季節の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると朝晩肌を指すような冷気漂い、冬の本格的な寒さがすぐそばまできていると感じたり、サザンカがきれいな花をつけ始めたりという季節の変化が感じられます。

11月下旬の挨拶のポイント

季節の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると朝晩肌を指すような冷気漂い、冬の本格的な寒さがすぐそばまできていると感じたり、サザンカがきれいな花をつけ始めたりという季節の変化が感じられます。また街かどやお店などではクリスマスの準備も始まる季節でもあります。こうした11月下旬の季節の挨拶では本格的な冬の訪れを表現するものが多いです。相手や場面に応じた季節の挨拶について解説していきます。

11月下旬の挨拶の書き出しのポイント

11月下旬の時候の挨拶では「晩秋」「初冬」「霜寒」「初霜」「向冬」「暮秋」「初雁」「夜寒」「木枯」「落ち葉」などが使われます。これらの熟語に「~の候」「~のみぎり」を付けた形で使います。その後に「ご清祥のこととお喜び申し上げます」といった慣用句などが続きます。また少し柔らかい書き出しであれば「初雪の便りが聞かれる季節、皆様いかがお過ごしでしょうか」などというふうに書き始めると柔らかくやさしい印象をあたえてくれます。

11月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文としては、「木々の葉もすっかり落ちて、裸になった枝のごとく、冬の寒さを感じ始めております」や「秋の日はつるべ落としといいますが、西の窓から見えていた夕日もあっという間に見えなくなりました」など、比喩表現なども用いて、聞いている方の耳に残るように言い回しを工夫しましょう。スピーチの場合は耳からのみ言葉が入るため、書きだしから少しインパクトを持たせた方が相手に伝わりやすいでしょう。

11月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文としては、例えば恩師や親戚など目上の方にあらためて書く場合は「拝啓 霜寒の候 ますますご清祥のことと存じます」などの言葉で書き出すとよいでしょう。また知人や親しい友人などに宛てる場合は「日に日に寒さを感じられる頃になりました。いかがお過ごしでしょうか」などのような書き出し方が好ましいでしょう。口語調でやさしく柔らかい印象の中にも丁寧さや礼儀正しさを込めた言葉を心がけましょう。

11月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文として定番なのが「初雪の便りが聞かれる季節になりました。 晩秋の候、皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」などといった書きだし文です。11月下旬ではお歳暮を贈られる方も多く、会社や個人の取引先からお歳暮をいただいた際にこのような挨拶の書きだしがされていますし、お歳暮のお礼状だけではなく、その他招待状など、特にあらたまった場合においても有効な書きだし文ですので、一つパターンを覚えておくとよさそうです。

11月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

『メールに使える書き出し』の例文ですが、メールの場合も特に指定などがない場合は「初冬の候 皆様には益々のご発展のこととお慶び申し上げます」などの定型句を用いた書きだしが使えますし、丁寧に越したことはありません。どのような相手、場面のメールかによって書きだしも工夫してみましょう。メールですので、最初の書きだしはできるだけ手短に書き出しましょう。たとえば「初霜が降りて思わず首をすくめてしまいました。」などとするとよいでしょう。

11月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

『ビジネスに使える書き出し』の例文では「晩秋の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます」「向寒の候、皆様にはますますのご発展のこととお慶び申し上げます」など、慣用句を用いた書きだしが多く見られます。こうしたビジネスにも使える書きだしとして重要なポイントは、今後の発展、成長を期して前向きに、また生活感や私情などを盛り込んだり、文学的な要素は好まれません。また形式にはまった堅い文面が適しています。

11月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『季節の挨拶11月下旬の挨拶の書き出し』についてのまとめは11月下旬では本格的な冬の寒さを表現する言葉が多く使われています。11月の季語をおさえておくとともに、「~の候」や「~のみぎり」という書きだしの形を覚えておきましょう。同時に「貴社ますますのご発展のこととお慶び申し上げます」といった慣用句のパターンも知っておきましょう。特にビジネスの場においては「枯れる」や「散る」など発展や成長とは逆の意味の言葉はできるだけ使わない方が無難です。

11月下旬の挨拶の結びのポイント

『季節の挨拶11月下旬の挨拶の結び』のポイントは、この時期になると本格的な冬の寒さが訪れる時期でもあり、寒さが厳しくなる頃ですので、相手の体調などを気遣う気持ちで言葉を選びましょう。また寒さを吹き飛ばしてがんばりましょうねなどといったような前向きで元気な言葉で締めくくるのもよいでしょう。よくあるパターンとしては「夜寒ひとしおの頃(季節を表す言葉)+お体を大事になさってください(相手への気遣い)」という形で覚えておくと便利です。

11月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文としては「これから益々寒くなってまいります。皆様がご壮健にお過ごしになられまうよう心よりお祈り申し上げます」「向寒の折、くれぐれもご自愛ください」などとしめくくるとよいでしょう。特に「お祈り申し上げます」や「~ください」のようにきっぱりとくくる言い回しだとすっきりと終えることができます。また口語調の言い回しでは二重敬語や季節の言葉がいくつも重ならないように注意しましょう。

11月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文の一つとして、目上の方に対して「日ごとに寒さが加わります時節、ご自愛専一にお過ごしください」などの結び方があります。また親しい間柄の方に宛てた場合は「寒さに向かう頃、風邪などひかないようにお気をつけて」などと柔らかい口語調を用い、丁寧にしめくくりましょう。親しい方へ使える結びの言葉としては「今年も残すところあと1か月あまり。風邪などひかないように充実した毎日をお過ごしください」という結びの言葉もいいでしょう。

