季節の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶5月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季節の挨拶5月下旬の挨拶のポイントですが、5月下旬ごろになると、日差しも強くなってきます。また学校や幼稚園などでは遠足や運動会などが行われたりします。

5月下旬の挨拶のポイント

季節の挨拶5月下旬の挨拶のポイントですが、5月下旬ごろになると、日差しも強くなってきます。また学校や幼稚園などでは遠足や運動会などが行われたりします。また日によってはうっすら汗ばむ陽気が「立夏」を過ぎて本格的な夏の訪れを知らせています。こうした5月下旬にぴったりな季語と「深緑」「青葉」「立夏」「軽夏」「薫風」などがあります。若葉や深緑が美しいことやさわやかな風が吹くなどとてもすがすがしい時期なので、それらを意識した挨拶がいいでしょう。

5月下旬の挨拶の書き出しのポイント

『季節の挨拶5月下旬の挨拶の書き出し』のポイントは、5月下旬(5月21日~31日)の天候や気温などを意識した言葉を使うとよいでしょう。例文にあげますと「若葉がさわやかな初夏の日差しにまぶしくかがやく季節となりました」「いつのまにか汗ばむような季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか」「心地よい風が吹き渡る季節、心もはずむこの頃です」などさわやかで心地よい季節を表現する書き方がいくつかあります。

5月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文では聞いている人にわかりやすい言葉や表現を使うといいでしょう。スピーチの例文としては「いつのまにか日中は汗ばむような陽気となりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか」と聞いている人の表情が伺えるような書きだしもいいでしょう。また「運動会を目前に控え、子供たちの元気な姿のように季節も初夏へ向かっていきます」など学校のPTAなどのスピーチでは少しカジュアルな言い回しも使われています。

5月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文では「深緑の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます」「若葉のみぎり、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます」などのように使われています。これらはかしこまった手紙などでも有効な表現です。個人的な親しい間柄の方に宛てる場合には「拝啓 木々の緑が色濃くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか」など生活で感じている季節感をそのまま取り入れるだけで味わいがでます。

5月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文としては「深緑の候、先生におかれましてはご壮健にお過ごしのことと存じます」や「薫風緑樹をわたる季節、お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます」などが一般的に用いられます。挨拶の例文のポイントとしては、まずは5月下旬の季語として一般的に取り入れられる語句を使うこと、また「ご壮健にお過ごし~」や「お健やかにお過ごし~」などのように、相手の気遣いの言葉を添えるようにします。

5月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

こうした時候の挨拶を盛り込んで書き出す場合は、ビジネスなどのあらたまった場が多いので、そこで使える例文をご紹介します。「風薫る初夏の候、貴社ますますのご隆盛のこととお喜び申し上げます」や「深緑の候、皆様にはますますのご清栄のこととお喜び申し上げます」などが書きだしに使われています。「ますますご清栄~」や「ご健勝と~」などの慣用句を用いるとどんな立場の方にも失礼のないメールの文面になります。

5月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

『ビジネスに使える書き出し』の例文はとしては「青葉の候、貴社におかれましては益々ご清祥のことと、心よりお慶び申し上げます」や「軽夏の候、平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます」などがあります。少し堅苦しく感じますが、ビジネス文書では、こうした慣用句を基本とし書き出すのが一般的です。個人宛ての手紙などとは違い、生活感や私情などは極力盛り込まないようにし、型にはまったかっちりとした体裁を心がけていきましょう。

5月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『季節の挨拶5月下旬の挨拶の書き出し』についてのまとめですが、まず5月下旬の季語としては「深緑」「青葉」「立夏」「軽夏」「薫風」などが使われています。スピーチなどでは聞いている側にわかりやすい表現が好まれますし、個人宛の手紙、メールなどでは普段の生活から感じる季節感を言葉に変えてそのまま取り入れる、ビジネスなどあらたまった場においては慣用句を用いて、できるだけ型にはまった書きだしを意識しましょう。

5月下旬の挨拶の結びのポイント

『季節の挨拶5月下旬の挨拶の結び』のポイントは5月下旬の季節感を意識しながら、「相手の体調を気遣う」「またお会いしましょうね」などといった言葉で締めくくるといいでしょう。「軽夏の陽気を楽しみながら、くれぐれもご自愛」ください」や「一年中でもっともさわやかな季節です。すがすがしい風に吹かれながら元気に過ごしましょう」などといった5月下旬のさわやかな季節に向かって前向きな締めくくりで終えるようにしましょう。

5月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文は、「五月晴れの日々をどうぞお健やかにお過ごしください」や「新たな場所で更なるご発展とご活躍をお祈りいたします」などで締めくくるのが一般的に多く見られます。結びではあまり長くならないように端的にしめくくりましょう。「さらなるご活躍をご期待申し上げます」など相手の今後一層の活躍や成長を祈る、願うという結びは、たとえば結婚式などのハレの場においてもふさわしいので覚えておくと便利です。

5月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文は個人宛ての場合ですと「すがすがしい五月晴れの陽気を楽しみながら、お会いできる日を楽しみにしております」など、宛先人との付き合いの深さなどによって言い回しを工夫するとよいでしょう。またビジネス文書などあらたまった手紙の場合は「さわやかな初夏のみぎり、皆様にはますますのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます」や「軽夏のみぎり、どうかご自愛専一に、益々のご活躍をお祈り申し上げます」などがよいでしょう。

