季節の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶10月上旬の挨拶は清秋や仲秋、夜長など、秋の真ん中、盛りのイメージを持つ言葉が多くなります。9月ではまだ夏の暑さが尾を引いていたけれど、それも和らいで本格的に涼しくなってきた時期であり、また11月ほど寒さも強くない過ごしやすいタイミングを表した言葉が多いです。

10月上旬の挨拶のポイント

季節の挨拶10月上旬の挨拶は清秋や仲秋、夜長など、秋の真ん中、盛りのイメージを持つ言葉が多くなります。9月ではまだ夏の暑さが尾を引いていたけれど、それも和らいで本格的に涼しくなってきた時期であり、また11月ほど寒さも強くない過ごしやすいタイミングを表した言葉が多いです。その為秋全般を示す言葉も使いやすく、食欲の秋などの表現も違和感がありません。加えて10月は体育の日があるので、それに絡めた挨拶も適しています。

10月上旬の挨拶の書き出しのポイント

10月に適した挨拶文には、爽秋の候、、清秋の候、秋麗の候、秋涼の候、仲秋の候、錦秋の候、秋雨の候、夜長の候、秋霜の候などがあり、またいずれも爽秋のみぎりという語尾を変えた表現も可能です。ポイントで述べたように秋真っ盛りをイメージした表現になっています。また秋の深まりを感じるこの頃など、解りやすく書いた例文もありますし、虫のさえずりや秋晴れ、高い空、紅葉、実りの秋と言った単語をだして、それを感じる時期という書き出しも10月に相応しいです。

10月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチの場合は文章でわかりやすく説明したほうが伝わりやすいでしょう。手紙を口頭で読む形式ならばともかく、基本的にスピーチの場合は傍聴者の手元に台本はないので、何をしゃべっているのかは耳でしか判断できないからです。その為、秋麗の候というよりは秋が深まってまいりましたというように文章形式で伝えたほうが相手も理解できます。スピーチは傍聴人が多数であることがほとんどなので、皆様におかれましてはというように、多数に投げかける発言が良いです。

10月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合は秋霜のみぎりなど、熟語で簡潔に示す書き出しが好まれます。礼儀を踏まえた書き出しでもありますから、初めて手紙を送る場合にも相応しいのです。但し手紙が初めてとは言え、これまでに何度も会っており、親しい間柄の方には堅苦しいと感じる可能性もあるため、相手との関係性注意しつつ使うか否かを決めましょう。親しい相手には日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたがなど、文章形式でかつ丁寧語にすると親しいながらも礼節ある文になります。

10月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

挨拶で用いる場合もスピーチ同様に文章形式の方が望ましいです。挨拶はスピーチではないので、より短く、それだけで終わることもあります。朝晩は冷えてまいりましたが、皆さんお変わりはないでしょうかというような、現在の状況を交えて投げかける書き出しが良いでしょう。環境を共有している皆さんは今辛いことはないのだろうか、と配慮する文章になり、聞き手に好感を持ってもらえます。特に地域の集まりなど、環境が同じ人同士の場で有効です。

10月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールの場合も手紙に準じます。手紙よりは簡単に送付することができますが、かといって中身もおざなりにしてはいけません。特に案内状など儀礼用の文章を送る場合は爽秋の候など、熟語表現を用いて礼節を弁えた文章にしましょう。しばらく会っていない方に送る際は、いかがお過ごしでしょうかと状況を尋ねる書き出し、頻繁に会うことがある方には、お元気のことと存じますというように期待を込めた確定で文を続けるなど、それ以降の書き方も状況に応じて使い分けます。

10月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネス文も手紙やメール同様、秋霜の候のような熟語表現で書き出すのが基本です。ビジネス文書は自分、ひいては会社の利益とも関わってくるので、礼儀を第一に考えなければいけません。相手を不快にさせる言葉はどのパターンでも御法度ですが、ビジネスでは特に注意します。秋麗の候や爽秋の候など、秋を賞賛する言葉とともに、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げますと続け、秋と同じように貴社も盛りですねという文にすると良いです。

