時候の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶5月下旬の挨拶としては、新緑が元気に彩るこの季節ながらも気温もずいぶんと上がり、夏の陽気もちらほらと出てくる時期です。暦の上では、5月下旬は立派な夏です。

5月下旬のポイント

時候の挨拶5月下旬の挨拶としては、新緑が元気に彩るこの季節ながらも気温もずいぶんと上がり、夏の陽気もちらほらと出てくる時期です。暦の上では、5月下旬は立派な夏です。夏と言ってもまだまだ暑さは厳しくなく、さわやかな季節で、「小満」と言って、草木をはじめ万物が満ち溢れる時期ともされているので、明るい言葉が似合います。春の終わりを惜しみつつ、時折感じられる肌寒い日もあったりするので、それを織り交ぜながら相手の安否を気遣う言葉と繋げて使用すればいいです。

5月下旬の書き出しのポイント

時候の挨拶5月下旬の挨拶の書き出しには、木々の緑もだんだん色が濃くなってくる頃なので、「深緑」「万緑」「青葉」という言葉を使うことで季節感を表し、気候も春から夏に変わっていく頃なので、「暮春」「残春」「初夏」「軽暑」などの気温を意識した言葉を使うこともできます。この他にも5月の花やその季節の筍ご飯などの食べ物、衣替えや遠足や運動会などのイベントを使ってもさわやかな5月から夏への移り変わりの時期の挨拶を作ることが出来ます。

5月下旬のスピーチに使える書き出しの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のスピーチの書き出しの例文としては、「早くも夏を思わせるような日差しの強さに驚かされています。」とか「木々をわたる風にも、そこはかとなく初夏の気配を感じるころとなりました。」とか「街路樹の若葉が初夏の日差しにまぶしく輝く季節となりました。」とか「街で見かける学生の夏服姿に衣替えの季節を感じる頃となりました。」とか「暦の上では、すでに夏となり、日中は、汗ばむような季節になりました。」などがあげられます。

5月下旬の手紙に使える書き出しの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文として、目上の人に対する手紙は、「~の候」、「~のみぎり」を使い、「深緑の候、××様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」とか「軽暑のみぎり、皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。」そして身内や友人宛ての手紙の書き出しには、もう少しくだけて、「日中は、長袖では汗ばむくらいの初夏の陽気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。」などの5月下旬の気候を言葉に表すといいです。

5月下旬の使える書き出しの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶に使える書き出しの例文としては、「拝啓、小満を迎えいよいよ夏が近く感じられる頃となりました。お元気でいらっしゃいますでしょうか。」とか「うっすらと汗ばむほどの陽気が、本格的な夏の近いことを知らせていますが、お変わりございませんでしょうか。」とか「時折、吹く風もはや夏めいてまいりましたが、お健やかにお過ごしでしょうか。」とか「緑が日に日に濃さを増し、初夏の足音が聞こえてきそうなこの季節ですが、お変わりございませんか。」などがあげられます。

5月下旬のメールに使える書き出しの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文としては、あまり堅苦しくなく、「緑鮮やかな麗しい季節となりましたが、お変わりございませんか。」とか「ここかしこのみずみずしい若葉に初夏ならではの新鮮さを感じております。」とか「残春の候、街路樹の緑も日ごとに濃さを増しているようです。」とか「うっすらと肌の汗ばむこの頃、初夏の足音がそこに聞こえてくるようです。」とか「夏を迎える準備に忙しい今日この頃です。」などがあげられます。

5月下旬のビジネスに使える書き出しの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文としては、「~の候」と5月下旬にふさわしい言葉を入れ、かしこまった表現を使い、「拝啓」や「謹啓」の後に、「万緑の候 貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」とか「立夏の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」とか「初夏の候 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」とか「晩春の候 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」などがあげられます。

