時候の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶11月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると暦の上では「立冬」と言われ「晩秋」というような表現もされます。また霜が降りるなど、冬にむけて寒さが一段と強まっていきます。

11月下旬の挨拶のポイント

時候の挨拶11月下旬の挨拶のポイントですが、11月下旬になると暦の上では「立冬」と言われ「晩秋」というような表現もされます。また霜が降りるなど、冬にむけて寒さが一段と強まっていきます。11月下旬の季節の挨拶としては、他にもさまざまなものがありますが、秋から冬への季節の移り変わりを感じさせるような時候の挨拶を取り入れるとよいでしょう。こうして少しずつ寒くなっていく中、いかがお過ごしでしょうか。というような言葉の構成が好ましいでしょう。

11月下旬の挨拶の書き出しのポイント

『時候の挨拶11月下旬の挨拶の書き出し』のポイントですが、一般的によく使われている言葉や意味合いでは、「秋から冬に向けて朝晩の冷え込みを感じる」、「霜が降りる」、「枯葉が落ちる」、「日が短くなる」などがあります。また「残菊の候」といって「菊」にまつわる時候の挨拶もあります。「菊」が自然に開花する時期は10月から1月ぐらいとされていますが、11月下旬あたりになると冬が近くなり、旬も半ばすぎたというような意味で使われることがあります。

11月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

『スピーチに使える書き出し』の例文ですが、書き出しの例文としては「十一月も終盤を迎え、めっきり寒くなってまいりました。お元気でお過ごしでしょうか。」や「日ごとに冷気加わり、冬近しを感じておりますが、いかがお過ごしでしょうか。」など11月下旬を迎えましたね。日に日に寒さが強まってきましたね。ということが率直に伝わるわかりやすい言い回しがいいでしょう。またあとに続く「いかがお過ごしでしょうか」というのもスピーチのような大勢の方が集まる場においてはどなたにとっても無難な言い回しですし、丁寧でソフトな出だしです。

11月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

『手紙に使える書き出し』の例文は、どんな相手に送るかにもよりますが、「初冬の候、お変わり無くお過ごしのことと察し申し上げます。」や「朝晩、肌を刺すような冷気に、身が引きしまる今日この頃ですが、お変わりございませんでしょうか。」などの書き出しが一般的です。基本的には「霜が降りましたね」「朝晩冷え込みますね」などの気軽な挨拶でいうのと同じです。手紙など文面上では少し堅苦しい言い方になりますが、2つ、3つ知っておくと便利です。

11月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

『挨拶に使える書き出し』の例文としては「気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の気配が濃くなってまいりました。」「初冬の候、皆様にはお元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。」など「~でしょうか」などの疑問形ではなく、「○○となりました」「○○おります」など言い切る形を使い、そのあとに続けて「さて、このたび○○へ転居いたしました」や「さて、早速ですが、」などと各用件についての報告や、お礼などを書くようにします。

11月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

『メールに使える書き出し』の例文については、改まった文面の場合には「霜寒の候、貴社益々ご精栄のこととお慶び申し上げます」や「落葉の候、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます」などが一般的によく使われています。また親しい方やカジュアルな雰囲気を用いる場合には「初雪の便りが聞かれる季節となりましたが、お変わりありませんか。」「銀杏の落葉が道を鮮やかに染めています。お元気でしょうか。」などと秋から冬の移り変わりを身近に感じさせることばを選ぶとよいでしょう。

11月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネス文章のようにかっちりとした、かしこまった文章の場合は「拝啓」ではじめ、その後に時候の挨拶を書き出します。例文としては「拝啓 初冬の候、貴社益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。」「小雪(しょうせつ)の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」などの書き出し方をしましょう。わかりやすくポイントを掴んで説明すると、「○○の候+ご清栄のこととお慶び申し上げます」や「ご健勝のこととお慶び申し上げます」などを続けることです。

