季節の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

春夏秋冬がはっきりしている日本では、様々な場面で季節の挨拶を述べる場面が出てきます。特に、6月上旬の時期は一般的に「梅雨」と呼ばれ、1年の中でも健康を損ねやすい季節でもあります。

6月上旬の挨拶のポイント

春夏秋冬がはっきりしている日本では、様々な場面で季節の挨拶を述べる場面が出てきます。特に、6月上旬の時期は一般的に「梅雨」と呼ばれ、1年の中でも健康を損ねやすい季節でもあります。そのため、「季節の挨拶6月上旬の挨拶」は、この時期特有の雨が多くじめじめとした過ごしにくい気候を的確に言い表しながら、相手の健康を願う表現を挟むのがポイントです。相手のことを思いやる季節の挨拶を述べることで、相手の方に良い印象を与えることが出来ます。

6月上旬の挨拶の書き出しのポイント

春夏秋冬がはっきりしている日本では、様々な場面で季節の挨拶を述べる場面が出てきます。特に、6月上旬の時期は一般的に「梅雨」と呼ばれ、1年の中でも健康を損ねやすい季節でもあります。そのため、「季節の挨拶6月上旬の挨拶」は、この時期特有の雨が多くじめじめとした過ごしにくい気候を的確に言い表しながら、相手の健康を願う表現を挟むのがポイントです。相手のことを思いやる季節の挨拶を述べることで、相手の方に良い印象を与えることが出来ます。

6月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

では、スピーチの書き出しに使える季節の挨拶6月上旬の挨拶について、例文をご紹介します。スピーチは、一見季節の挨拶を使う必要がないように思う場面ですが、聴く人に好印象を与えるためには適切な季節の挨拶を導入する必要があります。スピーチの際は、出来るだけ堅苦しくならないような季節の挨拶を述べるとよいでしょう。具体的には、「梅雨冷えの日が続いております」「梅雨明けが待たれる今日この頃」「雨に濡れたあじさいの色が一際鮮やかな今日」というように、6月上旬をイメージしやすい挨拶を述べるのがおすすめです。

6月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

次に、手紙の書き出しに使える季節の挨拶についてご説明します。手紙に季節の挨拶を入れる際は、誰に手紙を送るかによって言葉の使い分けをする必要があります。自分より目上の人に手紙を送る際は、「若葉青葉の候」「時候不順の折」「爽やかな初夏を迎え」「雲の晴れ間の青空も懐かしく」「初夏の風邪に肌も汗ばむ頃」「暑さ日増しに厳しく」というような書き出しにしましょう。一方、親しい人へ手紙を送る際は、「すがすがしい初夏の季節となりました」「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃」というような柔らかい表現がおすすめです。

6月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

ここでは、就職活動を行っている学生向けに、送付状を書く際に使える「書き出し」についてご説明します。6月という季節は、まさに就職活動まっただ中であり、企業にエントリーシートを送付する場面が出てきます。その際、送付状も一緒に送る必要があります。送付状を書く際は、「梅雨の候」「短夜の候」「五月雨の候」「向夏の候」「向暑のみぎり」というように、季節を端的に表す言葉を添えるとよいでしょう。これらの言葉を使うと、「拝啓 梅雨の候、貴社におかれましては、ますますご発展のことと存じます。」というような書き出しになります。

6月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

ここで言うメールは、親しい友達同士で送るものではなく、ビジネスで送るメールを指します。ビジネスでは、顧客や取引先の会社などと頻繁にメールを交わす場面があるため、適切な季節の挨拶を用いる必要があります。たかがメールと侮らずに、適切な季節の挨拶を使うようにしましょう。具体的には、「入梅の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」「長雨の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」というような書き出しにします。

6月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスの世界では、手紙やメールで使う表現によって、相手に与える印象が大きく左右されます。顧客や取引先に手紙やメールを送る際は、季節に適した書き出しを心がけましょう。6月の場合は、日に日に暑さが増していく上、梅雨で長期間雨が続くことが多くなるため、「薄暑のみぎり、皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。」「向暑の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。」というような、季節を感じられる書き出しにすると、相手の印象がよくなります。

