時候の挨拶12月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶12月上旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

時候の挨拶12月上旬の挨拶のポイントは、12月になると急に寒さが厳しくなりますし、寒い地方では雪も降り始めます。ですので、こうした冬の到来を感じさせる文章や季語を用いると季節の雰囲気が出やすくなります。

12月上旬の挨拶のポイント

時候の挨拶12月上旬の挨拶のポイントは、12月になると急に寒さが厳しくなりますし、寒い地方では雪も降り始めます。ですので、こうした冬の到来を感じさせる文章や季語を用いると季節の雰囲気が出やすくなります。ポイントは「師走」という言葉を使うのが一般的な定番で使いやすいでしょう。また「初冬」「初雪」は12月上旬にふさわしいですし、親しい間柄では「シクラメン」「あんこう」「寒ブリ」などの食べ物や植物などの見ごろ、食べごろになりましたというような言葉を入れてもいいでしょう。

12月上旬の挨拶の書き出しのポイント

時候の挨拶12月上旬の挨拶の書き出しのポイントについてですが、定型文としてよく用いられる書き出し句には「師走の候」「「木枯らしが身に染みる頃」「今年も早いもので、師走になりました。」「今年も残すところあと僅かになりました」などがあります。12月上旬に入ると、お歳暮や年賀状の手配などで慌ただしく月日が過ぎていきます。また冬本番に入り、寒い地方などでは初雪も見られる季節ですので、「木枯らし」や「親雪」などの季節を感じさせる言葉を用いるとよいでしょう。

12月上旬の挨拶のスピーチに使える書き出しの例文

会社などの忘年会や、学校などではよく校長先生が使われるスピーチの書き出しの例文ですが、「師走に入り、また一段と寒くなりました。」「今年も年の瀬がいよいよ迫ってきました」「木枯らしの音を聞き、本格的な冬将軍の到来ですね」などがあります。スピーチの出だしでは「師走」「年末」の慌ただしい雰囲気とともに、冬の寒さが押し迫る、本格的になってきたということを出だしで表現するとよいでしょう。12月ならではの慌ただしい雰囲気が感じられるスピーチの出だしになります。

12月上旬の挨拶の手紙に使える書き出しの例文

手紙に使える書き出しの例文についてですが、手紙の書き出しには「初冬の候」「霜寒の候」などを使うことが多いです。かしこまった例文としては「初雪の候、貴社益々のご繁栄のこととお喜び申し上げます。」「年の瀬のみぎり、皆様ご健勝のこととお喜び申し上げます」のような使い方をします。また親しい間柄ですと、「冷たい木枯らしとともに冬将軍の到来を感じます。皆様いかがお過ごしでしょうか」など、12月らしい季語を使い、丁寧語で書きだしましょう。

12月上旬の挨拶の使える書き出しの例文

12月の挨拶に使える書き出しの例文としては、「年の瀬が押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか」「今年もあとわずかになってまいりましたが、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます」「年末を迎え、皆様何かとお忙しいことと存じます」などが一般的に書き出しとして多く使われることがあります。また「今年もまた駅前のクリスマスイルミネーションが気持ちを楽しませてくれる季節になりました」など、カジュアルでわかりやすい出だしも好感を持ってもらえます。

12月上旬の挨拶のメールに使える書き出しの例文

メールに使える書き出しも、基本的には手紙の書き出しとあまり変わりませんが、メールでこのような時候の挨拶をする場合ですと、会社の取引先の方からお歳暮をいただいたそのお礼をする場合などがあります。手紙でも使うように「歳末の候、貴社ますますのご清栄のこととお喜び申し上げます」などが一般的に多く使われています。またもう少しカジュアルな文面がよいという方は「師走に入り、街中でも何かと慌ただしさを感じる季節になりました。」のように書き出すと自然です。

12月上旬の挨拶のビジネスに使える書き出しの例文

ビジネスに使える書き出しとしては、12月上旬ですと「師走を迎え、皆様ますますご多忙の時期と存じます」「冬の陽だまりが暖かく感じられる初冬の候、貴社皆様におかれましては益々、ご健勝のこととお喜び申し上げます」などのような書き方で始まります。ビジネスでこうした時候の挨拶をする場合は、便利な「慣用句」を用いて、ある程度枠にはまった文を用いましょう。「ひだまり」や「冬場れ「凛とした初冬の空気に包まれ」など、季語も工夫するとよいでしょう。

