季語の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

春は、卒業式や転勤など別れの季節でもありますが、新しい生活への準備に心弾む時期でもあります。3月下旬ともなると、冬の寒さがだんだんと和らぎ、ポカポカと暖かい日が多くなってきます。桜のつぼみも膨らみ、本格的な春の訪れを感じる頃ですよね。

季語の挨拶3月下旬の挨拶のポイント

春は、卒業式や転勤など別れの季節でもありますが、新しい生活への準備に心弾む時期でもあります。3月下旬ともなると、冬の寒さがだんだんと和らぎ、ポカポカと暖かい日が多くなってきます。桜のつぼみも膨らみ、本格的な春の訪れを感じる頃ですよね。また、この時期は気温が安定せず、急に寒くなったりするものです。その時の気象の変化に応じて挨拶の表現を考えることが必要です。一般的に3月下旬というのは3月21日から月末までを意味します。季語の挨拶3月下旬の挨拶を考えるときは、春分の日が過ぎれば下旬の頃の挨拶を使うようにします。

季語の挨拶3月下旬の挨拶の書き出しのポイント

『季語の挨拶3月下旬の挨拶の書き出し』は、春の暖かさや草花のみずみずしい生命力を感じさせる表現を使うことで、相手に春の訪れを感じさせることができます。また、古くから日本では花と言えば桜を意味し、日本人は桜に特別な思いを抱いてきました。淡い黄緑色のつぼみが徐々に花開いていく様子は、春が来たんだな、と感じさせてくれます。「桜前線」や「桜のつぼみ」「桜の便り」といった言葉を使うことによって、春の気配が色濃くなってきたことが想像できる親しみのある文章になるでしょう。

季語の挨拶3月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

スピーチに使える書き出しの例文を挙げます。「桜のつぼみも膨らんで春の訪れを告げていますが、」「暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりました。」「心地よい春風の季節となり、コートが重く感じられるようになってきました。」「めっきり春らしくなってまいりました。」「春霞漂う季節となりました。」「春とはいえまだまだ寒い日が続いておりますが、」「暦の上では春分と申しましても、まだ肌寒い毎日です。」など柔らかい言葉を使って春を表現します。

季語の挨拶3月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙の場合は、書く相手や内容によって使い分ける必要があります。「春らしいうららかな日々が続いております。皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。」「桜花の便りが聞こえてくる時節となりました。ご家族の皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。」「弥生の空が美しく晴れ渡り、ご一同様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。」改まった手紙では「春分の候」「春暖の候」「春色の候」「萌芽の候」「仲春の候」「春陽の候」に続き、「皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」という言葉がよく使われています。

季語の挨拶3月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

手紙挨拶に使える書き出しの例文としては、「柔らかな春雨に草木がいっせいに背伸びをして喜んでいるようです。」「野山は若草色に染まり、命の躍動する季節となりました。」「桜前線も北上していますが、そちらでは開花宣言はありましたでしょうか。」などの自然の風景を表現したものや、「街は卒業シーズンですね。」「年度末で忙しい日々をお過ごしだと思いますが、」「旅立ちの春を迎え、日増しに暖かさを感じています。」などの季節の行事を織り込んだものが使われています。

季語の挨拶3月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールに使える例文を挙げます。「ひと雨ごとに春を感じる今日この頃皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。」「さわやかな風が心地よい季節となってきました。」「春らしいうららかな日々が続いております。」「桜の花のつぼみに春を感じるうれしい季節となりました。」「早春の息吹に染む今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。」「菜の花の黄色が鮮やかな季節となってきました。」「春の風が心地よく、庭に植えたチューリップの芽もだいぶ大きくなりました。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