10月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

10月は秋の真ん中の月ですから、10月に限定した表現に加え、秋を示す表現も使いやすい時期と言えます。秋は月見や運動会、収穫と言ったイベントや、紅葉、秋空、虫の声など自然美に関する言葉が多く、いずれも相手を賞賛する言葉と重なって相手に好意を持ってもらいやすいのが特徴です。また夏の暑さが和らいだことへの安堵に、相手への労りの気持ちを託すこともできます。挨拶を投げかける相手と自分との関係性に応じて適した挨拶を選びましょう。

10月上旬の挨拶の結びのポイント

季節の挨拶10月上旬の挨拶で最も多いのは、迫ってきた冬の寒さへの心配です。徐々に寒くなってくるので、体には気をつけて欲しいという願いで結びます。関係性によっては、挨拶を贈る相手自信に加え、家族や職場の方に対しても重ねて心配する文章も適しています。過度に心配することも相手に気を揉ませてしまいますから、皆様が秋空のように晴れやかな気持ちでと結ぶことも有効です。秋の夜長から、近いうちにお会いできればという願いを込めるのも良いでしょう。

10月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチなので結びも複数人に向けて相応しい物にする必要があります。親しい間柄同士の集まりであれば、収穫の秋で自分が食べ過ぎてしまったので、みなさんも気をつけてくださいというような、冗談を踏まえた面白い結びを考えるのも良いでしょう。朝晩冷えてきたので体に気をつけて欲しいという話題は見方によっては暗い話題とも言えるからです。実りの多い秋のように、晴れた空のように、聞き手の今あるいは将来がよきものであることを祈る結びが相応しいでしょう。

10月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙は基本、送り主と受け取り主との1対1のやり取りになりますから、受け取り主の状況を踏まえた個人的な結びにすると良いでしょう。仕事が充実しているのであれば実りの秋を並べて仕事もより収穫あるように祈る結びが適していますし、以前に病気をしていた方には寄る寒さに対する労りの気持ちは必須と言えます。また農家の方でしたら豊作祈願をする結びも良いです。しばらく会えていない相手には、秋の夜長を利用し、近く会えればという希望で結ぶ方法もあります。

10月上旬の挨拶の使える結びの例文

挨拶文の場合もスピーチ同様ですが、1対1での場合、また親しい間柄の相手に行う場合が多いので、自分の状況を踏まえた相手への配慮をする形式が望ましいです。例えば寒さで風邪をひいてしまったので相手の方にはそうなって欲しくないから気をつけてという結びや、昨年の月見は楽しかったので、今年もその内やりたいねと期待をもつ結びです。心よりお祈り申し上げますなどの文は形式張ったイメージがあるので、親しい相手との挨拶にはあまり相応しくありません。

10月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メール文の結びも手紙同様です。受け取り手の状況を予想して、こちらの希望や祈願する結びにする、あるいは自分の状況を知らせて相手はどうかと誘う結びも良いです。10月なので他の方法と同様に秋に関する言葉を添えます。夏の暑さが過ぎましたが、徐々に寒さも強まってくるので体に気をつけて欲しい、秋の実りから相手の生活および仕事の充実を願う文末です。但し個人的なメールの場合は礼儀にこだわると帰って堅苦しくなってしまうので注意します。

10月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスで文を結ぶ場合は以上という言葉や結語で締めるのが一般的です。結語を配置する場合は、文頭に対応する頭語を設置する必要があるので忘れないでください。使われやすい例文としては社業の更なるご発展をお祈りしますのように、仕事に関する応援を込めた結びがあります。爽秋の季節のように、結びでも10月を示す熟語をいれて季節感を出すのもポイントです。基本的には会社や事業の発展を祈願しますが、個人的に付き合いがある方へは健康に配慮するのも良いです。

10月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

冬を控えた時期なので、寒さ、特に朝晩の気温に対する配慮を考えた結びが多い点が10月の挨拶の特徴です。もちろんそれでも構いませんが、相手が病気をしている最中であったり、形式張った内容を好まない相手には適さないので注意しましょう。自宅の庭や周囲の紅葉、果物の様子、相手の周囲の環境など、具体的な例を上げて結びほうが親しい相手には効果的です。また心配する発言より、いつまでも秋空のように晴れやかな気持ちの貴方でと願う結びも良いです。