6月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

このように、季節の挨拶6月上旬の挨拶の書き出しは、6月にふさわしい言葉を必ず入れる必要があります。また、手紙やメールを送る相手によって言葉を使い分けたり、6月の中でも時期によって季節の言葉を使い分けるなど、様々な決まりがあります。これらの決まりは、必ずしも守らなければならないという訳ではありませんが、適切な時期に適切な言葉を使うことで、相手に与える印象は大きく変わってきます。まずは意識し続けることで、自然と適切な言葉を使えるようになります。

6月上旬の挨拶の結びのポイント

ここからは、「季節の挨拶6月上旬の挨拶」の結びについてご説明します。結びの際も、書き出しと同様に季節にふさわしい言葉を選択する必要があります。特に、6月上旬はだんだんと暑さが増していく上、だんだんと梅雨入りする地域も増えてくる時期です。そのため、結びの言葉にはこれから暑さが増していくこと、梅雨入りして雨が長期間続くようになること、体調を崩さないよう健康管理に気をつけること、これらの要素を取り入れるようにしましょう。

6月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチの結びの際は、季節に応じて参加者に配慮した言葉を入れるのがポイントです。特に、6月は日に日に暑さが増していく上、梅雨でじめじめと鬱陶しい時期が続くため、体調を崩しやすくなります。そのため、スピーチの結びには「季節的に過ごしづらい日々が続きますが、皆様くれぐれも健康に留意して風邪など引きませんようお過ごし下さい。」というように、参加者の健康に配慮した結びにするとよいでしょう。また、結婚式でスピーチする際は、「切れる」「別れる」などの忌み言葉を入れないようにしましょう。

6月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙の結びの際も、送る相手によって結びの言葉を使い分けるようにします。自分より目上の人に送る場合は、「梅雨入り前で御座います。体調を崩されますよう、皆様の御健康を心よりお祈り申し上げます。」「季節の変わり目で御座います。何卒御身体をおいとい下さい。」というような結びにします。一方、親しい人に送る際は、「梅雨入りのニュースが気になる頃です。くれぐれもお身体を大切にして下さい。」「蒸し暑い毎日ですが、どうかお身体を大切になさって下さい。」というような、やんわりとした表現で結びます。

6月上旬の挨拶の使える結びの例文

ここでは、就職活動での送付文の結びの言葉についてご説明します。就職活動で各企業に送るエントリーシートは、送る際に送付文も一緒に添える必要があります。この場合は、あくまでエントリーシートを確認した上で、面談の機会を設けてもらえるよう懇願するために送るため、相手の体調を気遣ったり、会社のますますの繁栄を祈る結びにするのは、いささか不適切です。そのため、結びの際は「何卒宜しくお願い致します。」というように、簡潔にまとめるのが適切です。

6月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

ここでは、ビジネスで送るメールについてご説明します。ビジネスでのメールは、結びの際に送る相手の健康を気遣う言葉を入れる必要があります。具体的には、「入梅の折柄、どうぞお健やかにお過ごし下さい。」「天候不順の折、何卒ご自愛下さい。」「梅雨寒の日も御座います。くれぐれも体調を崩されませんようご自愛下さい。」というような結びにします。「自愛」とは、「自分の健康状態を気をつける」という意味で、このような改まったメールの結びに最適です。

6月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスにおいては、書き出しと同様に相手に失礼のないようにくだけた表現は避けるべきです。また、相手を気遣いつつも夏がだんだんと近づいていることを感じさせる表現を入れるのがおすすめです。具体的には、「天候不順のみぎり、くれぐれもご自愛下さい。」「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、お風邪など召されませんようお願い申し上げます。」というように、相手の健康を労いつつも徐々に夏が近づいていることを感じさせる結びにするとよいでしょう。