「春色の候貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」「萌芽の候貴店におかれましては、いよいよご発展の由、心からお喜び申し上げます。」「春分の候〇〇様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」「春暖の候貴会におかれましては、ますますご隆盛の由、大慶の至りに存じます。」「仲春の候〇〇様ご一同様におかれましては、その後お健やかにお過ごしのことと拝察いたします。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『季語の挨拶3月下旬の挨拶の書き出し』についてのまとめですが、3月下旬は日に日に暖かさが増し本格的な春の訪れを実感できる頃ですので、「菜の花」や「春雨」などの春めいた言葉を使うことで季節感を演出することができます。また、日本人が古くから親しんできた桜の風景を連想させる言葉を使えば、風流で趣のある文章になります。ビジネスシーンにおいては、「〇〇の候」といった漢語調の決まり文句がありますので、それらを使えばマナーを欠くことはないでしょう。

季語の挨拶3月下旬の挨拶の結びのポイント

『季語の挨拶3月下旬の挨拶の結び』は、暖かな季節の到来を喜ぶ気持ちを表現し、相手の体調を気遣う言葉で締めくくります。この時期は「花冷え」という言葉があるように、桜が咲く頃は気温が安定せず急に寒くなったりするものです。また、年度末でもあり、転勤や退職をする方も多いでしょう。不安定な気候に日常の忙しさが加わり、体調を崩す方も多い季節です。相手の体調を気遣う文章や、新天地での活躍を応援するような文章で結びます。

季語の挨拶3月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

スピーチに使える結びの例文を挙げます。「皆様が、良き門出をお迎えになりますよう、お祈り申し上げます。」「春の訪れとともに、皆々様の上にも幸せが訪れますようお祈りいたしております。」「巣立ちの春に心からのエールを送ります。」「年度末で慌ただしい日々ですが、お体にはお気をつけてお過ごしください。」「四月からの新生活、健康にはとくに気をつけて頑張ってください。」「春光を受けて、ますますのご活躍をお祈り致します。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

「寒暖定まらぬ時期ですので、ご自愛ください。」「新年度を迎えお忙しいとは存じますが、健康にはくれぐれもご留意くださいませ。」「新天地でのさらなる飛躍を心よりお祈り申し上げます。」「桜もちらほら咲き始めていましたから、今から花見が楽しみです。」「満開の桜が〇〇さんの新たな門出を祝福しているかのように感じます。」「花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞご自愛を。」「旅立ちの季節ではございますが、何卒お元気でお過ごしください。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶の使える結びの例文

「まもなく桜も咲きそうです。近いうちにお花見でもしませんか。」「春とはいえ、まだ肌寒い日があるのでお互い風邪には気をつけましょう。」「天候の変わりやすい花どきの季節です。風邪など引かれませんように。」「新生活にむけての準備は大変だと思いますが、お疲れが出ませんように。」「公園の桜も咲き始めましたね。週末のお花見楽しみにしています。」「卒業式も終わり一安心ですね。四月からの新生活頑張ってください。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

「新生活が、実り多きものとなりますようお祈りいたしております。」「ひと雨ごとに春の到来を感じる季節です。お体を大切に、ますますのご活躍を期待しています。」「何かと忙しい季節の変わり目かと思いますが、体調にはくれぐれもご注意ください。」「菜種梅雨の静かな昼下がりいかがお過ごしでいらっしゃいますか。」「通勤の道々に、つくしや菜の花を見つけ春の到来に心踊らせております。」「花のつぼみに春を感じる季節となりました。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

「春草萌えいずる好季節をむかえまして、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。」「天候不順の時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。」「新年度を迎えましても、変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。」「春風とともに、皆様に幸せが訪れますよう心からお祈り申し上げます。」「早春の息吹身に染む今日この頃、益々のご活躍をお祈り申し上げます。」「花冷えの時節柄、何卒健康にはご留意くださいますよう、ご祈念申し上げます。」

季語の挨拶3月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

『季語の挨拶3月下旬の挨拶の結び』は、相手の健康を気遣ったり、相手の活躍を祈る言葉で締めくくります。また、卒業や転勤など新生活がスタートする季節でもありますから、別れを惜しむ言葉や新生活の無事を祈る言葉で締めくくるのもいいでしょう。また、書き出しの挨拶と結びの挨拶が同じ表現にならないように気をつけることも大切です。ビジネスシーンで使う結びの挨拶にも決まり文句があり、相手によって使い分けることが必要です。親しい人への挨拶では、堅苦しい言葉を使わずに季節感を素直に表現した文章にすることで相手への気持ちが伝わります。