10月上旬の挨拶の全体的なまとめ

"季節の挨拶10月上旬の挨拶は書き出しでも結びであっても、10月上旬限定の挨拶というよりは、秋全体を含めた挨拶を記入することが多いです。10月が秋の半ばということもあり、残暑の多い9月や寒さの深まる11月よりも秋を表現しやすい月だからと言えます。秋は空が高く紅葉が鮮やかなど、自然に賞賛すべき事柄が多いため、それを時候の挨拶として用いることで、送る相手をも賛美することができるというメリットがあります。収穫の秋に関しては、特に仕事面で関わっている方に挨拶文を送付する際に用いられやすく、実りの秋がそのまま相手の方のビジネスの成功、会社の発展に繋がるのです。 反対に9月や11月のことを踏まえて相手のことを心配する文章も10月の時候の挨拶と言えます。暑さは去ったけど油断できない、11月の寒さはもうすぐそこというようにして、今は10月だけれども気をつけて欲しいと相手を促す文章にします。ある程度親しい相手であれば、食欲の秋で食べ過ぎた、子供の運動会で張り切りすぎて筋肉痛など、自分の失敗談を交えて笑い話にする流れも良いでしょう。失敗談でなくとも、自分の近況を語ることは大事です。庭の木に果物がなった、子供が運動会で一等賞を取ったなど、喜ばしい話題をさわり程度に話すのであれば相手も気を悪くしないでしょう。"

Exif_JPEG_PICTURE

給食試食会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

給食試食会の挨拶のポイントは、堅苦しくならないことです。無理に丁寧語や敬語、熟語などを織り交ぜるよりも、子どもたちにとっ...

pixta_3338549_S

披露宴の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

結婚式・披露宴の席では、来賓や友人達による祝辞や新郎や父親による披露宴の挨拶が行われるのが一般的です。結婚式の挨拶や披露...

pixta_2552472_S

謝恩会保護者代表の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

学校の卒業式後などに謝恩会が行われる場合があります。その際、保護者代表として挨拶をしなくてはいけない場合、どの様な挨拶が...

pixta_5253020_S

結婚スピーチ新婦同期の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

結婚スピーチ新婦同期の挨拶では新婦と自分との関係性を紹介しつつ新婦がどのような人なのかを結婚式に参列している人に伝えるこ...

pixta_13292842_S

自治会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

地域の防犯などのために活動しているのが自治会です。自治会の会員の集まりは定期的に開かれるものです。その集まりの中で、最初...

pixta_14939713_S

時候の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

その季節や月によって時候の挨拶というのは少しずつ変化させる必要があります。時候の挨拶6月上旬の挨拶には、6月のイメージ、...

M

連合会長視察研修最後の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

連合会長視察研修最後の挨拶のポイントは、視察研修の必要性を述べます。そこから視察研修に関する理解度を高めていきます。また...

pixta_14817236_S

時候の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候の挨拶1月下旬の挨拶のポイントですが、1月下旬では一年で最も寒い季節でもあるので「大寒」「厳寒」「厳冬」などの言葉が...

pixta_3401276_S

三回忌献杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

献杯とは相手に敬意を表して杯を差し出す行為をいいます。今回の相手とは三回忌となる故人に他なりません。法要などでは故人に敬...

pixta_12573640_S

クリスマス会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

クリスマス会の挨拶のポイントは、年の瀬に、今年一年の感謝の気持ちと、クリスマスと言ったロマンティックで楽しい雰囲気を伝え...

pixta_15562658_S

新任取締役就任の挨拶...

会社などにおいて、新任取締役に選任され、就任の挨拶をしな...

business man looking away to sky

栄転の挨拶やスピーチ...

会社で仕事をしていると栄転という言葉を耳にする機会が出て...

pixta_14454320_S

通夜の挨拶やスピーチ...

人が亡くなるとまず行われるのがお通夜です。そしてお通夜の...

pixta_4944811_S

暑気払いの挨拶やスピ...

暑気払いの挨拶のポイントとしては、暑さを吹き飛ばすための...