5月下旬の書き出しについてのまとめ

時候の挨拶5月下旬の挨拶の書き出しについては、以上のように「惜春」「立夏」「軽暑」「緑樹」「残春」「小満」「青葉」などの季節の移り変わりの言葉を織り交ぜながら、スピーチ、手紙、メール、ビジネスとそれぞれの場面や送る相手に応じて、改まった言い方、あまり堅苦しくない程度に丁寧な言い方、あるいは少しくだけた言い方など、「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を踏まえて書くことで、季節の味わいを表現することが出来ます。

5月下旬の結びのポイント

時候の挨拶5月下旬の挨拶の結びのポイントとしてもやはり、季節を感じる言葉を使い、相手への気遣いの言葉をスピーチ、手紙、メール、ビジネスとそれぞれに使い分けることが大事なことです。ビジネス文書や目上の人へのかしこまった手紙などでは、定型の言葉を使う方がいいです。しかし、保護者会や町内会、友人宛ての手紙では、あまり堅苦しく難しく考えずに日常にあふれる季節感を表す言葉を入れると素敵な時候の挨拶になります。

5月下旬のスピーチに使える結びの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文としては、「日中と朝晩の寒暖差の大きい季節です。くれぐれもご自愛ください。」とか「過ごしやすい季節ではありますが、体調を崩さないようにお気をつけてください。」とか「残り少ない五月晴れの日々をどうかお健やかにお過ごしください。」とか「梅雨入りも間近となっていますので、どうかくれぐれもお体を大切にお過ごしください。」とか「夏に向かっているこれからの季節でございます。くれぐれもご自愛ください。」などがあげられます。

5月下旬の手紙に使える結びの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文としては、目上の人に対しては、少し改まった丁寧な書き方で、「寒暖の差が大きい季節柄、なお一層ご自愛くださいませ。」とか「向暑の折から、くれぐれもご自愛ください。」とかで。親しい人への手紙の結びとしては、「暑い季節に向かいます。健康には、くれぐれもご留意ください。」とか「暦の上では、もう夏です。次第に暑くなる日も増えてきますが、どうかお体大切になさってください。」などがあげられます。

5月下旬の使える結びの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶に使える結びの例文としては、「時折、吹いてくる風も夏めいてきました。心身ともに晴れやかにお過ごしください。」とか「暑い季節に向かいます。皆様も健康にはくれぐれもご留意ください。」とか「季節の変わり目でございます。どうか体調を崩されませんように願っています。」とか「梅雨入りも間近でございます。体調を崩されませんよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。」とかなどがあげられます。

5月下旬のメールに使える結びの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文としては、「残り少ない五月晴れの日々をどうかお健やかにお過ごしください。」とか「過ごしやすい季節ではありますが、どうか体調を崩さないようお気をつけてください。」とか「向暑の折から、くれぐれもご自愛ください。」とか「また近いうちにお会いできますことを心よりお待ち申し上げます。」とか「何かとお忙しいとは思いますが、くれぐれもご無理などをなさらないようご自愛ください。」などがあげられます。

5月下旬のビジネスに使える結びの例文

時候の挨拶5月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文としては、「若々しき木々の葉が生い茂るこの頃、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。敬具」とか「天地万緑の中、一層のご健勝をお祈り申し上げます。謹白」とか「来る夏に向け、更なるご活躍をご期待申し上げます。敬具」とか「梅雨入りも間近なようです。ますますのご活躍をお祈り申し上げます。敬具」とか「軽暑のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」などがあげられます。

5月下旬の結びについてのまとめ

時候の挨拶5月下旬の挨拶の結びの言葉として、季節が春から夏へと変わる変わり目でもあるので、その時々の天候や気温を意識しながら、それぞれスピーチ、親しい人への手紙、目上の人への手紙、メール、ビジネス文書と場面や送る相手に応じて、季節を感じられる言葉を使い、相手への気遣いを感じさせる言葉で締めくくることで、5月下旬の清々しさも表現でき、自分らしさが出せます。簡潔な中にも相手を思いやる気持ちを忘れないことが大切です。

