時候の挨拶11月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶11月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶11月上旬の挨拶のポイントについてお話しします。11月上旬といえば、秋も深まり、山々の紅葉が美しい時期で、街中やお店ではハロウィンが終わり、クリスマスの準備もされています。

11月上旬の挨拶のポイント

時候の挨拶11月上旬の挨拶のポイントについてお話しします。11月上旬といえば、秋も深まり、山々の紅葉が美しい時期で、街中やお店ではハロウィンが終わり、クリスマスの準備もされています。少し落ち着いて見える季節です。また晴天で暖かい日もありますが、11月上旬では暦の上では「立冬」と呼ばれ、冬の始まりを意味します。11月上旬の時候の挨拶でよく用いられる言葉として「紅葉」「霜秋」「立冬(11月7日頃)」「暮秋」などがあります。

11月上旬の挨拶の書き出しのポイント

『時候の挨拶11月上旬の挨拶の書き出し』のポイントとしては、「立冬」「紅葉」「暮秋」などを使用するのであれば、「立冬の候(みぎり)」「暮秋の候(みぎり)」などと「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかにつなげます。書きだしの定番の形としては「時候の挨拶」+「安否の挨拶」という組み合わせで「立冬の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます」などといった書きだしから始まります。

11月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文では「肌寒い日が続きますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」や「秋晴れの好天気とともに山の紅葉が見ごろを迎えております」など、できるだけ口語体でソフトな表現を用いるとよいでしょう。スピーチに関しては、時候の挨拶を耳から聞くという形になりますので、聞く側にとってはできるだけなじみのある季節の表現が聞き取りやすく、聞いて内容がわかりやすいスピーチの印象を持ってもらえます。

11月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文では親しい方には「拝啓 落ち葉が舞い散る季節になりました。いかがお過ごしでしょうか」や「あちらこちらで紅葉狩りの情報を目にするようになりました。鮮やかな木々の色づきを求めて遠出したくなる今日この頃」と書きだし全体が少し長くなってしまっても、その人らしさや、自身の生活などから感じる季節の表現を文章に取り入れると興味深く読んでもらえるでしょう。親しい仲でも丁寧な言葉づかいや気遣いは忘れないように心がけましょう。

11月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文としては「紅葉の候、皆様おかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」というような慣用句を用いた定型文ですとお礼状や、その他挨拶状などほとんどの場において使うことができます。11月上旬の挨拶では、秋も深まり、紅葉がきれいな季節であるという鮮やかな秋を感じさせる表現や、「立冬」を過ぎて、少しずつ冬が近づいていきますねといった表現に相手の健康を気遣う一言をつけて書き出すとよいでしょう。

11月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

『メールに使える書き出し』の例文としては、「秋色深まり、夜長の頃となりました」「街路樹のいちょうが美しく色づきました」など言葉をできるだけ短く、シンプルで読みやすい文面を心がけましょう。ビジネスメールなどの各挨拶・報告メールでは漢語調を用いた、「立冬の候 貴社におかれましては~」というような少し堅い書きだし文面が多く使われています。個人宛てなのか、社内メールなど大勢の方に一斉に送られるメールなのかによっても書きだしの文面は違ってきます。

11月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

『ビジネスに使える書き出し』の例文では「霜秋の頃、平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます」や「 霜月の候、貴社ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます」といった定型文が多く使われています。会社の移転や業務拡大、役員交代の挨拶状などに使われています。実際ビジネス文書では、生活感や個人的な感情表現はあまり好まれず、決まった書式や形式にしたがって書き始めます。会社の成長や発展を期するという意味でも前向きな言葉を選ぶようにしましょう。

11月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『時候の挨拶11月上旬の挨拶の書き出し』についてのまとめは11月上旬で使われる季語としては「晩秋」「立冬」「紅葉」「菊花」「初冬」「落葉」などでそれらに「~の候」もしくは「~のみぎり」をつなげます。よく使われる定番パターンとしては「時候の挨拶」+「安否の挨拶」という形で、「菊花の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」や「秋も一段と深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか」などと書き出します。

11月上旬の挨拶の結びのポイント

『時候の挨拶11月上旬の挨拶の結び』のポイントは書きだしで解説した「時候の挨拶」+「安否の挨拶」のパターンも使われますが、結びで使われる「ご自愛ください」「ご自愛専一に」「ご健康を心よりお祈り申し上げます」「「ご壮健にてお過ごしください」といった相手の健康や幸を祈る、体調を気遣う言葉が多く使われています。あらたまった場合においても使われることが多いですので、いくつかパターンとして覚えておくと便利です。

11月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文は「鮮やかな紅葉の季節、体にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください」や「夜寒の折、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」などとしめくくると話しがうまくまとまりそうです。スピーチの最後のしめくくりは明るく前向きな言葉を用いてしめくくります。反対にネガティブな表現を取り入れてしまうとスピーチの内容全体が暗い印象と捉えられてしまうことや尻つぼみの印象を持たれてしまうことがありますので注意しましょう。

11月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文では親しい人への手紙では「暦の上ではもう冬になりました。お体を大切になさってください」や「ゆく秋の寂しさが身に染みる頃ですが、体調を崩されないよう十分に注意し、お互い寒い冬を乗り越えましょうね」などと親近感を持ってもらえる表現で明るく前向きにしめくくりましょう。またあらたまった場面においては「落ち葉が舞い散る霜秋の候、体調をくずされませぬようご自愛ください」などと少し堅い言葉を用いるとよいでしょう。

