季語の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイントは、10月という季節を意識した言葉を使うことです。日本には四季折々の季節感を表す俳句に使用される「季語」という言葉があります。季語は季節の挨拶状でも伝統的によく使用されるので、社会人として覚えておくと役立ちます。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイント

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイントは、10月という季節を意識した言葉を使うことです。日本には四季折々の季節感を表す俳句に使用される「季語」という言葉があります。季語は季節の挨拶状でも伝統的によく使用されるので、社会人として覚えておくと役立ちます。もちろん、10月に挨拶状を送る場合や10月にいろいろな場面でスピーチをする場合は10月の季語を使用します。季語を入れることで丁寧な季節のあいさつの言葉になります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しのポイント

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しでは、10月らいし季語を使用した挨拶の言葉から始めるのが一般的です。10月というと秋です。夏が終わり、秋に移り変わったことを表現する言葉を入れると季節の挨拶状として上品な仕上がりになります。個人的な挨拶状では「健やかにお過ごしのことと存じます。」などとし、ビジネス文書では「貴社」や「御社」などを使用して「ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」などと続けます。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

秋には運動会やお祭りなど、色々なイベントが全国各地で行われます。そしてそのイベントでは主賓やゲストなどがスピーチをする場面があります。10月に行われるイベントのスピーチでは「秋」を意識した言葉を盛り込むようにします。「皆さん、お忙しい中ご参加くださり、ありがとうございます。天高く馬肥ゆる秋、こんなにも澄み切った秋晴れ下でこうしたイベントが行われることを嬉しく存じております。」などと言うようにすると秋らしいスピーチになります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙で10月の季節の挨拶をするときには、秋らしい言葉、季語や時候の挨拶で書き出すようにします。「日増しに寒くなり、秋の深まりを感じる季節となりました。いかがお過ごしですか。」「秋晴れの心地よい季節となり、○○様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。」「こちらはもみじが赤く色づいてきました。そちらはどうでしょうか。」など、秋を使った時候の挨拶文は沢山あります。自分なりにアレンジして考えて書くと気持ちが伝わります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

10月の時候の挨拶の例文には、「さわやかな秋晴れの続く今日此頃、いかがお過ごしですか。」「菊薫る好季節となりました。皆様におかれましては、ますますご健勝な事と思います。」「秋の夜長になってきましたね。○○様、そしてご家族の皆さんはお元気にお過ごしでしょうか。こちらは元気にやっております。」などがあります。秋をイメージする言葉をからめつつ、相手のことを尋ねる言葉と自分の近状を伝える言葉を簡潔に書きつづるのが理想です。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

あまり会っていない人や普段からメールでのやり取りが多い人には、メールで10月の季節の挨拶をすることもあります。メールで伝える挨時候の挨拶も、手紙の場合と変わりはないです。ただし、相手との関係を考えて言葉使いを変える必要があります。親しい人なら堅苦しい文章でなくてもいいですが、取引先関係者や恩師などには、よく使用される時候の挨拶文のフォーマットに従って、形式どおりに礼儀正しい言葉使いで仕上げるようにします。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

取引先関係者などに送る10月の季節の挨拶状の出だし部分は、「木々の梢も色づいて参りました。貴社のおかれましてはますますご多忙の時期と存じます」「小春日和のうららかな季節、貴社におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」などの時候の挨拶になるのが一般的です。紅葉の候、秋涼の候、秋晴の候、秋雨の候、錦秋の候など、色々な10月の時候の挨拶があるので、それを使って形式どおりに書き出すようにします。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

10月下旬というのは南のほうの地域では暑い日もありますが、基本的には秋が深まっていく季節です。場所によっては紅葉が色づいてきます。そして衣替えの季節でもあり、厚手の服を準備しなければならなくなります。季語の挨拶10月下旬の挨拶の書きだし部分では、そうした秋に関する言葉を入れて、10月っぽさを出すことが大切です。秋らしい言葉は沢山あるので、自分なりに考えてオリジナリティのある文章にするのもお勧めです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結びのポイント

季語の挨拶10月下旬の結び部分は、相手のことを気遣う言葉で締めるようにするのが常識です。そして、この結びの挨拶にも10月という季節のことに関係する言葉を入れて考えることが大事です。10月は秋が深まり、場所によっては日中は温かくても朝晩が冷え込んでくる季節です。そうした気温の変化が激しい10月特有の日常生活を考えて、「くれぐれも体調にお気をつけてお元気にお過ごしください。」などと結ぶのがベストです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

秋に行われるイベントのスピーチの結び部分は、イベントの参加者への「本日は誠にありがとうございました」というお礼の言葉を述べるのが基本です。また、秋を意識するなら、「これから秋が深まり、いよいよ寒くなって参りますが、皆さん、体調管理には気を付けてください」「最近は秋晴れの心地よい季節が続いています。こうした素晴らしい季節の中で皆さんとお会いできてよかったです。本日はありがとうございました。」などと言う手もあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙を使って遠くに住んでいる人に10月の挨拶をする場合の結び部分は、安否を気にするような言葉で締めくくるようにします。「これから寒い季節になってきますが、ご家族のご健康をお祈りいたしております。○○より」「秋の夜長、鈴虫の音色を聞きながら筆を取りました。また、近いうちにお会いできますことを、心待ちにしています。○○より」「末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。○○より」などがあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の使える結びの例文