12月上旬の挨拶の書き出しについてのまとめ

時候の挨拶12月上旬の書き出しのついては、冬本番を迎え、風が冷たく、また雪などが降り出す地方もあります。そこで、こうした冬の寒さを感じさせる季節の移り変わりを感じさせること、また師走の慌ただしい雰囲気の中、お忙しいとは思いますが、体調などお変わりないですかなど、相手を気遣う言葉を盛り込むと気持ちが伝わりやすいですし、日々バタバタと過ぎていく中で、少しでも心の余裕を見いだせるそんな書き出しがベストです。

12月上旬の挨拶の結びのポイント

時候の挨拶12月上旬の挨拶の結びについては、バタバタと慌ただしい師走の忙しさと身に染みる寒さが入り混じるなか、体調に気を付けて、またよい年末をお過ごしくださいなどというような相手に対する気遣いを感じさせるような文章にしていくとよいでしょう。この結びの挨拶にも時候の挨拶および、季語をいれていきましょう。「ご多忙のこととは存じますが、体調にお気をつけてお元気にお過ごしください。やご家族そろってよい新年をお迎えください。などがよいでしょう。

12月上旬の挨拶のスピーチに使える結びの例文

社内の集まりや忘年会など少しかしこまった場で使えるスピーチの結びの例文ですが、「どうか皆様お元気で新年をお迎えになりますように」や「厳しい寒さの折から、くれぐれもご自愛ください」「ご多忙な歳末のみぎり、どうか体調を崩されないよう、お祈りいたします」「寒さが本格的になってまいりました。どうかお元気でよいお年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます」のような言葉がスピーチの締めとして使われることが多いです。

12月上旬の挨拶の手紙に使える結びの例文

手紙に使える結びもスピーチで使う結びの語句とさほど変わりません。基本はやはり、年末の忙しさと寒さに負けずお元気でお過ごしください。ご健勝をお祈りするといった内容で書きましょう。例文としては「寒さの厳しい折から、くれぐれもご自愛なさってください。」「年末に向けてご多忙のことと存じますが、体調には十分にお気をつけて」などの言葉で締めるようにします。また「忘年会を開催する予定ですので、よろしければ~」というように年を越すまでに会う機会があるならばその旨を盛り込んだ結びにしても構いません。

12月上旬の挨拶の使える結びの例文

12月の挨拶に使える結びの例文ですが、「寒冷のみぎり、皆様にはさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」「どうかお健やかに新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます」「忘年会シーズンですので、くれぐれもご自愛なさってください」などの労りの言葉や、寒さや年末の慌ただしい雰囲気に負けず、元気でお過ごしくださいといったような言葉で挨拶を締めるようにするとよいでしょう。感謝や心遣いを忘れないようにしましょう。

12月上旬の挨拶のメールに使える結びの例文

メールに使える12月の結びの例文ですがこれも、基本は手紙や挨拶と同様に年末の多忙な雰囲気や寒さなどで体調を崩されることのないようお気をつけてといった内容で締めくくるようにしましょう。 「お忙しい年末ですが、どうかお体にお気をつけてお過ごしください」「ご家族の皆様も穏やかに新年を迎えられますようお祈り申し上げます」「来年も素晴らしい年になりますよう、心からお祈り申し上げます」など相手の健康や幸運を祈るような言葉がいいでしょう。

12月上旬の挨拶のビジネスに使える結びの例文

ビジネスに使える結びの例文としても同じく、結びの句には相手の心情や体調を気遣った言葉で締めくくるようにすると読み手や聞き手にとっても好感が持ちやすくなります。例文としては「ご多忙の折ではございますが、お体には十分にお気をつけてお過ごしください」「心せわしい年の暮れに、何かとご多用とは存じますが、なにとぞお気を付けくださいますよう・・・」また来年もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げますなど、慣用句を多く用いると相手に失礼がなく、またスムースに文章がまとまります。