11月上旬の挨拶の使える結びの例文

『挨拶に使える結び』の例文では「晩秋の折、皆様おそろいでご壮健にて長い冬にお備えください」や「夜寒の折、何卒お体おいといください」などの表現がより丁寧で、どの場面においてもそのまま使える言い回しです。挨拶状やお礼上などでは、相手や場面によっては口語調のやわらかな表現でも構いませんが、丁寧であることに越したことはないので、時候の挨拶に慣用句をつなげるという結びが実際に書いたり作成したりするときも簡単です。

11月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文は親しい間柄ですと「日ごとに風が冷たく感じますが、お体にお気をつけてお過ごしください」や「木枯らしが吹きすさむこの季節、どうかお体は大切に」などと書きだし同様、手短に読みやすい表現を心がけましょう。ビジネスメールですと「時節柄、どうぞご自愛くださいませ」などでしめくくることもできます。「時節柄」というのは便利な表現で、11月上旬のように少しずつ寒くなっていったり、季節の変わり目などにあたる時期を指します。

11月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文では「向寒の折柄、貴社の今後更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」や年末に向けて徐々に忙しくなっていく時期でもあるので、「年末に向けて、何かとご多忙のことと存じますが、今後とも、ご支援ご厚情を承りますようよろしくお願い申し上げます(諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております」などの言い回しも有効です。体調を気遣う一言、忙しさを気遣う言葉を添えると印象が違います。

11月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

『時候の挨拶11月上旬の挨拶の結び』についてのまとめとしては、相手の体調を気遣い、「お元気でいてくださいね」という旨でしめくくるのが一般的によく見られる結びの形です。これを相手や場面によって言い方や表現を工夫していくとよいでしょう。ビジネスやあらたまった挨拶の場面ですと、例文で挙げた言い回しをそのまま使うこともできますので、いくつかのパターンとして覚えておくといざというときにすぐに使うことができます。

11月上旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶11月上旬の挨拶の全体的なまとめをすると、11月上旬の季節の背景には「紅葉」や「クリスマスの準備」など比較的華やかな季節の表現ができる要素がありますので、こうした鮮やかな季語を積極的に用いるとよいでしょう。あと一つ注意したいのは11月上旬では「立冬」という言葉があるのに対して「小雪」といった言葉がありますが、これは11月22日ごろすなわち下旬を表す言葉ですので、言葉の雰囲気が似ていますが、使う季節を間違えないようにしましょう。最近では、個人宛ての手紙にこういった時候の挨拶を用いて手紙を書く機会は少なくなりましたが、ビジネス文章や、結婚式などの招待状、贈答品のお礼状など使える場面はいろいろありますので、いざというときに慌てないよう言い回しをいくつか頭に入れておきましょう。11月上旬ではここで例文として挙げた以外にも季節のイベントや、自然の風景から感じ取れる「深まる秋」の表現が出てくるでしょうから、まずは家族や親しい友人宛に一筆書いてみるのもよいでしょう。こうした時候の挨拶の書きだしと結びの言葉を用いると文章全体をスマートまとめあげることができます。少し堅苦しく感じるかもしれませんが、正式な文章を書くときに非常に役立ちます。

pixta_15096150_S

中学校PTA委員会総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

中学校PTA委員会総会の挨拶のポイントは思春期に入る中学生の保護者としての立場と中学校PTA委員会の役員としての立場をふ...

pixta_14404430_S

激励会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

激励会の挨拶を行なうという場合には、まず基本的なポイントをしっかり意識しておくというのは良い方法だといえるでしょう。まず...

pixta_14276047_S

季節の挨拶4月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

4月下旬の挨拶のポイントとしては、東北を除く本州各地では桜がすでに散り、新緑が美しくなる季節です。4月下旬では桜もすっか...

SONY DSC

季節の挨拶8月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶8月下旬の挨拶では、残暑の厳しい季節をなんとか乗り越えて少しでも秋の涼しさ・爽やかさを感じさせるようにして差し...

pixta_13364016_S

季語の挨拶12月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶12月上旬の挨拶において、まず例文から推測される挨拶の言葉が、それぞれの季語を生む形となります。季節によって、...

pixta_1786035_S

文化祭校長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

やはりこの場合、様々な学校においての文化祭校長の挨拶にあたるものなので、スピーチ・手紙・メールのいずれにおいても、それぞ...

pixta_10605536_S

季語の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

時候のあいさつは、それぞれの季節に合った言葉や季語を使って季節感を表現します。『季語の挨拶6月上旬の挨拶』では、6月上旬...

pixta_14207891_S

代表者変更の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

代表者変更の挨拶のポイントは、組織についての紹介について述べることがあります。よくある場面としては会社における代表取締役...

pixta_7652196_S

スポーツ表彰の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

スポーツ表彰の挨拶のポイントにおいては、競技において素晴らしい結果が出たことについて、賞賛の言葉を伝えるようにします。優...

pixta_7741186_S

PTA総会役員の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

子供の学校でPTAの役員に選ばれることがあると思います。そんな時、PTA総会役員の挨拶をしなければいけない場合があると思...

SONY DSC

PTAの挨拶やスピー...

PTAの挨拶のポイントとして、どのような人が役員になった...

オフィス

社長年頭の挨拶やスピ...

社長年頭の挨拶のポイントとしては、新年のあいさつを行うこ...

pixta_6076425_S

年始の挨拶やスピーチ...

年始は仕事始めの時期でもあり、次の一年のスタートという意...

pixta_12364802_S

少年野球保護者の挨拶...

少年野球保護者の挨拶のポイントとしては、集まっている人に...