季語の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

季語の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

一年の始まりである一月には、沢山の季語が存在します。季語の挨拶1月下旬の挨拶としましては、すでにお正月気分も抜けきっている時期であり、二十四節気においては大寒を迎えて寒い時期になります。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のポイント

一年の始まりである一月には、沢山の季語が存在します。季語の挨拶1月下旬の挨拶としましては、すでにお正月気分も抜けきっている時期であり、二十四節気においては大寒を迎えて寒い時期になります。ですので、時候の挨拶としては季節感を組み込みやすい時期と言えます。また、地域によっては1月20日までを正月として1月20日を二十日正月(骨正月)と呼ぶところもありますので、挨拶の相手がご年配であったり、その地域に該当するのであれば挨拶に含むと一層いいでしょう。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の書き出しのポイント

1月下旬の状況を思い浮かべると、多くの職場や公の場では本格的に活動が開始される時期ですので、「新年が明けまして」あるいは「年が明けまして早速ではございますが」などから始めるといいです。また、一月の旧暦名は睦月ですが、この言葉の由来は諸説あるものの「睦び月」の意味合いであると考えられています。ですので、季語だけにとらわれず、今後とも長く付き合っていきたいと一体言葉を含ませるとオリジナル性がうまれます。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

大寒の厳しい寒さが身に凍みる季節となりました。大寒の候、みなさまはいかがおすごしでしょうか。お正月気分は抜けましたでしょうか。例年より寒さが厳しく感じる今日この頃ですが。新たな年が始まり既に幾日かが過ぎましたが。底冷えする毎日が続いておりますが。大寒となり寒さが一層厳しく身に凍みるようになってまいりました。お節などはご家族で堪能されましたでしょうか。お正月休みはゆっくりと休養をされましたでしょうか。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

寒牡丹のみぎり。葉牡丹のみぎり。寒冷の候。酷寒の候。厳寒のみぎり。厳冬の候/みぎり。寒風の候/みぎり。寒冷の候/みぎり。大寒の候/みぎり。降雪のみぎり。新たな年が始まりましたが。例年になく暖かい今日この頃ですが。厳寒の候、皆様にはおかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。今年は例年にない大雪で、雪かきが大変です。例年にない大雪でスキーを楽しむに私にはとてもよい冬です。極寒の候ではございますが。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の使える書き出しの例文

今年は例年にない寒さとのことですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。皆様お元気で新年をお迎えのことと存じます。寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。新たな年を迎え皆様にとって本年にご多幸がありますようお祈りいたしております。寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。例年にない寒さでございますが、ますますご発展の事とお喜び申し上げます。極寒の候ではございますが。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

年が明けまして早速ではございますが。例年にない寒さでございますが、ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。新年が明けまして何かとお忙しい中とは存じます。大寒の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。極寒の候ではございますが、皆様にはますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。厳寒の候いかがおすごしでしょうか。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

厳寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。貴社ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。厳寒の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。大寒のみぎり、ますます御発展のこととお喜び申し上げます。例年になく温かく、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。厳寒の候、おかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

1月は掃初、仕事始、初商などといった物事を初める時の言葉がたくさんありますが、季語の挨拶1月下旬の挨拶では新年、元旦、元朝、初富士といったおもに上旬に使用される言葉を混同しないように注意が必要です。一月の別名で「元つ月」「萌月」「生月」などの説があることから、寒さの厳しさや物事を始めるだけの意味合いの言葉を使うのではなく、新たなる結びつきなどの意味合いを込めるといいです。ビジネスの場面では、厳冬の候平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げますといった表現もいいでしょう。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の結びのポイント

寒さの厳しさを増す1月下旬では「寒中見舞い」の季節でもあるので、相手の体調を気遣う一文を添えられるといいでしょう。勿論、「大寒」「厳寒」「厳冬」といった言葉を使用するのもいいのですが、あまり漢字ばかりが並ぶと固い印象を与えてしまうので、「寒さも厳しいですが」などの柔らかな表現でバランスを取れると、手紙やメールの読み手あるいはスピーチなどの聞き手も、受け入れやすく且つ共感しやすくなるでしょう。気持ちの共有が大事です。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

新たな気持ちで今年一年よろしくお願いします。今年もお互いに目標達成に励みましょう。本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。雪の舞うこの頃ですが、足元には十分ご注意ください。春には遠い季節ですが、どうぞお身体を大切になさってください。本年も変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。厳しい寒さが続きます。健康には十分ご留意ください。酷寒の折柄、くれぐれもご自愛下さい。本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

皆様の今年一年のご多幸をお祈りいたしております。寒さ厳しき折から、お風邪など召しませぬようお気を付けください。今年もご幸多ありますようお祈り申し上げます。ストーブやこたつが恋しくなるこの時期、どうかお体を暖かくしてお過ごしください。寒の入りとなり、冷気がひとしおきびしくなってきましたが、風邪などに気をつけてお過ごしください。寒気厳しきおりでございますが、福寿草の花がひと足早く春の訪れを告げるころとなりました。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の使える結びの例文

お風邪など召されませんよう、どうぞご自愛ください。まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。大寒を過ぎ、身の縮むような酷寒の毎日ではありますが、インフルエンザなどの季節病にお気を付け下さいませ。寒さひとしお厳しき折、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。暖冬とは申しますが、何卒お身体おいといください。ご家族の皆様おそろいで、どうぞ穏やかに新春をお過ごしください。お互いに実り多き一年になりますよう。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のメールに使える結びの例文