季語の挨拶3月下旬の挨拶の全体的なまとめ

3月下旬の挨拶には、3月の季語である「菜の花」「春風」「お花見」「木の芽」「桜」「チューリップ」など春らしい言葉が多く使われ、春の彼岸である3月20日頃には、「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句が使われます。また、この時期ならではの言葉で、「春光天地」というものがあります。春のキラキラした光が降り注いでいることを表現した言葉で、「春光天地に満ちて快い季節となりました。」というように使い、入学や結婚などのお祝いの手紙に用いられています。新生活が始まる時期でもありますので、春を感じさせるウキウキとした楽しい文章にすることが必要ですね。手紙やメールを書く場合は、相手との関係や用件によって文章を書き分ける必要があり、改まった挨拶だと丁寧なものにしなければなりません。古めかしい表現も多く使い慣れない言葉で難しく感じるかもしれませんが、決まり文句を覚えておけば便利に使えます。親しい相手への挨拶の場合は、儀礼的な文章よりも自分の言葉で季節を表現した方が親しみを感じてもらえるでしょう。季語を使わずに季節の移り変わりの風景を文章に織り込んでみると親近感が湧く手紙になります。また、日本は南北に長いので、地域によって季節感が違ってきます。季節感がずれていると、手紙を読んだ時違和感を感じてしまいますので、手紙を出す相手の地域を考慮することが大切です。

pixta_8447660_S

新規取引の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

会社で仕事をしていると、新規取引のお客様が決まった際、挨拶をする機会があると思います。そういった場面に遭遇した際、どの様...

rain

季節の挨拶6月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

春夏秋冬がはっきりしている日本では、様々な場面で季節の挨拶を述べる場面が出てきます。特に、6月上旬の時期は一般的に「梅雨...

business man looking away to sky

栄転の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

会社で仕事をしていると栄転という言葉を耳にする機会が出てきます。栄転とは、今まで働いていた部署や職場を移り、さらなる活躍...

pixta_15905760_S

法事お返しの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

葬儀や告別式などの一通りの儀式が終わったあとにも節目ごとに「法要」や「法事」があります。死者が極楽浄土に行けるかどうかの...

pixta_13364016_S

季語の挨拶12月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季語の挨拶12月上旬の挨拶において、まず例文から推測される挨拶の言葉が、それぞれの季語を生む形となります。季節によって、...

pixta_5656334_S

ソフトバレーボール大会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

ソフトバレーボール大会の挨拶を依頼された際に注意したいのは、集まっている方々の年齢層や目的というものを掴んでおくという点...

microphone in focus against blurred audience

PTA役員会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

学校でPTA役員になった時、皆さん一番気にかかるお仕事の一つがPTA行事や学校行事で保護者の前でのPTA役員会の挨拶では...

pixta_7584196_S

告別式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

告別式の挨拶は遺族を代表して喪主が行うものです。告別式とは仏式の葬儀が終わったあとに行われる出棺の儀式ですが、最近は全体...

pixta_13743214_S

時候の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には四季があり古来から季節の訪れや季節の移ろいを感じたり楽しんだりする風習があります。3月は新たな出会いや別れ、生命...

pixta_12313933_S

季節の挨拶9月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶9月下旬の挨拶では、9月下旬にしか使うことができない季語や挨拶文などを使ったものを考えるようにします。季節の挨...

Great idea

役員退任の挨拶やスピ...

役員の任期を満了して退任することになったら、任期中にお世...

pixta_12586911_S

歓迎会の挨拶やスピー...

会社やサークルなど色々な場所で歓迎会を開催する場面があり...

pixta_13327662_S

快気祝いの挨拶やスピ...

快気祝いの挨拶のポイントとしては、まずはどちらの人が行う...

pixta_2552472_S

謝恩会保護者代表の挨...

学校の卒業式後などに謝恩会が行われる場合があります。その...