季語の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイントは、10月という季節を意識した言葉を使うことです。日本には四季折々の季節感を表す俳句に使用される「季語」という言葉があります。季語は季節の挨拶状でも伝統的によく使用されるので、社会人として覚えておくと役立ちます。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイント

季語の挨拶10月下旬の挨拶のポイントは、10月という季節を意識した言葉を使うことです。日本には四季折々の季節感を表す俳句に使用される「季語」という言葉があります。季語は季節の挨拶状でも伝統的によく使用されるので、社会人として覚えておくと役立ちます。もちろん、10月に挨拶状を送る場合や10月にいろいろな場面でスピーチをする場合は10月の季語を使用します。季語を入れることで丁寧な季節のあいさつの言葉になります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しのポイント

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しでは、10月らいし季語を使用した挨拶の言葉から始めるのが一般的です。10月というと秋です。夏が終わり、秋に移り変わったことを表現する言葉を入れると季節の挨拶状として上品な仕上がりになります。個人的な挨拶状では「健やかにお過ごしのことと存じます。」などとし、ビジネス文書では「貴社」や「御社」などを使用して「ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」などと続けます。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

秋には運動会やお祭りなど、色々なイベントが全国各地で行われます。そしてそのイベントでは主賓やゲストなどがスピーチをする場面があります。10月に行われるイベントのスピーチでは「秋」を意識した言葉を盛り込むようにします。「皆さん、お忙しい中ご参加くださり、ありがとうございます。天高く馬肥ゆる秋、こんなにも澄み切った秋晴れ下でこうしたイベントが行われることを嬉しく存じております。」などと言うようにすると秋らしいスピーチになります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙で10月の季節の挨拶をするときには、秋らしい言葉、季語や時候の挨拶で書き出すようにします。「日増しに寒くなり、秋の深まりを感じる季節となりました。いかがお過ごしですか。」「秋晴れの心地よい季節となり、○○様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。」「こちらはもみじが赤く色づいてきました。そちらはどうでしょうか。」など、秋を使った時候の挨拶文は沢山あります。自分なりにアレンジして考えて書くと気持ちが伝わります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

10月の時候の挨拶の例文には、「さわやかな秋晴れの続く今日此頃、いかがお過ごしですか。」「菊薫る好季節となりました。皆様におかれましては、ますますご健勝な事と思います。」「秋の夜長になってきましたね。○○様、そしてご家族の皆さんはお元気にお過ごしでしょうか。こちらは元気にやっております。」などがあります。秋をイメージする言葉をからめつつ、相手のことを尋ねる言葉と自分の近状を伝える言葉を簡潔に書きつづるのが理想です。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

あまり会っていない人や普段からメールでのやり取りが多い人には、メールで10月の季節の挨拶をすることもあります。メールで伝える挨時候の挨拶も、手紙の場合と変わりはないです。ただし、相手との関係を考えて言葉使いを変える必要があります。親しい人なら堅苦しい文章でなくてもいいですが、取引先関係者や恩師などには、よく使用される時候の挨拶文のフォーマットに従って、形式どおりに礼儀正しい言葉使いで仕上げるようにします。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

取引先関係者などに送る10月の季節の挨拶状の出だし部分は、「木々の梢も色づいて参りました。貴社のおかれましてはますますご多忙の時期と存じます」「小春日和のうららかな季節、貴社におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」などの時候の挨拶になるのが一般的です。紅葉の候、秋涼の候、秋晴の候、秋雨の候、錦秋の候など、色々な10月の時候の挨拶があるので、それを使って形式どおりに書き出すようにします。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

10月下旬というのは南のほうの地域では暑い日もありますが、基本的には秋が深まっていく季節です。場所によっては紅葉が色づいてきます。そして衣替えの季節でもあり、厚手の服を準備しなければならなくなります。季語の挨拶10月下旬の挨拶の書きだし部分では、そうした秋に関する言葉を入れて、10月っぽさを出すことが大切です。秋らしい言葉は沢山あるので、自分なりに考えてオリジナリティのある文章にするのもお勧めです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結びのポイント

季語の挨拶10月下旬の結び部分は、相手のことを気遣う言葉で締めるようにするのが常識です。そして、この結びの挨拶にも10月という季節のことに関係する言葉を入れて考えることが大事です。10月は秋が深まり、場所によっては日中は温かくても朝晩が冷え込んでくる季節です。そうした気温の変化が激しい10月特有の日常生活を考えて、「くれぐれも体調にお気をつけてお元気にお過ごしください。」などと結ぶのがベストです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

秋に行われるイベントのスピーチの結び部分は、イベントの参加者への「本日は誠にありがとうございました」というお礼の言葉を述べるのが基本です。また、秋を意識するなら、「これから秋が深まり、いよいよ寒くなって参りますが、皆さん、体調管理には気を付けてください」「最近は秋晴れの心地よい季節が続いています。こうした素晴らしい季節の中で皆さんとお会いできてよかったです。本日はありがとうございました。」などと言う手もあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙を使って遠くに住んでいる人に10月の挨拶をする場合の結び部分は、安否を気にするような言葉で締めくくるようにします。「これから寒い季節になってきますが、ご家族のご健康をお祈りいたしております。○○より」「秋の夜長、鈴虫の音色を聞きながら筆を取りました。また、近いうちにお会いできますことを、心待ちにしています。○○より」「末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。○○より」などがあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の使える結びの例文