寒気厳しき折柄、ご自愛専一に。寒さきびしき折柄、お体くれぐれもお大事に。寒さはこれからが本番です。どうかお体を大切になさってください。インフルエンザが流行しているようですので、お気をつけください。寒さが厳しき折、お風邪などをお召しになりませんように。梅の開花ももうすぐですね。春の訪れを心待ちにしております。春を待ちわびつつ皆様のご多幸をお祈りしています。雪は豊年の兆とはいえこの寒さお体にはご自愛ください。

季語の挨拶1月下旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。先ずは寒中のお見舞いまで。本年もご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。本年も倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。本年も倍旧のご愛顧のほど、ひとえにお願い申し上げます。本年も変わらぬお付き合いのほどをお願い申し上げます。立春を目前にしていますとはいえ、まだまだ寒さ厳しき折り柄、お風邪など召されませぬよう、お気をつけください。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の結びについてのまとめ

一月の下旬ともなるとおおよその地域で本格的な寒さに見舞われる頃合いかと思われますが、毎年、気温による季節感にはささやかながらも変化があります。ですので、時候のあいさつが必要とされる時に、例文やサンプルをそのまま引用する、あるいは借用するのではなく、季節感は住んでいる地域によって異なるということを前提に言葉選びをすることが大切です。また、メールでの挨拶文に関してはシンプルであっても丁寧な言葉遣いを心がけます。

季語の挨拶1月下旬の挨拶の全体的なまとめ

季語の挨拶1月下旬の挨拶では、文章の書き出しであっても結びであっても「寒風」「寒冷」「大寒」「降雪」といった言葉をはじめとする所謂寒さを対象にした言葉が数多く存在します。季節上、確かに寒さは厳しいのですが、それと同時に物事を始める言葉やハレの日を祝う言葉も多く存在します。例えば冬場に訪れる、よく晴れわたった穏やかな日を意味する冬晴れという言葉は、寒さばかりを気にしないハレの雰囲気に適切な表現です。また、スキーやスケートといった表現は、ビジネス上での使用は控えた方がいいものの、親しい間柄の手紙使う分には、より相手の顔を思い浮かべやすくなります。さて、季語の挨拶1月下旬の挨拶では大寒という言葉が多く出てきますが、この言葉には注意が必要です。と言いますのも、二十四節気において大寒とはおもに一月二〇日以降を指します。反対に小寒という言葉もありますが、こちらは一月五日あたりのいわば上旬を指す言葉です。寒さが厳しいから大寒、あまり寒くないから小寒といった誤った解釈をしないように注意をしましょう。また、下旬とはいえども一年の始まりということもあるので、前向きなしめくくりが出来るように心がけましょう。

pixta_5574275_S

中学校体育大会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メー...

中学校体育大会の挨拶のポイントとしては、誰がどんなスピーチをするかによって、例文が違ってくるというところに着目する必要が...

pixta_7599394_S

四十九日の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

亡くなってから四十九日目になると忌明けとなり、法要をとり行うのが一般的です。仏教葬儀では亡くなってからの日数によって様々...

pixta_13554360_S

季節の挨拶10月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙...

季節の挨拶10月上旬の挨拶は清秋や仲秋、夜長など、秋の真ん中、盛りのイメージを持つ言葉が多くなります。9月ではまだ夏の暑...

pixta_15866256_S

町内防災訓練で会長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

東北における大震災以降、日本国内における防災意識は非常に高まるようになってきました。国だけではなく、地方自治体においても...

pixta_7262368_S

季語の挨拶8月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には美しい四季があり、その四季ごとに決まっている季語や時候の挨拶文というのがあります。季語の挨拶8月上旬の挨拶では8...

pixta_13743214_S

時候の挨拶3月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

日本には四季があり古来から季節の訪れや季節の移ろいを感じたり楽しんだりする風習があります。3月は新たな出会いや別れ、生命...

pixta_12653797_S

喪主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

喪主の挨拶には、多くの場合において長男が務めることがあります。喪主とは故人の生前に縁の深い人になるからです。

T

懇親会閉会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

会社などで多くの人達と一緒に懇親会を開く場合があると思います。交流を深めるべく、皆さんと一緒に楽しくお話しをしたりする場...

pixta_16515814_S

七回忌の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使え...

七回忌法要は人が亡くなってから満6年目に行われます。49日法要や一周忌、三回忌までは友人や知人たちも参加して行いますが、...

pixta_215212_S

結婚式親族代表謝辞の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

ここでは、結婚式親族代表謝辞の挨拶としてふさわしい自分の挨拶文をいかに作成していくかが課題であるといえます。スピーチ・手...

pixta_1708116_S

役員年末の挨拶やスピ...

役員年末の挨拶のポイントにおいては、まずこの1年について...

M

町村制施行周年記念の...

町村制施行周年記念の挨拶のポイントとしては、まずは町民で...

pixta_10016852_S

中学校卒業式PTA会...

中学校卒業式PTA会長の立場で挨拶する時、何か特別な事を...

pixta_1133878_S

本出版祝賀会で編集委...

ここでは、本出版祝賀会で編集委員長の挨拶としていかにそれ...