11月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

『時候の挨拶11月下旬の挨拶の書き出し』についてのまとめとてポイントなどを書いていきますと、まず11月下旬の挨拶に使われる季節の背景には「霜が降りる」「晩秋」「初冬」など秋が深まり、冬の訪れを感じさせる言葉を選び、「体調はいかがでしょうか」など相手に対する気遣いをするとよいです。また手紙、メール、ビジネスにおける挨拶の書き出し、特にかしこまった場合には「○○の候」に続く慣用句を覚えておきましょう。

11月下旬の挨拶の結びのポイント

『時候の挨拶11月下旬の挨拶の結び』のポイントは書き出しに使われたものとは違う言葉で「今後」「これからのこと」について述べます。具体的には「これから本格的な寒さが待っていますね」や「師走に向けて、忙しくなっていきますね」などといった挨拶結びが一般的です。また「寒いので風邪などをひかないようにね」や「お体にお気をつけて」といった相手への労りや気遣いの言葉で締めくくるとスムースにうまくまとめることができそうです。

11月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

『スピーチに使える結び』の例文やポイントですが、改まった場合の言い回しですと「落ち葉が舞い散る深秋の候、皆様体調にはくれぐれもお気をつけください」や「年末に向けて諸事ご多用のこととは存じますが、今後ともご支援・御厚情を承りますよう、よろしくお願い申しあげます。」などで終わるようにします。体調を崩さないように、お体をお大事にというような意味で「ご自愛ください」という言葉がありますがこれは口頭ではなく文章でよく使われる定型句です。

11月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

『手紙に使える結び』の例文は改まった文面の場合には「夜寒の折、体調を崩されませんようご自愛ください」や「天候不順の折、皆様おそろいでご壮健にて師走をお迎えください」などの言い回しがあります。まあ親しい間柄であれば、「めっきり寒くなってまいりましたが、風邪などひかないように十分にお気を付けください」や「年末に向け、何かと気忙しい時期にはいりますが、お体を大切になさってください」のようなそこまで堅苦しくなくとも、丁寧な言い回しを心がけましょう。

11月下旬の挨拶の使える結びの例文

"『挨拶に使える結び』の例文については例えば挨拶状に書かれた文脈からこうした時候の挨拶における結び語句を入れる場合、「お願い申し上げます」などで終わる形を用いると便利です。例文として具体的にあげると「向寒の折、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」のように使います。親しい間柄の挨拶でも「これからまた寒さが厳しくなっていきますが、健康にはくれぐれもご留意ください」のように使い、言葉を崩しても意味は変わりません。 "

11月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

『メールに使える結び』の例文でも挨拶文と同様に寒くなってくるので、体調の変化に十分に注意しましょうや、お元気でお過ごしくださいといったような基本は変わりません。これがビジネスなどのかしこまった場であるのか、またお店の店員さんとお客様の少しカジュアルな場合なのかで、言い回しは変わってきます、「夜寒の折、風邪などひかれませんよう、ご自愛ください」や「日々寒さが増しておりますので、どうかお体にお気をつけてお過ごしください」などがよいでしょう。

11月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

『ビジネスに使える結び』の例文では「年末に向けて何かとご多忙なことと存じますが、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げております」などが一般的に多く使われています。やはり、仕事上お付き合いをされる上司や取引先の方、会社外部の方などに向けて書くことが多いです。ですから「ご多用かと存じますが、筆を取らせていただきました」などの言い回しも使われているように、この時期に書く文書や手紙などには、「お忙しい中お手紙で失礼します」といった気遣いが感じられる言葉を選びましょう。

11月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

『時候の挨拶11月下旬の挨拶の結び』についてのポイントや書き方のまとめについてですが、「結び」には「これからのこと」「今後の季節の移り変わり」「体調に気を付けて」「年末に向けて忙しい中失礼します」のようなしめくくりが、これまでも多く用いられています。ビジネスなどのかしこまった場合には、慣用句を使ってかっちりとした形式で、また親しい間柄であっても、丁寧な言葉づかいを心がけて失礼のないようにしめくくります。