5月下旬の全体的なまとめ

時候の挨拶5月下旬の挨拶の挨拶として、書き出しにも結びの言葉にも「小満」という言葉を初め、木々の緑の色がだんだんと濃くなっていく頃の言葉として、それを表した「深緑」「万緑」「青葉」という言葉を使いたいものです。また気候が春から夏に変わっていく頃を「暮春」「残春」「初夏」「軽暑」などの言葉で言い表します。またこの時期の花で、牡丹の花、アカシアの花、バラの花などを使い、「我が家の庭にバラの花が華やかに咲いています。ぜひ一度おでかけくださいませ。」や「牡丹の花が咲き誇り、日中は汗ばむ季節となりました。皆さんお元気でいらっしゃいますか。」などと盛り込んでみるのも素敵です。親しい人への手紙なら家の周りの景色や普段の生活で感じている季節感を言葉にするだけでも味わい深い挨拶の言葉になります。スピーチ、手紙、メール、ビジネス文書と形式はそれぞれ違っても季節を表す言葉と共に、「梅雨のはしりで気まぐれな空の下、十分お体にお気をつけてお過ごしください。」などのように相手への思いやりや気遣いを忘れずにさりげなく盛り込むことが基本です。そうすればとても素敵な時候の挨拶5月下旬の挨拶になります。自分らしい時候の挨拶5月下旬の挨拶にしてみてください。

pixta_16269420_S

忘年会社長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

忘年会社長の挨拶のポイントとしては、まずは1年間の仕事に対するねぎらいの言葉が必要でしょう。参加者に関しては社員が一般的...

pixta_1224275_S

退職者への挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

会社で働いていると定年退職をする人やまた寿退社をする人、他にも様々な理由で退職をする人がいると思います。そういった退職者...

pixta_6028147_S

時候の挨拶12月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

時候の挨拶12月上旬の挨拶のポイントは、12月になると急に寒さが厳しくなりますし、寒い地方では雪も降り始めます。ですので...

pixta_14983274_S

季節の挨拶5月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶5月上旬の挨拶には春の終わりをイメージさせる内容や、鯉のぼりや五月人形などのこどもの日を想起させる語句を用いて...

pixta_8617248_S

季語の挨拶2月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶2月下旬の挨拶のポイントは、寒さの厳しい季節なので、それをねぎらうことが大切です。季語を的確に使い、季節のうつ...

マイク花

祝賀会司会者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

祝賀会などお祝いの司会者の挨拶は進行をスムーズにし、参列者の注目を集めます。それぞれの立場をもつ来賓に配慮をし、お祝いの...

tubaki

季節の挨拶2月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶2月下旬の挨拶で気をつけることは、まず、季語をきちんと取り入れるようにする、ということです。季節の挨拶では、頭...

pixta_534149_S

季語の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶11月下旬の挨拶は、師走が近づき、気持ちも生活面もせわしくなるころで、疲弊することも多くあることに配慮した表現...

pixta_3341886_S

還暦同窓会幹事の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

還暦同窓会の幹事だからといって、緊張しすぎたり、固くなりすぎたりする必要はありません。まったく知らない間柄ではないのです...

l

師走の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

12月は別名”師走”と呼ばれ、会社などでも忙しくなる時期になります。また、忘年会シーズンなどとも重なり、何かと用事も多く...

pixta_8558539_S

お客様への挨拶やスピ...

お客様への挨拶は、スピーチ、メール、手紙、電話など色々な...

pixta_1933112_S

新役員就任の挨拶やス...

新役員就任の挨拶の際にポイントになっていく部分は、就任者...

pixta_5253020_S

結婚スピーチ新婦同期...

結婚スピーチ新婦同期の挨拶では新婦と自分との関係性を紹介...

pixta_6291397_S

高等学校創立記念PT...

高等学校創立記念日は一年に一度必ず訪れる記念すべき日とし...