6月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

このように、季節の挨拶6月上旬の挨拶の結びは、相手の健康を気遣う表現を入れることがポイントです。6月、特に上旬の時期は、梅雨入りや暑さの影響で体調を崩しやすくなってきます。スピーチや手紙、メールなどの結びに相手の健康を労う言葉を入れることで、相手によりよい印象を与えることが出来ます。また、だんだんと夏が近づいていることを感じさせる表現を挟むと、全体の印象が明るくなります。まず第一に、相手を気遣う結びを心がけましょう。

6月上旬の挨拶の全体的なまとめ

日本は、非常に四季がはっきりしている国です。春夏秋冬それぞれの季節にふさわしい言葉を入れることで、季節をよりいっそう身近に感じられるようになり、読む相手や聴く相手によい印象を与えることが出来ます。それぞれの季節で使える言葉は決まっており、季節に適した言葉を使う必要があります。また、6月でも時期によって使える言葉が異なるように、同じ季節でも細かな使い分けがあります。一見すると難しいように感じてしまいますが、日本に古くから根付いている季節の挨拶は、私達が日頃慣れ親しんでいる「日本語」の素晴らしさを感じさせてくれます。また、どの場面においても相手の健康を気遣う言葉を結びに入れるのも、日本人ならではの発想と言えます。相手の健康を気遣う際も、6月であれば梅雨のじめじめした季節にふさわしい言葉を入れるというように、季節ごとに使い分けがなされています。ただ単に相手の健康を気遣うだけでなく、それぞれの季節をにふさわしい表現を入れることで、季節をよりいっそう感じやすくなるだけでなく、相手によりいっそうよい印象を与えることが出来ます。日本に根付いた「挨拶」の文化を深く学び、様々な場面で使えるようにしていきましょう。

pixta_13337557_S

自治会長新年の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会長新年の挨拶のポイントとしては、地域活動に上下関係はありませんので砕けすぎず、硬すぎずを考慮して、言葉を選ぶことが...

pixta_14983037_S

親睦会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

会社や習い事の場などで、仲間たちとの交流を深める為の親睦会が開催される場合があります。今まで以上に仲を深める為に楽しい会...

pixta_8617249_S

季語の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

一年の始まりである一月には、沢山の季語が存在します。季語の挨拶1月下旬の挨拶としましては、すでにお正月気分も抜けきってい...

pixta_16457027_S

旅行宴会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

バブル前までは頻繁に行われていた職場での社員旅行なるものですが、最近は経費削減や仕事より家庭の風潮から、そういったイベン...

pixta_7030788_S

小中学校運営研究協議会主催者の挨拶やスピーチに使える言葉の例...

小中学校運営研究協議会主催者の挨拶のポイントでは、どの学校において行われていることかについてになります。全国的には多くの...

pixta_8617248_S

季語の挨拶2月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶2月下旬の挨拶のポイントは、寒さの厳しい季節なので、それをねぎらうことが大切です。季語を的確に使い、季節のうつ...

pixta_10776654_S

法事の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

人が亡くなると葬儀・告別式があり残された人達は故人との最後のお別れをします。しかし、仏教においては、葬儀・告別式以降もひ...

pixta_5653458_S

小学校同窓会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

小学校同窓会の挨拶のポイントとしては、懐かしい友達たちに対して参加を呼びかけるようにすることになるでしょう。比較的若い人...

pixta_14047428_S

時候の挨拶1月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

新年を迎えた1月上旬は、何かと行事が多く、それらの行事の招待状やさまざまなお礼状などを書く時期でもあります。

pixta_10893262_S

同窓会会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

同窓会会長の挨拶は、同窓会の中では必ずあることです。一度だけというパターンもあれば始まりと終わりにあることもあり、この挨...

Hands of businessman holding microphone

会長就任の挨拶やスピ...

会長就任の挨拶のポイントとして、まずはどのような会である...

Business conference

OB会総会閉会の挨拶...

OB会総会閉会の挨拶のポイントは集まってもらった先輩方に...

pixta_7676138_S

BBQ大会町内会長の...

BBQ大会町内会長の挨拶のポイントとしては、毎年恒例のこ...

pixta_4928468_S

季節の挨拶3月下旬の...

3月下旬というとまだ寒さも残っている季節ですが、確実に春...