10月の挨拶の結びでは、秋という心地よい季節のことを意識して、「澄み切った秋空のように、○○様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。」などと言ったり、あるいはこれからの寒さを意識して、「これから11月に入るとどんどん冷え込んで参ります。そちらは一層寒さが厳しいでしょうから、どうぞお身体にはお気をつけくださいませ。」などと言ったりします。相手のことを考えた言葉で締めくくるのがポイントです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールで親しい人に10月の挨拶をするときの結びの部分では、メールを受け取る相手のことを気遣う言葉を入れると気持ちが伝わります。「○○様の健康とご多幸を心よりお祈りしております。」もう少し砕けた感じだと、「もうすぐコートが手離せない季節になります。風邪を引かないように気を付けてくださいね。○○より」「今年もあと2ヵ月ちょっとですね。年を取ると一年があっという間です。年末年始に会えるのを今から心待ちにしています。」などもあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

取引先に送る10月の時候の挨拶の結びの部分でよく使用されるのは、「社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。」「社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」などです。また、「これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」などもよく使用される定番のフレーズです。挨拶の言葉を考えるのが難しい場合は、こうしたよく使用される定番のフレーズを使用すると相手に失礼がなく出来上がります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結び部分は、主文の言葉のあとに「体に気を付けてお過ごしください」「これから寒くなりますが、お元気で過ごされますよう、心よりお祈りいたします。」「くれぐれもご自愛ください。」といった相手のことを気遣う言葉を入れるのが無難です。季節の挨拶状の結びの言葉は、夏が過ぎて秋になり、これから寒い季節になっていくことを意識した言葉をちりばめながら、なるべく簡潔に書くようにするのがポイントです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の全体的なまとめ

10月の季節の挨拶状を書く前に知っておくといいのが10月の時候の挨拶です。10月の時候の挨拶には、「中秋の候」「爽秋の候」「秋雨の候」「秋霜の候」「仲秋の候」「清秋の候」などがあり、「秋」がつくものがほとんどです。従って、10月の季節の挨拶状では、秋にまつわる言葉を入れるのが基本となります。また、一番初めに「頭語」を入れて、末文に「結語」を入れると丁寧な手紙になります。頭語と結語は、手紙を出す相手との関係や、その手紙の内容によって正しく使い分けることが大切です。「拝啓」と「敬具」、「拝呈」と「拝具」はセットが基本です。目上の人に出すかしこまった手紙なら「謹啓」と「敬白」をセットを使用するとより丁寧さが強調された品のある文章になります。なお、親しい人に出す手紙や、例え目上の人であっても年賀状や弔事の手紙などには頭語と結語を使用するのは不要です。また、秋に何らかのイベントでみんなの前に立って代表者としてスピーチをするときには、そのイベントの趣旨にからめつつ、秋が深まっていることに関する話題、食欲の秋、運動の秋、芸術の秋など秋らしい話題を織り込むようにすると、10月らしいスピーチになります。

pixta_15251172_S

時候の挨拶7月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

7月下旬の挨拶では、夏の真ん中を示す言葉が多く見られます。その一方で、6月の梅雨から脱したことや、蒸し暑さではなく乾いた...

Business people applauding and welcome new partner

送別会送られる側の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

会社などを退職をする場合、送別会など開いてもらう事があると思います。そういった場合、送られる側の立場になった際、どの様な...

pixta_13505890_S

季節の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季節の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると朝晩肌を指すような冷気漂い、冬の本格的な寒さがすぐそばまで...

pixta_5164721_S

竣工式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

自分の会社を建てる際など、建物が完成した際”竣工式”が行われる事があると思います。建物が無事完成したことを皆に披露し、ま...

pixta_7163962_S

小中学校長会研究大会主催の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や...

小中学校長会研究大会主催の挨拶のポイントは、例文をいくつ頭に作っておきます。それをスピーチに利用するのですが、研究大会の...

pixta_5109622_S

時節の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

時節の挨拶とはその季節に沿った言葉を使って、相手の安否を確認するためにする挨拶のことです。季節に応じて俳句で使用される季...

pixta_1133878_S

本出版祝賀会で編集委員長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や...

ここでは、本出版祝賀会で編集委員長の挨拶としていかにそれらしい挨拶文を作成していくかがとても課題であるといえます。スピー...

SU050_L

季節の挨拶7月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶7月下旬の挨拶では、まず季語を必ず入れる、ということを意識します。季語はその時期によって少しずつ違う言葉を選ぶ...

マイク会議室

自治会総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

自治会総会の挨拶のポイントは、誰か一人が主役と言うのではなく、その地域の住民ひとりひとりが主役なのだという前提を常に意識...

pixta_3348371_S

香典返しの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

仏教葬儀においては、人が亡くなり四十九日が過ぎると忌明けとなります。四十九日の法要は遺族・親族、友人や知人たちが寺院に集...

Colleagues applauding smiling manager during a meeting in a meeting room

社長退任の挨拶やスピ...

社長退任の挨拶は新しい社長へ任務を引き継ぐ上で大事な儀式...

pixta_8558539_S

お客様への挨拶やスピ...

お客様への挨拶は、スピーチ、メール、手紙、電話など色々な...

pixta_9890934_S

高等養護学校卒業式学...

春になると各学校では卒業式が行われます。その際、高等養護...

pixta_5084465_S

季語の挨拶7月上旬の...

季節に合った挨拶をするのはとても大切です。季語の挨拶7月...