5月下旬の挨拶の使える結びの例文

『挨拶に使える結び』の例文は「季節の変わり目ゆえ、くれぐれもお体を基本は相手への気遣いや、ご活躍されますようにといった相手の幸せを祈るなどの言葉で締めくくる言葉が有効的です。ひらがなを多く交えた日本語調での書きだしの場合には上記のような同じ日本語調の結びの最初に「深緑」や「万緑」「向暑」「微暑」などの漢語調の時候の挨拶を含めてもよいでしょう。相手や場によって臨機応変に対応しましょう。失礼のないよう丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

5月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文はあらたまった場合のメールでは「向暑さの折、体調にはくれぐれもお気を付けください」や「経暑のみぎり、どうかご自愛専一に、皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます」などで締めくくることが多いですもう少し親しみを込めた結びにされたいならば「暦の上ではもう夏です。次第に熱くなりますがどうかお体にお気をつけて」「心身ともに十分に癒し、暑くなるこれからの季節に備えましょう」といった結びを用いましょう。

5月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文は「青葉繁る好季節、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」や「梅雨入りも間近でございますが、体調を崩されませぬよう、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」などのように、書きだし同様、形式を重視しましょう。ビジネスに使える結びにはいくつかパターンがあります。「貴社(皆様)の益々のご健勝を心よりお祈り申し上げます」や「ご発展を心よりお祈り申し上げます」などいくつか覚えておくと便利です。

5月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

『季節の挨拶5月下旬の挨拶の結び』についてのまとめは5月下旬にあった季語に合わせて「健康、体調に気遣う」、「相手の成功や活躍、幸福を祈る」といった言葉を添えてしめくくるといった形が一般的です。スピーチなど実際人前で話すときはもちろんのこと、手紙や文書など相手の顔が見えない形での挨拶についても前向きに、文章の最後が尻つぼみにならないように心がけましょう。また立場に限らず丁寧な言い回しを考えるのも大事です。

5月下旬の挨拶の全体的なまとめ

5月下旬はさわやかな風、深まる木々の緑、これから初夏に向けて徐々に汗ばむ気候への移り変わりなどを表現するのにぴったりな「深緑」「青葉」「立夏」「軽夏」「薫風」などの季語がありますので、覚えておきましょう。書きだしでは手紙やメール、ビジネス文書などにおいては、「さわやかな深緑の季節、お元気でいらっしゃいますか] などの趣旨の書きだしが一般的でその基本の書きだし文にしたがって、あらたまった場面、親しい人への手紙、大勢に向けてのスピーチなどの場面によって言葉や慣用句の言い回しを変えていきましょう。また結びについは(さわやかな季節)(季節の変わり目)(夏に向けて)といった時候の挨拶に加えて、「体に気を付けて過ごしてください」「またお会いしましょう」「今後の活躍を祈ります」といった趣旨の言葉を添えるときれいに文章がまとまります。特に私情や個人的見解が含まれていないため、どんな方にも有効的な言い回しでもあります。これらの言い回しを書きだし同様、人や場面において工夫していきましょう。ここで挙げた例文や、季語の他にも使える言葉はあります。さわやかなですがすがしい五月晴れの一日を思い描きながら、読んでいる(聞いている)方にも季節感を味わってもらえるような言葉を探してみましょう。

pixta_4928468_S

季節の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

3月下旬というとまだ寒さも残っている季節ですが、確実に春の訪れを感じさせる季節です。この時期では退職などのお知らせなどを...

microphone in focus against blurred audience

自治会長総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会長総会の挨拶のポイントは、新年度に際しての自治会長からの抱負と、今後一年間の活動の指針を込めることです。

Microphone

朝礼の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

朝の挨拶で余り長々と時間を取るのは良くないと考えます。出来ればそこそこの時間を考えて早めに切り上げるのがビジネスでも良い...

入園式会場

幼稚園入園式の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

幼稚園入園式の挨拶のポイントは、わかりやすい言葉で、短い時間でシンプルに、ユーモアをまじえて、この3つが大切です。実際に...

pixta_13743214_S

時候の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には四季があり古来から季節の訪れや季節の移ろいを感じたり楽しんだりする風習があります。3月は新たな出会いや別れ、生命...

microphone

自治会長退任の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会長退任の挨拶は、長年にわたる地域活動への理解と協力を得られたことを感謝するように心がけましょう。自治会長という責任...

pixta_6456947_S

満中陰法要で施主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

満中陰法要というのは俗にいう四十九日法要、七七日忌、忌明けの法要のことです。死後四十九日目に行われます。満中陰法要では、...

pixta_10016852_S

中学校卒業式PTA会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手...

中学校卒業式PTA会長の立場で挨拶する時、何か特別な事を言おうと気負いすぎないことがポイントです。普段から生徒たちと接し...

SU001_L

季節の挨拶3月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

3月上旬は春になったばかりです。その為季節の挨拶3月上旬の挨拶には春、特に早春に関する挨拶が適しています。暖かくなり始め...

pixta_14814277_S

業績悪化時の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

業績悪化の挨拶のポイントとして最も重要なのは、それを今後にどのように活かすか、ということを明確にすることです。ただ単に業...

pixta_769156_S

建設業安全大会の挨拶...

建設業安全大会は、安全な職場環境の維持を目的として開催さ...

pixta_10605536_S

季語の挨拶6月上旬の...

時候のあいさつは、それぞれの季節に合った言葉や季語を使っ...

pixta_4343118_S

PTA年度末の挨拶や...

大変だったPTA活動も、年度末が近付いてくると一気に終了...

お絵かき

保育所開所式理事長の...

保育所開所式理事長の挨拶のポイントでは、まずは開所をする...