12月上旬の挨拶の結びについてのまとめ

時候の挨拶12月上旬の挨拶の結びについてのまとめですが、結びは、何度も書かせていただいたように、相手の心情や体調を気遣うこと、また12月上旬以降、年越しまでもうお会いできない方などには、少し早いですがよいお年をお過ごしくださいといった旨で文章を締めるようにするとうまく纏まりやすいですし、また読み手・聞き手側が好感を持ちやすくなります。今年もいろいろとお世話になりました、ありがとうございましたなどの感謝の言葉などが大事です。

12月上旬の挨拶の全体的なまとめ

時候の挨拶12月上旬の挨拶の全体的なまとめですが、12月に手紙を書いたり、スピーチや挨拶をしたりする際には、冬の寒さの到来・深まりなどを感じさせるような時候の挨拶や季語を使用するとよいでしょう。また12月上旬に手紙を書いたり、挨拶をしたりすることによって、年賀状の挨拶をする前に、年末の挨拶をすませることもできます。手紙の書き出しには冬の訪れを感じさせる語句を、また結びには相手への思いやり、また健康に気を付けてくださいといった書き方をすると相手に気持ちが伝わりやすくなります。この時期には厳しい寒さで体調を崩したりインフルエンザになったり、風邪をひかれる方も多いので、そのあたりについてもメッセージとして盛り込むとよいでしょう。また北海道や東北地方など雪の多い場所では、こうした天候に関する気遣いのメッセージも喜ばれます。上記で書いた例文はほんの一部で、季語や時候の挨拶は書籍などによってもさまざまですし、季語や慣用句を少し入れ替えたりするだけで、自分のオリジナルの書き出しやしめくくりの文章になりますので、いろいろ試してみましょう。12月は先生も走り回るぐらい行事が多く、忙しい時期だといわれています。皆さんが無事に新年を迎えられるように心のこもった言葉を考えましょう。

microphone in focus against blurred audience

自治会長総会の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メール...

自治会長総会の挨拶のポイントは、新年度に際しての自治会長からの抱負と、今後一年間の活動の指針を込めることです。

pixta_16269420_S

忘年会社長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

忘年会社長の挨拶のポイントとしては、まずは1年間の仕事に対するねぎらいの言葉が必要でしょう。参加者に関しては社員が一般的...

pixta_9558099_S

春の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文...

春になると様々なことで挨拶をする事があると思います。その際は時候の挨拶である季語を用いた言葉を使用していくとより一層春を...

pixta_1719286_S

結婚披露宴の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

結婚式の中で欠かせないのが新郎新婦の結婚披露宴の挨拶です。式結婚披露宴の挨拶をするのは必須なことですが、人前に立つことが...

pixta_4795224_S

開店祝いの挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使...

開店祝いの挨拶をする場合のポイントとしては、お祝いの気持ちを相手にしっかり伝える事です。開店祝いの場でせっかく挨拶をする...

japanese

季節の挨拶1月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季節の挨拶1月下旬の挨拶で気をつけることは、年が明けてからようやく落ち着き始めるころなので、もしまだ年始の挨拶をしていな...

pixta_12653797_S

喪主の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える...

喪主の挨拶には、多くの場合において長男が務めることがあります。喪主とは故人の生前に縁の深い人になるからです。

pixta_11988977_S

喪主家族葬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

家族葬は仏式一般葬のスケールを小さくして行われるものです。具体的な線引きはありませんが、一般的には多くても20人ぐらいの...

pixta_8617248_S

季語の挨拶2月下旬の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・...

季語の挨拶2月下旬の挨拶のポイントは、寒さの厳しい季節なので、それをねぎらうことが大切です。季語を的確に使い、季節のうつ...

pixta_15166880_S

結婚式乾杯の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに...

結婚式乾杯の挨拶は、通常、新郎新婦どちらかの親しい友人が行います。結婚式を始めるにあたり、とても大事なのが最初のカンパイ...

Wedding cake reception party

社長結婚式の挨拶やス...

この社長結婚式の挨拶といったものは、自分自身がやはり一企...

pixta_2177557_S

起工式の挨拶やスピー...

起工式の挨拶のポイントでは、地鎮祭との区別をつけるか、同...

pixta_15096181_S

PTA会長の挨拶やス...

小学校の集会などで、校長先生の講話と同様、PTA会長の挨...

microphone

自治会長退任の挨拶や...

自治会長退任の挨拶は、長年にわたる地域活動への理解と協力...