11月下旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶11月下旬の挨拶の全体的なまとめについていろいろ書きましたが、いかがでしたでしょうか。最近ではプライベートで手紙を出す機会は減っていますが、仕事上お付き合いのある方に挨拶状やお礼状などの手紙を出す機会はあると思います。また11月下旬はお歳暮の季節でもあり、お歳暮をいただいた時などのお礼状として上記であげた時候の挨拶を使ってみましょう。こうしたお歳暮のお礼状は「季節の挨拶」ですので、時候の挨拶は必ずいれるようにします。11月下旬もさまざまな季節の言い回しがありますし、手紙や文章を宛てるその人の立場で言い回しも変わってきますが、ここに書いてある例文だけですと少しそっけない感じもしますので、相手との関係性や、これまでにお世話になったことなどがあれば、その旨を文章にして付け足すと、送り手の人柄や気持ちが伝わりやすくなります。時候の挨拶は難しいものと感じてしまうかもしれませんが、よく使われる語句や慣用句のパターンを覚えてしまうとそれほど難しいものではありません。11月下旬の時候の挨拶としては「向寒の候」「初冬の候」「霜寒の候」などの季語です。これらをスマートに使いこなして、素敵な手紙が書けるようになるといいですね。

オフィス

社長年頭の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

社長年頭の挨拶のポイントとしては、新年のあいさつを行うことになります。これについてはどういった組織においても行われるでし...

pixta_12364802_S

少年野球保護者の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

少年野球保護者の挨拶のポイントとしては、集まっている人に対しての挨拶を行います。まずは少年野球チームの主催をしているチー...

pixta_15516344_S

三回忌法要の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

三回忌法要の挨拶は三回忌法要のときに遺族を代表する施主が行います。一般的には葬儀・告別式で喪主を務めた故人の配偶者や長男...

pixta_12482620_S

季節の挨拶10月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季節の挨拶10月下旬の挨拶では、まずその季節の季語を必ず使うようにしておきます。10月下旬の挨拶なので、その時期の季語を...

pixta_11952196_S

社長交代の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

社長交代の挨拶のポイントとしてはまずは誰からの文章として出すかがあります。多くの場合は会社からになるでしょう。その他には...

Business people applauding and welcome new partner

送別会送られる側の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メ...

会社などを退職をする場合、送別会など開いてもらう事があると思います。そういった場合、送られる側の立場になった際、どの様な...

Exif_JPEG_PICTURE

忌明け法要の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

人が亡くなってから四十九日が過ぎると「忌明け」になります。そして忌明けには遺族や故人の友人・知人たちを招いて「忌明け法要...

足

地域防災パトロールの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

地域防災パトロールの挨拶については、あまりビジネス的な要素について検討する必要性はありません。地域防災パトロール自体、地...

pixta_13358354_S

季語の挨拶12月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

12月の下旬と言えば、仕事をしている人にとって挨拶回りなどで一番忙しい時期になります。また、仕事上の取引先相手などにメー...

pixta_16006873_S

主賓依頼の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

結婚式や銀婚式その他をはじめとする各式典においての来賓者の代表者に関しての、主賓依頼の挨拶についてなので、スピーチ・手紙...

pixta_9558099_S

春の挨拶やスピーチに...

春になると様々なことで挨拶をする事があると思います。その...

pixta_10270296_S

結婚の挨拶やスピーチ...

女性側・男性側の両家のご両親に対して結婚の挨拶を行います...

pixta_12946303_S

住職の挨拶やスピーチ...

住職の挨拶は住職が寡黙な性格であまり話が苦手な場合は長く...

tubaki

季節の挨拶2月下旬の...

季節の挨拶2月下旬の挨拶で気をつけることは、まず、季語を...