11月下旬の挨拶の使える結びの例文

『挨拶に使える結び』の例文は「これから日増しに寒くなりますので、皆様くれぐれもご自愛ください。」というような定番文句で締めくくるようにすると間違いないでしょう。また挨拶では挨拶で大事なのはまず「形式」です。これらの定型句をおさえたうえで、相手との関係性や、挨拶の場面において文章のつけたしや、言い回しを工夫していくとよいでしょう。言葉選びに迷ったりした場合は、難しく考えずにまずは相手の体調の気遣いの一言を添えましょう。

11月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文は、「日ごとに寒さが増します。暖かくしてお過ごしください」や「霜寒の折り、ご自愛専一に。」などがあります。これも親しい間柄の方と、上司や目上の方、会社などの業務メールなどではその場面によって工夫しましょう。メールは仕事上でもプライベートでも長々と文章を連ねると読みにくくなりますので、結びの一文においてもできるだけ形式にそった手短な言葉を選んでメールの最後をしめくくるようにしましょう。

11月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文は「年末に向かい、所持ご多用のことと存じますが、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます」や「日々寒さが増す時節、今後十ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます」などがあります。また「何かとご多用かと存じますが」は11月下旬など年末を控えた季節など慌しい時期の慣用句としてビジネスの場では多く使われています。またビジネスでは相手の気忙しさにも気遣う一言を添えるとより印象がよくなります。

11月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

『季節の挨拶11月下旬の挨拶の結び』についてのまとめで重要なポイントは、先ほども述べたように「「(季節を表す言葉)+(相手への気遣い)」といった形を忘れずに覚えておきましょう。スピーチ、メールではできるだけ手短な言葉を選ぶこと、またビジネスなどあらたまった場面では相手の状況や体調などに十分な気遣いと前向きな言葉を選ぶことが印象度があがります。また日暮れが早いこともあり気分も落ち込みがちですが、明るい言葉でしめくくりましょう。

11月下旬の挨拶の全体的なまとめ

季節の挨拶11月下旬の挨拶の全体的なまとめとしてですが、まず書きだしでは「霜寒の候」「初冬の候」、口語調では「日ごとに寒さを感じられる季節になりました」「朝晩の冷たい空気が、冬の訪れを感じさせます」などが使われます。また結びの言葉では「夜寒の折り、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」や親しい方には「日暮れが早くなり、哀愁ただようこの頃ですが、風邪などひかないようにくれぐれもお気を付けください」などとしめくくりましょう。昨今プライベートで手紙を出す機会などは減っていますが、ビジネスの場においては挨拶状やお礼状などの手紙を出す機会もあるでしょう。11月の下旬の挨拶について紹介しましたが、いざ何かを書こうとするとどのように言葉を使えばいいのか戸惑ってしまうかもしれません。ですが、ここで述べたいくつかの季語や季節の表現、また慣用句のパターンを覚えてしまうと難しいものではありません。親しい人には自分自身が生活上で感じた季節感をそのまま言葉にあてはめればいいですし、ビジネスなどのあらたまった場においては、慣用句などを用いて、できるだけ堅い文章を心がけること、また丁寧な相手への気遣いの言葉を添えるとうまくまとまります。

Leadership

総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

総会の挨拶やスピーチ、手紙やメールは使う機会がそれほどないために、非常に緊張するものです。従って、あらかじめ定型的に言葉...

pixta_6456947_S

満中陰法要で施主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

満中陰法要というのは俗にいう四十九日法要、七七日忌、忌明けの法要のことです。死後四十九日目に行われます。満中陰法要では、...

pixta_8236491_S

PTA会長会議前の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

PTA会長会議前の挨拶のポイントの1つ目は、対象が自分も含め各学校のPTAの代表の父母であることを念頭に置くことが大切で...

pixta_12653797_S

喪主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

喪主の挨拶には、多くの場合において長男が務めることがあります。喪主とは故人の生前に縁の深い人になるからです。

pixta_12585750_S

公民館文化祭閉会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

公民館文化祭閉会の挨拶のポイントは文化祭が無事に閉会を迎えることが出来ることに対する感謝の気持ちを表す挨拶がベストです。...

pixta_5253020_S

結婚スピーチ新婦同期の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

結婚スピーチ新婦同期の挨拶では新婦と自分との関係性を紹介しつつ新婦がどのような人なのかを結婚式に参列している人に伝えるこ...

pixta_2944136_S

自粛の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

自粛の挨拶のポイントとしては、自粛する内容よりもその原因となったことについてを伝えることになります。自粛をするのはおそら...

pixta_13358354_S

季語の挨拶12月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

12月の下旬と言えば、仕事をしている人にとって挨拶回りなどで一番忙しい時期になります。また、仕事上の取引先相手などにメー...

SONY DSC

歳旦祭の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

歳旦祭の挨拶のポイントでは、現在においては新暦の1月1日行われるようになっていることから、新年の挨拶と一緒に行うことがあ...

Colleagues applauding smiling manager during a meeting in a meeting room

社長退任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

社長退任の挨拶は新しい社長へ任務を引き継ぐ上で大事な儀式となります。退任の挨拶は、ある意味社長としての最後の仕事になりま...

pixta_4393883_S

中学校卒業式の挨拶や...

中学校の卒業式は、義務教育の最後を飾る貴重な式典です。そ...

pixta_5109622_S

時節の挨拶やスピーチ...

時節の挨拶とはその季節に沿った言葉を使って、相手の安否を...

pixta_215212_S

結婚式親族代表謝辞の...

ここでは、結婚式親族代表謝辞の挨拶としてふさわしい自分の...

pixta_2177557_S

起工式の挨拶やスピー...

起工式の挨拶のポイントでは、地鎮祭との区別をつけるか、同...