10月の挨拶の結びでは、秋という心地よい季節のことを意識して、「澄み切った秋空のように、○○様のお気持ちが爽快でありますようお祈り申し上げます。」などと言ったり、あるいはこれからの寒さを意識して、「これから11月に入るとどんどん冷え込んで参ります。そちらは一層寒さが厳しいでしょうから、どうぞお身体にはお気をつけくださいませ。」などと言ったりします。相手のことを考えた言葉で締めくくるのがポイントです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールで親しい人に10月の挨拶をするときの結びの部分では、メールを受け取る相手のことを気遣う言葉を入れると気持ちが伝わります。「○○様の健康とご多幸を心よりお祈りしております。」もう少し砕けた感じだと、「もうすぐコートが手離せない季節になります。風邪を引かないように気を付けてくださいね。○○より」「今年もあと2ヵ月ちょっとですね。年を取ると一年があっという間です。年末年始に会えるのを今から心待ちにしています。」などもあります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

取引先に送る10月の時候の挨拶の結びの部分でよく使用されるのは、「社業が更にご発展されますよう心よりお祈り申し上げます。」「社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」などです。また、「これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」などもよく使用される定番のフレーズです。挨拶の言葉を考えるのが難しい場合は、こうしたよく使用される定番のフレーズを使用すると相手に失礼がなく出来上がります。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

季語の挨拶10月下旬の挨拶の結び部分は、主文の言葉のあとに「体に気を付けてお過ごしください」「これから寒くなりますが、お元気で過ごされますよう、心よりお祈りいたします。」「くれぐれもご自愛ください。」といった相手のことを気遣う言葉を入れるのが無難です。季節の挨拶状の結びの言葉は、夏が過ぎて秋になり、これから寒い季節になっていくことを意識した言葉をちりばめながら、なるべく簡潔に書くようにするのがポイントです。

季語の挨拶10月下旬の挨拶の全体的なまとめ

10月の季節の挨拶状を書く前に知っておくといいのが10月の時候の挨拶です。10月の時候の挨拶には、「中秋の候」「爽秋の候」「秋雨の候」「秋霜の候」「仲秋の候」「清秋の候」などがあり、「秋」がつくものがほとんどです。従って、10月の季節の挨拶状では、秋にまつわる言葉を入れるのが基本となります。また、一番初めに「頭語」を入れて、末文に「結語」を入れると丁寧な手紙になります。頭語と結語は、手紙を出す相手との関係や、その手紙の内容によって正しく使い分けることが大切です。「拝啓」と「敬具」、「拝呈」と「拝具」はセットが基本です。目上の人に出すかしこまった手紙なら「謹啓」と「敬白」をセットを使用するとより丁寧さが強調された品のある文章になります。なお、親しい人に出す手紙や、例え目上の人であっても年賀状や弔事の手紙などには頭語と結語を使用するのは不要です。また、秋に何らかのイベントでみんなの前に立って代表者としてスピーチをするときには、そのイベントの趣旨にからめつつ、秋が深まっていることに関する話題、食欲の秋、運動の秋、芸術の秋など秋らしい話題を織り込むようにすると、10月らしいスピーチになります。

pixta_15610454_S

クラス会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

昔のクラスの友達とみんなで集まり、楽しい期間を過ごすクラス会。昔の話で大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごすことが出来るの...

fall

時候の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

時候の挨拶10月上旬の挨拶をするときには、10月にしかないものなどを季語として使うようにしておきます。10月という時期を...

pixta_16506220_S

自治会会長就任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

自治会とは、地域の行事や問題ごとの解決を担う、重要な組織です。とても気楽に出来る仕事ではないのですが、やり遂げれば信頼を...

pixta_2247917_S

新年会町内会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

新しい年を迎え、町内会で新年会を開催することもあるのではないでしょうか。その際、代表で新年会町内会の挨拶を頼まれた際、ど...

pixta_1734446_S

出店の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

雑貨店や飲食店など、小売業やサービス業などを行う場面では、出店することによって最初に挨拶を用意することが必要な場面があり...

pixta_10907090_S

歓送迎会乾杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

新人を迎える時期や、また定年退職や退職をする人に向けて、歓送迎会を開催する際があると思います。そういった際に、歓送迎会の...

pixta_13363911_S

入園式PTAの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

入園式PTAの挨拶のポイントとしては、主役は新入園児であり、保護者ではないため、幼児を対象としたお祝いの挨拶とする必要が...

pixta_3341886_S

還暦同窓会幹事の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

還暦同窓会の幹事だからといって、緊張しすぎたり、固くなりすぎたりする必要はありません。まったく知らない間柄ではないのです...

pixta_9757121_S

季節の挨拶2月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶2月上旬の挨拶のポイントについてですが、まずは季2月上旬というと二十四節気では大寒が終わり立春を迎える時期でも...

Man's hands

取締役就任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

取締役就任の挨拶でのポイントは就任者の紹介と会社の運営に関する抱負です。紹介は就任者自身が名乗る場合もあれば、会社からの...

Pie with figures

友人結婚スピーチの挨...

友人結婚スピーチの挨拶というのはとても緊張するもので、出...

Exif_JPEG_PICTURE

給食試食会の挨拶やス...

給食試食会の挨拶のポイントは、堅苦しくならないことです。...

pixta_12057030_S

奉仕作業の挨拶やスピ...

町内での集まりなどで、奉仕作業などを行う場合があります。...

pixta_8558527_S

年末社内の挨拶やスピ...

年末社内の挨拶のポイントは、挨拶をするタイミングです。例...