれ、会社などでも忙しくなる時期になります。また、忘年会シーズンなどとも重なり、何かと用事も多く...

pixta_10016852_S

中学校卒業式PTA会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

中学校卒業式PTA会長の立場で挨拶する時、何か特別な事を言おうと気負いすぎないことがポイントです。普段から生徒たちと接し...

pixta_7132403_S

ジュニアサッカー教室...

サッカー教室などそういった場で子供達に指導をする際、何か...

pixta_2080357_S

結婚式の挨拶やスピー...

結婚式の挨拶は、日ごろから信頼のある友人などが新郎や新婦...

pixta_15542192_S

季語の挨拶4月下旬の...

手紙の始まりのように、改まった形で挨拶文が始まると、季語...

pixta_14413788_S

卒部卒団親保護者の挨...

卒部卒団親保護者の挨拶のポイントは、感謝の気持ちを言葉に...